映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>




RECOMMEND
【18-02】寄生侵略 PARASITE WAR 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2018年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
HTC渋谷のオンラインチケットで通常販売だったので、速攻で良席を取って行ってきましたよ。

■会場:ヒューマントラストシネマ渋谷
■座席:C列(A列マスコミ)※B列は恐らくクラウドファンディングの応援サポーターさん用です。
■MC:平野貴之プロデューサー
■登壇者:多田愛佳、秦瑞穂、本拡樹、樋口大起、秋澤伊吹、河合美咲(みっきゃRing GoGo!!)、加賀成一、日向聖華(BiRESCO・主題歌)、鳥居康剛監督

それでは今回も超超ダイジェストでお届けします。

最初の挨拶ですが、「未体験ゾーンの映画にエントリーできて光栄」と語る多田でしたが、いやいや未体験ゾーンってさ、普通にロードショー断念する(本来ならDVDスルー)レベルの映画を集めた企画ですから!光栄なの!?っと心の中で突っ込んみながら始まります。

(撮影中の思い出)
多田「タイトなスケジュールで思い出は無いww。主演で出番が多いのに台本が遅くて覚えてる時間が少ない!おかげでお弁当食べるよりも寝たかった。撮影時の記憶は無いが経験値は上がった」
秦「特に・・・ww。多田さんはずっと寝てた。1人用ソファーを争奪してましたね。早朝から4時までとかだったので、寝ないとやってられない。帰りは加賀さんと同じ飛行機だったので空港で顔を入れるパネルで撮りあったのが一番の思い出」
加賀「インスタで一番"いいね"がつきました」
本「ずっと怒ってる役だったので高ぶって胃がムカムカしました」
加賀「初めての医者役なので医療ものを見ておいてと言われた。医者の友達に会いに行ったりして役作りしようとしたが、その友達は耳鼻科でした」
樋口「カラコン入れるのが怖かった」
多田「目開けて!とか言われてるのに閉じてるのwww。でも"閉じてません"って言ってるww」
秦「(カラコンが)入った時、"入った!"って拍手が起きてました」
河合「制服が似合ってると言われて安心した。現場は本当の病院だったので怖かった」
秋澤「お腹に特殊メイクが出来て嬉しかった」

(ガンアクションで取り組んだ事)
多田「銃の重量があるので持って走るのが難しい。でも勉強になった」
(エイリアンと絡むにあたって取り組んだ事)
秦「顔合わせの時に『いい』と言われた映画を観ました」
監督「遊星からの物体Xね」
秦「(エイリアンが)入ってきて暴れるシーンは体当たりで勢いでやりました」
河合「地球外生物って聞いた日から目つきや表情を勉強しました」
(フレフレ男子の皆さんはデビュー作になりました)
樋口「凄い人と共演出来て自信になりました」
本「撮影最終日にフレフレ男子と言う名に決まったけど、『ん!?』ってなったww。映画では本番のON/OFFが出来るようになった」
秋澤「ん!?ってなった?変??・・・格好いいですよww」
加賀「多田さんはスタート前に皆を和ませるために変顔してました」
多田「やってない!ww」
(地元愛媛からオーディションで選ばれました)
河合「初演技で恥ずかしくないようにしました。多田さんと共演出来て光栄です」※本当はもっといい事を長めに、でも棒読みで喋ってました。
多田「何か台本みたいな・・・www」

はい。この後、日向さんの話がちょこっとと締めの一言が多田よりありましたが割愛します。

今日の登壇者は、みんな劇中衣装で登場っていうのが良かった(逆に言うと、映画の頭から終わりまでずっと同じ衣装だったという事)です。
※秦瑞穂と河合美咲は寄生された際に使用した緑のカラコンも装着。但し客席からは分からず。(下記UNIVERSAL PRESSの記事では確認できます)

それでは皆さんお疲れさまでした〜。

◆GirlsNews:元HKT48 多田愛佳がSF映画で初主演「大変だったけど経験値が上がったと思う」
◆UNIVERSAL PRESS:映画『寄生侵略 PARASITE WAR』未体験ゾーンの映画たち2018にて上映

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【18-01】悪と仮面のルール 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2018年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
どうしようか迷ったけど、未体験ゾーンの合間をぬって2018年最初の舞台挨拶です。

■会場:新宿バルト9
■座席:G列(A列未開放)
■MC:伊藤さとり
■登壇者:玉木宏、新木優子、吉沢亮、中村達也、中村哲平監督

それでは、あまり真面目にメモを取っていなかったので、超超ダイジェストでレポします。
※この回はマスコミ取材は入っていません。

(この映画に数少ない女性として参加してみて)
新木「玉木が一途。1人に一生かけて思ってもらえるっていいな。そういう人はなかなかいない」
吉沢「いや、みんな一途ですよ。でも文宏は人を殺してる。病的な愛の形です。それを貫くのは奇跡。凄い」
玉木「世の中には誘惑がいっぱいあるからね」
中村「ヤバくなると携帯の番号を変えて難を逃れてる。一途!?居ます?そんなヤツww」

(劇中のお気に入りのキャラ)
吉沢「原作の中だけど、吉岡という女性が好き」
新木「幼少の頃の文宏と香織が好き。(自分も)あの歳で出来たら良かった」
監督「キスシーンは本当にファーストカットを使っています」
中村「柄本さんが好き」
玉木「僕も柄本さんが印象に残る。言葉とは裏腹な目をしてる。ああなりたい」

はい。これだけです。
実際の舞台挨拶も20分程度と短かったです。
そこそこ盛り上がってはいたものの、何だか今イチ面白味には欠けた(無難過ぎた。中村さんだけは少々羽目を外してたが)感じでした。

今年はこんな感じで超超ダイジェストで舞台挨拶レポします。あしからず・・・。

◆MAiDiGiTV提供の舞台挨拶動画


◆映画ナタリー:玉木宏の誕生日祝いに計4.5kgの“肉ケーキ”登場、吉沢亮ら驚愕
◆ORICON NEWS:玉木宏、総重量4.5キロの巨大“肉ケーキ”に興奮「スゴイなー!」
        玉木宏、好物の肉で作った誕生ケーキ登場に大喜び
◆cinemacafe.net:玉木宏、誕生祝いの“肉ケーキ”に舌鼓 主演作公開の翌日に38歳に!
◆モデルプレス:玉木宏、ワイルドすぎるサプライズにしばし絶句 映画館で見たことない光景
        吉沢亮から刺激受ける 玉木宏が絶賛「力強い芝居」
◆iLIP:吉沢亮の”肉ケーキ”食レポ風コメントに玉木宏がダメ出し!
◆シネマトゥデイ:玉木宏、38歳のバースデーに肉ケーキ
◆映画.com:玉木宏、サプライズ誕生日の“肉ケーキ”に舌鼓も「写真にどう写るか心配」

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH