映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>




RECOMMEND
【18-088】検察側の罪人 ★★☆☆☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
硬派な内容かと期待して検察側の罪人を鑑賞。

東京地方検察庁刑事部に配属された検事の沖野啓一郎(二宮)は、有能で人望もある憧れのエリート検事・最上毅(木村)と同じ部署になり、懸命に仕事に取り組んでいた。
あるとき、二人が担当することになった殺人事件の容疑者に、すでに時効が成立した事件の重要参考人・松倉重生が浮上する。
その被害者を知っていた最上は、松倉に法の裁きを受けさせるべく執拗に追及するが、沖野は最上のやり方に疑問を抱き始め……。


鑑賞後にレビューを見ると、案の定「原作改悪」という意見が目立つ。
そうだろうな。だって、原作を知らない人(もちろん自分もその1人)が見ると意味不明な所が多いもん。
木村→検事と言うと、どうしても「HERO」を想像してしまうが、この映画の木村検事はものすごく簡単に言っちゃうと「昔、好意を持っていた女の子を殺した犯人が時効を経て目の前に居るという現実を前にして殺人を重ねてしまう悪党」とも言えるよね。
そりゃあ大好きだった何の罪も無い女子を殺された事を忘れられず、時効を過ぎても犯人を許せないという気持ちは分かるし、現代の殺人事件の被疑者に仕立て上げて合法的に殺してしまおうと最初は努力している気持ちも分かる。
そこで現代の殺人事件の方でちゃっかり真犯人が出てきちゃったもんだから実力行使に出ちゃう・・・にも関わらず、外面は「正義の塊」みたいな立派な検事として偉そうな事言ってる姿を見て、自分は共感はできませんでした。

他にも、登場人物像に無理がある設定が目立ちすぎます。
二宮くんは、一見好演技なんですが、話題の「超ブチギレシーン」は、自分からすると「そこまで切れる場面じゃねーだろ」と冷めた目で見てたし、意外とアッサリと職を辞しちゃうのも何だかなという感じです。
その「相方」とも言える吉高由里子も、その「素性」については「暴露ネタを掴むにしては、何かずいぶん面倒くさい事してるな」とやっぱり白けてしまう始末。
他にも、最上がちょっとピンチっぽくなるとすかさず出てくる諏訪部(松重)がスーパーマン過ぎたり、最上と同じく、元々は正義感が強かったっぽいあの政治家さんがアッサリと自死してしまうのも唐突。
っていうか、木村+松重だと、「HERO」になっちゃうじゃん!(更に八嶋智人も出てるし)って誰もが思うでしょ。

一方で、名は知れていないけど、松倉役の酒向芳さんの容姿・芝居がとても特徴があり脳裏にへばりつきます。
そして「真中瞳」こと「東風万智子」の「目の芝居」も凄みがあって印象的でした。
あと、ちょっと気になる「由季ちゃん」(殺されちゃったのに時効になった少女)を演じていたのは「長田侑子」さんです。

そんな感じで本編中ずっと乗り切れていませんでしたが、ラストも何だかスッキリしない気持ちの悪い終わり方。
原作ではもっと腑に落ちてるのかい?最後に自死するのはむしろ最上ではなかったのか?という気持ちが強いので、機会があれば原作を読んでみたいと思います。

最後に、どうでもいいワンポイント感想を・・
・左利きの吉高と左利きの時もある両利きの二宮くんの左手共演が面白かった。
・その吉高&二宮の話題の「謎体位」シーンは笑う所なのでしょうか?(自分は「何じゃその体勢はww」と半笑い)
・とあるシーンでうちの会社の本社ビルがロケ地になってて草ww

◆パンフレット:820円

検察側の罪人

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【18-087】AKIRA ★★★★☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
普段アニメは観ないのに、30年前に観ていた事もあり、久々にAKIRAを鑑賞してみた。

第三次世界大戦によって廃墟になった東京だが、2019年には復興も進められネオ東京として蘇っていた。
そんな中、職業訓練生の鉄雄は友人の金田たちとバイクを飛ばしていた所、突然現れた奇妙な子供に驚き事故を起こす。そして鉄雄は軍に連れ去れてしまう。
実は軍部は子供の姿のままのエスパー実験体を研究しており、先の子供のその内の1人だったのだ。
そして鉄雄も同様に実験体となり、恐るべき超能力に目覚めてしまう。その力は、かつて余りの危険さゆえに封印されたエスパーアキラに匹敵し、その封印をも解き得る程だった。


何だか凄い話です。
2020年の東京オリンピックを控えた2019年が舞台・・・っていう話は遠い未来だと思って観た1988年。そして現在2018年になり、東京は廃墟にはなっていないものの、オリンピックはまさに開催の運び。うーむ、何と言う予見性。

そんな映画ですが、当初の公開当時も「何か凄い勢いあるなー」「腐れヤンキーの暴走族話な割には格好いいな」「作画もけっこう細かく描き込まれているな」と感心する一方で「で、この話は何?」「勢いで見せられるけど、よく考えると何言ってるかサッパリ分からん」という思いがあったのも事実。
当時はまだ若かったから分からなかったけど、今観れば色々と発見があるかしら?と思って観ました。
まあ、もう既に1988年鑑賞時の記憶なんて殆ど失われているからね。またゼロから観ているものでしたが、結果として、やっぱり良く分かりませんでした。
オチも何が何やら・・・って感じで、決して「つまんね〜」とは思わないものの、「?」が脳内に渦巻く結果となりました。
この手の映画は、深読みしてその奥にある真意をつかむ事で達成感を得るという楽しみ方もある一方で「"Don't Think. Feel!"」とばかりに雰囲気は感じてとりあえず満足しておこうという割り切りも大事だと思うのですよ。
ホラー映画で再三「話の筋よりも、とりあえず怖けりゃいいじゃん」というのもまさにこの理屈に沿った考えなんですよ。

で、やっぱりこの「AKIRA」は、作画の良さも評価の1つだと思うのです。
現在では実写でもアニメでもCGバリバリですが、この頃のアニメはまだアナログな感じであるにも関わらずクオリティは高いです。
改めて書きますが、1988年のアニメですよ。30年前ですよ。ギリギリ昭和ですよ。携帯もパソコンもインターネットも無い時代のアニメですよ。それでいてあのクオリティ。
そりゃCGと比べれば粗い所もあるかもしれない。でも、昭和のアナログアニメとして観ると、やっぱり凄いです。

そんなわけで、話が分かって無いにも関わらず平均点以上なのは、やっぱり勢いで見入ってしまう点を評価しました。
アニメをほとんど観ない自分が何故公開当時にこの映画を観たのか?
それは1人の知り合いの美少女が何故か自分をこの映画に誘ってくれて、何故かデートしてしまったからという人生3大不思議エピソードだからなんです・・(; ̄Д ̄)
すんません。どうでもいい話でした・・・。

ちなみに、上映館である「目黒シネマ」では「幻魔大戦」と2本立てでしたが、幻魔の方は時間の都合で観ずに退館。ちょっと残念でした。。。

◆パンフレット:販売無し

AKIRA
※このチラシ(入場者に配布)欲しさに観に行ったのが正直なところです。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【18-086】SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班 ★★★★☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
入場プレゼントのチラシ欲しさに入場券を買ったけど、せっかくなので本編も観ようという事でSHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班を鑑賞。

香港警察のEOD(爆弾物処理局)の指揮官を務めるチョン(アンディ・ラウ)は自身がおとりとなって、爆弾テロを繰り返すホン(チアン・ウー)率いる犯罪組織の一網打尽を狙う。しかし、おとり捜査は失敗に終わってホンを逃してしまう。
それから7年の月日が経ち、ホンたちが再び香港に出現する。彼はトンネルを占拠した上に爆弾を仕掛け、市民を人質にばく大な身代金を要求する。
人質の救出とホン逮捕に全力を注ぐチョンだが、その前に次々と困難が立ちはだかる。


ズバリ「爆弾テロ犯(超悪人)VS爆弾処理のヒーロー」の図式です。
これだけ勧善懲悪がハッキリしている映画も無いだろうってくらい善悪の構図が分かりやすい。
爆弾魔と主人公と言えば「ブローン・アウェイ」が真っ先に思い浮かぶし、爆弾処理する側を描いた映画と言うと、ちょっと古いけど「ジャガー・ノート」なんかは大好きです。

そんなわけで、物語の見せ場には、当然そこかしこに爆弾が登場するわけですが、これを片っ端から処理するヒーロー・・・と思いきや、それでは画が寂しいためか、割と頻繁に大爆発シーンがあります。
って事は、処理出来てねーじゃねーか!と突っ込みたくもなりますが、仮に爆破を阻止できない場合でも、被害を最小限に食い止めるためにどうすべきか?というエピソードも色々と伏線になっています。

物語はクライマックスまで飽きさせないように進んでいきますが、所々「?」な所もありながらも(特に後に主人公の奥さんになる女性教師との出会いから親密になるまでなんかは強引。あと、数年前に目撃したタクシーのナンバーをあっさりと思い出す所とかも出来過ぎとか・・)、何とかラストまで引っ張られます。
最後は「大トンネルの両出口付近に仕掛けられた大型爆弾を解除できるか?」というものですが、起爆装置が作動してから爆破まで短時間な為に、主人公は「赤と黄色の線どちらかを切る」という選択を全くの「勘」で行うハメに。
反対側にいる同士に「これから黄色を切る。もし爆破したら赤を切れ。何も起こらなかったら黄色を切れ」と指示します。
(両方とも爆破するとトンネルが再起不能なほど破壊されるが、片方だけなら何とかなるので、最悪でも爆破は片方だけに留めなければならない)
緊張の切断。そして・・・・という流れは、自分の頭の中にあるテンプレートをひっくり返す意外なものでした。

思えばトンネル内にたまたま居合わせた若い警官がたまたま犯人の前で警察の身分証を落とした(このへんも雑なエピソードなんだけどね)ため、体中に爆弾巻きつけられて解放されるシーンも「爆破が止められない時に被害を最小限にするためにどうするか」という選択をさせますが、このクライマックスまで全部繋がっているんだなと感じさせます。

そんな爆弾処理班のイケメンオヤジはアンディ・ラウです。
自分より少し年上ですが、とても若々しいし、体も良く動いている。
トム・クルーズほどでは無いにせよ、オッサンパワー恐るべしです。

最後に、この映画は爆破シーン(ほぼCGですが)だけでなく、銃撃戦シーンも割とえげつないです。
よーく観てると、けっこうハードなグロっぽい所もあるのですが、監督はあの「八仙飯店之人肉饅頭」のハーマン・ヤオでした。
うーむ、妙に納得。

「爆弾処理班」というタイトルなのに、実際に処理しているシーンが少なく、逆に爆破シーンが多いのはご愛嬌ですが、エンディング曲まで歌っている素敵なオッサン「アンディ・ラウ」を素直に楽しむのが吉なような気がします。
暇つぶしにはもってこいの娯楽大作でした。

◆パンフレット:540円

SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班
SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班
※こちらが公開初週の土日、2週目の土日と4回に渡って配布された特典チラシです。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【18-085】エクストロ ★★☆☆☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
カリコレで唯一「必見!」と楽しみにしていたエクストロを鑑賞。

田舎の山荘で遊んでいたサムと一人息子のトニーを襲う謎の光。それ以来サムは姿を消し、トニーは突然消えた父の悪夢に苛まれていた。
3年後、山中に墜落したUFOから現れた奇怪なエイリアンは、近くに住む女性を襲うと彼女の体内に何かを産みつける。やがて女性の体を引き裂いてひとりの成人男性が誕生。それは紛れもなく3年前に消息を絶ったサムだった。
我が家に向い、最愛のトニーと再会を果たす新生サム。そんなサムの姿に、不審の目を向ける妻のレイチェル。果たしてサムの正体は? そしてその目的は何なのか?


1982年に大ヒットしたSF映画「E.T.」に便乗して(タイトルからしてE.T.のパクリ)ニュー・ライン・シネマが製作した知る人ぞ知る珍妙なSF映画です。
物語の掴みは、ある日突然田舎町の父子の所に現れたUFOに父を拉致されるシーンから始まります。
真昼間に犬と戯れる父子ですが、父が放り投げた棒っ切れが光に包まれ、あっという間に真っ暗闇という場面は「2001年宇宙の旅」の冒頭すら連想されます。
そんな「父失踪」がトラウマとなり、3年後の今でも悪夢にうなされる息子ですが、母親はちゃっかり新しい若い彼氏を作っちゃって「大丈夫よ」なんて言って息子にキスしますが、キスされた頬をすかさず手で拭う息子はパパ派でした。

そんな中、再び光る飛行物体が飛来し、1匹のクリーチャーが地球に降り立つ。
このクリーチャーが「ブリッジみたいな「逆四つん這い」みたいな体勢の変な造形」なのが1つのツボ。

エクストロ クリーチャー

やがてクリーチャーは1人の女を襲い、女の股間に触手から何かを注入。女は瞬時に妊娠・臨月・そして出産します(笑)
そして生まれたのは、何と失踪していた父。ってか、あんな成人男子(っていうかオッサン)を出産する女ってすげーな〜ww(当然、お股が裂けたのが理由か何か知らんが絶命しています)
ちなみに、クリーチャー本体の方は、父が生まれると皮だけの残骸になって犬にムシャムシャと食べられているというww。

「蘇った父」はちゃっかり息子の元に帰宅。
ここからは「父との再会を喜ぶ息子」「困惑する奥さんと今カレ」「一家のベビーシッター(これが後のボンドガールになるマリアム・ダボ!)の全裸SEXシーンもあるよ」とか、カオスな展開が続きます。
その後は、超能力が使える父が息子くんの肩口に噛みついて何かを注入すると、息子くんも超能力者に。
一方、階下の住人ババァは息子くんが飼っている蛇に襲われながらも蛇を返り討ちにして、息子に死体を返します。
大事な蛇を殺された息子くんは、GIジョー的な人形を使って銃を乱射して無暗に人を殺傷したり、殺人ヨーヨーで人を切りつけたりする無差別殺人者になっていきます。(もはや自分でも何を書いているのか分からない展開)
その挙句、何故か部屋に黒ヒョウが現れたり、殺人ピエロも登場し、ますますカオスになっていきます。
肝心のクリーチャーの方は、ベビーシッターの体を使って卵を産み付けます。
いったい哺乳類的な出産タイプなのか、鳥類・魚類的な産卵タイプなのか、訳が分かりません。
そのくせ肝心の父の方は、早くも体が腐ってきます(それでも嫁とSEXに勤しむ絶倫ぶりww)

自分の終わりが近い事を悟った父は、息子を連れてUFOに帰ろうとします。
(その頃には何故か息子の体も一部腐乱が進んできています)
そして地球を後にする父子と、一家には「クリーチャーの卵」が残され・・・・
という「E.T.」+「ボディ・スナッチャー」+「エイリアン」+「遊星からの物体X」+・・・・と色んな有名SF映画の美味しい所を拝借して繋げたら何をしたい映画なのか良く分からなくなってしまった感じでした。
結局、「父ちゃんが愛する息子に会いに来る」ってだけの話なような気がしますが・・・。

まあ、この映画がカルト化しているのも、上記のような「パクリを繋げて訳が分からない話になった」って事と、「あまりにも特徴的なクリーチャーの造形」が挙げられると思っています。
そのくせクリーチャーの特殊メイク(件の「逆四つん這い」除く)と、グロシーンのクオリティは頑張ってるという所もポイントです。
まあ、70年代・80年代って、この映画みたいに低予算でどうしようもない珍妙な話を何とか面白くしようと工夫したり(工夫した結果、面白くなったとは限らない)、クソつまらない話が一回りしてむしろ面白いといったB級SFホラーはたくさんありました。
とりあえず、「逆四つん這い」のクリーチャーは色んな意味で一見の価値はあります。
B級SF映画には寛容な方は、ぜひ一度観てみて欲しいものです。
(但し、DVDは販売終了しているので、中古を高値で買うしかありません・・・)
尺も短いし、テレビ東京の昼にでもちゃっかり放送してくれないかな・・・

◆パンフレット:販売無し

エクストロ
※チラシは手配りのみでしたが、配り始めの頃と公開が近づいてからの配布時とでは、最下部のクレジットの長さが違います。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【18-084】カメラを止めるな!(2回目) ★★★★★
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
1回目の鑑賞時に予告していた通り、間髪入れずカメラを止めろ!を2回目鑑賞。

人里離れた山の中で、自主映画の撮影クルーがゾンビ映画の撮影を行っている。
リアリティーを求める監督の要求はエスカレートし、なかなかOKの声はかからず、テイク数は42を数えていた。
その時、彼らは本物のゾンビの襲撃を受け、大興奮した監督がカメラを回し続ける一方、撮影クルーは次々とゾンビ化していき……。


1回観て、オチも分かっている状態で2回目ってのは、また違った楽しみがあると思ったので、なるべく1回目の記憶がしっかりしているうちに2回目を観ました。
(今回も記事でのネタバレは無しです)

1回観てる上に、パンフに収録されている台本も読み込んでいったおかげで割と細かい所まで「あまり気に留めてなかった場面」に目が行き届きました。
本編内容とは直接関係ない部分でも、監督の娘(子役にも厳しいAD)の普段着が『スカーフェイス』『タクシードライバー』『シャイニング』のTシャツという映画マニアっぷりとかね。
※『シャイニング』のニコルソン顔Tシャツは1回目でも分かってたけど、不覚にもモヒカンのデ・ニーロTシャツすら見逃していたというポンコツっぷりに我ながらガッカリでした。

まあ2回目でどこが面白かったかというのも、書いてしまうとネタバレになってしまうので書けません。
イラっとするかとは思いますが、やっぱり書けません。
すんません。全くレビューになっていない駄記事で。。。

というわけで、2回目も満足できましたが、さすがに3回目はありません。
近い将来のTVオンエアを待ちます。
と言ってる間に盗作騒ぎが起きてますね。何かちょっと納得してしまう自分が居ます・・・。

◆パンフレット:800円

カメラを止めるな!

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【18-083】劇場版 コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命− ★★★☆☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
テレビドラマの一番最初から欠かさず観ている事もあり、劇場版 コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−も当然鑑賞。

地下鉄崩落事故から3か月後、成田国際空港に航空機が緊急着陸し、東京湾の海ほたるに巨大なフェリーが衝突するという事故が連続して発生する。
翔陽大学附属北部病院救命救急センターのフライトドクター藍沢(山下)らに出動要請が入り、藍沢と約10年間苦楽を共にしてきた白石(新垣)らは、これまでにない事態に立ち向かう。


1st seasonが2008年、2nd seasonが2010年、そして昨年7年ぶりに3rd seasonがオンエアされ、間髪入れず映画化です。
2nd seasonまでは、若い医師たちが「ドクターヘリ」という設定の上で成長しながらも「医療ドラマ」としても成り立っていた所が人気だったと思うのですが、さすがに3rd seasonともなると「候補生」だった過去作の設定は無くなり、逆に若手を引っ張る立場となっての「人間ドラマ」色が強くなった印象でした。

そしてこの劇場版。
ハッキリ言って、散漫な内容と言わざるを得ません。
幾つかのエピソードが紡がれているのですが、どれも取って付けたような内容で、お粗末というのが率直な感想です。

まず序盤、と言うか3分の1くらいの尺を取って「末期ガンで死ぬ寸前の花嫁」の話で引っ張ります。
このエピソード単発としては、「余命xヵ月の花嫁」的な話なだけでドクターヘリはほぼ関係ありません。
山谷花純の熱演は見応えあるものの、なぜ救命にいつまでの入院し続けているのか分かりません。
普通ならかかりつけの病院でがん治療を受ける所ですが、救命に留めておくのは、ひとえに「藤川と冴島の結婚」というエピソードにリンクさせるためだけでしょう。
そんな添え物的な話なので、結局花嫁はどうなったかは描かれず(最後の旦那の指輪シーンで亡くなった事を暗示させるに留めている)、何かモヤっとします。

もう1つの柱は、雪村(馬場)と疎遠になっているアル中母(かたせ)との和解的なお話です。
後半、海ほたるに船が激突(普通ぶつかるか!?って事はこの際言わないでおこう)というエピソードにおいて、何故か激突時に積み込まれた車の中に居た親子(幼い頃に捨てられたちょい悪っぽい息子と捨てた父という特殊な関係)が大変な事になるというエピソードがあります。
父の体には鉄パイプみたいなのが貫通している状況で脱出するのが厳しい状況・・って事らしいですが、このエピソードも雪村母娘の話の添え物でしかありません。
どう考えても父親から鉄パイプ抜いたら出血多量で死んじゃう状況なのに、「パイプのOをCの形にするんですね」みたいな良く分からないミラクルで意外とあっさりと救出。そしてこの父親もその後どうなったのかは特に描かれません。(助かった的な台詞があったっけ?)

この救出自体も本当に雑で、どう見ても燃料が漏れてる横で鉄パイプを切断しようとしますが、仮にも周りには消防とかも居るのに、何故か無警戒で火花散らしてパイプカッター全開にしちゃうんです。
予告編にもある山下の「爆発するぞ!」っていう台詞はこの場面なんですが、大爆発して惨事が拡大するのかと思いきや、その場で消火器であっさり鎮火という呆気なさ。

そして極めつけは、この船での救出活動中に唐突に藍沢(山下)が感電して意識を失い死線をさまよう状況になる事です。
この流れのせいで、以後ラストまで藍沢は眠ったままで何の活躍もありません。
誰かの救出に向かっていたはずなのに、藍沢が感電した瞬間に白石(新垣)も含めてみんな藍沢べったりになったおかげで、救助を待っている患者がどうなったかなんて放置ですよ。
何かねぇ・・・こうやって主要なキャストを死にそうな目に遭わせれば客の涙を誘えるというお手軽さが見えちゃって興醒めですよ。

そうやって眠る藍沢を尻目に、もう1つ「取って付けたエピソード」が、臓器提供カードに署名してた少年が脳死状態になる(海ほたるの現場そばで何故か海に沈んでいる所を発見された)が、両親はその少年の意思に対して・・・というお話。
臓器移植と言えば、TVシリーズを観ている人なら「橘先生(椎名桔平)の息子の話」を思い浮かべるはずです。
そうです。このエピソードも、臓器移植を受けて現在は普通に生活できるようになった息子を見せる為の設定でしかありません。

そんなこんなで、クライマックスは病院の中庭での「藤川&冴島の結婚式」にプラスして「田所先生(児玉清)からのサプライズ手紙」という、もはや医療ドラマとは無縁の恋愛ネタで締められます。
(生死の境を彷徨ってた藍沢は何事も無かったかのようにちゃっかり回復しています)

はい。これでも、観ている最中はそれなりに引き込まれかけてたんですが「結局冴島の結婚話に繋げたいだけかよ!」「雪村親子の話に持っていきたいだけか・・」「そこで橘息子の移植話をまた持ってくるのか!」と、いちいちあざとい所が気になってしまい、観終わってからの気持ちいい感動とか爽快感が全くありませんでした。
最後の田所先生の手紙もさぁ・・・そう来るなら田所先生じゃなくて黒田先生(柳葉敏郎)でしょ!と言いたくなるけど、そこは何か大人の事情があったのでしょうか?
(TVシリーズを観てない人にとっては「児玉清は何者?」って感じだったでしょう)

キャストも、目立ってたのは藤川&冴島、そして雪村ばかりで、主役級の山下、新垣、戸田といった所は見所は無かったと感じております。
緋山(戸田)に至っては、医師としての見せ場は皆無で、むしろ彼とのイチャつきの方が記憶に残ってしまいます。
あ、もう1人、横峯(新木)も全く見せ場は無く、完全に空気でした。

そんなわけで、TVシリーズから観ていた自分の意見としては、この映画については・・・
・藤川&冴島の結婚話は、スピンオフドラマで良い。
・雪村親子話はTVドラマ1話分で良い。
この2点を除くと、更にどうでもいい内容ばかりで、全体的には★は2つです。

しかし!

このブログでも何度かピックアップしている山谷花純の熱演は良かったです。
彼女の登場シーンで、綺麗な坊主頭(末期ガン患者のため、薬の副作用で髪が全抜けという事でしょう)をいきなり見せてくれますが、これが過去長澤まさみや綾瀬はるかも行ってきた「ガチ坊主」なんですよ。(本人Instagramより。こちらもかわいい)
この役に人生を賭けて臨んだ花純さんの意気に免じて★を1つ追加しました。

さて、特にTVシリーズからの大ファンの方はこの映画をどう捉えたでしょうか?
個人的には、この調子で続けるなら、むしろもう終わるか、キャストを一新した方がいいと思っています・・・。

◆パンフレット:720円

劇場版 コード・ブルー−ドクターヘリ緊急救命−

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【18-082】カメラを止めるな! ★★★★★
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
話題沸騰中のカメラを止めるな!を観てみた。

人里離れた山の中で、自主映画の撮影クルーがゾンビ映画の撮影を行っている。
リアリティーを求める監督の要求はエスカレートし、なかなかOKの声はかからず、テイク数は42を数えていた。
その時、彼らは本物のゾンビの襲撃を受け、大興奮した監督がカメラを回し続ける一方、撮影クルーは次々とゾンビ化していき……。


この映画、「事前に知識を入れない方が良い」という事で、自分は一切の情報を入れずに観に行きました。
結果、とても面白かったです。恐らく今年BESTになるのがかなり有力でしょう。
と言う事で、このレビューでもなるべく核心には触れないギリギリの所で止めるようにしますが、できればこのレビューすら読まずに観に行くのが吉です。

冒頭。いかにもB級C級の自主制作風のゾンビ映画の撮影風景から始まります。
ここからが「37分ワンカット」と言われているガチ長回しのシーンなんですが、要するに「ゾンビ映画を撮っているロケ地で、以前に死者を蘇らせる実験が行われており、ふとした事から再び死者が蘇ってきてしまう」というまあ良くあるようなお話です。
肝心のゾンビの数は少ないものの、主演女優と男優、そしてメイクさんの3人が逃げ惑う中、映画監督は「カメラは止めない!」と叫んで撮り続け、そして・・・という展開。
この劇中劇のゾンビ映画が終わると、いったんエンドロールが流れ始めます。
「ここで帰っちゃうヤツはまさか居ないよな・・」とちょっと心配しましたが、さすがに40分程度しか経過していない事もあって帰る人は居ませんでした。

そこから後半戦と言う事で、この映画が作られるまでと、実際に撮っている最中の舞台裏等が描かれます。
ここでポイントとなるのが、前半の長回し撮影の描写において、いくつも「?」と思うシーンや、誰もが突っ込んでしまう底抜けなシーンがあるのです。
前半戦を観ている時は「さすがC級映画。ひでーなwww」と鼻で笑っていたのですが、実は巧妙に仕掛けられた「伏線」だったわけです。
とにかく、この前半の「違和感」を全てきっちりと感じて覚えておく事で後半のスッキリ度が変わってきます。

そんなこんなで、実は裏ではすったもんだのドタバタがあってエンドロールを迎える・・・という話なのですが、この映画が自分にツボった理由は幾つもあります。
・もともとB級ホラー(特にゾンビもの)大好き。
・こういうB級ホラーに対しては、普段から突っ込みながら観る癖がある。
この2点があるだけでも、この映画にハマる度合いが強くなるってものです。
中にはホラーが苦手という方もいるでしょう。この映画もB級と言いながら、長回しのゾンビ映画はそれなりに血糊も多く使われてますし、切株描写もあります。
例え安っぽい造形であっても、そういうシーンが正視できない人もいるでしょう。
更に、この長回しはまさにワンカメラでずっと追っているため、映像は終始POVになっているため、POVが苦手な方は酔ってしまうかもしれません。
そんな理由と、当のゾンビ映画自体が「ゾンビとの追っかけっこ」的な内容に終始している事から、前半で心折れてしまいそうになる人も少なくないようです。

しかし!

くれぐれもこの前半戦で離脱して寝てしまったりしないでください。
前述のように、「何か変なシーン」を見つけるようにして、37分長回しを乗り越えてください。
そうすれば後半の面白さが断然変わってきます。

そしてこの映画自体もガチで低予算です。
キャストも映画通(邦画好き)な自分が観ても、一人として知ってる人が居ないというほどの「ノースター」です。
でも、アイデアひとつでこれだけ面白い映画が作れるって凄いです。
元々は新宿(K'sシネマ)と池袋(シネマロサ)のみでひっそりと上映され、2週間程度で消えていくような映画とも思えてしまいますが、面白さが口コミであっという間に「感染」して、いまではTOHOシネマズをはじめとする全国のシネコンまで拡大上映され、連日全ての回で満員。
そして上映後には拍手すら出るという光景も珍しくないとか。
これって、安い映画を撮りながらも誰もが夢見ている状況だと思うんですよ。
こんな事、何十年に一度の「大当たり」だと思いますが、この映画を観れば、低予算でもノースターでも、面白ければ必ず伝わります。
この映画も複数の芸能人が「面白い」とツイートした事が大ヒットの要因になっていますが、まさにSNS効果が生んだ「名作」でしょう。

今回、自分は大満足しましたが、ネタバレを分かった上でもう1回観たい気持ちが強く湧き上がっております。
もはやこの衝動は止められません。必ず近日中にもう1回観に行きます!
みなさんも、ぜひ一度、この映画の面白さを体験してみてください。

よろしくで〜す!ぽんっ!

◆パンフレット:800円

カメラを止めるな!

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【18-081】ミッション:インポッシブル/フォールアウト ★★★★☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
前作は、俺様的2015年洋画BESTだったので、当然今回もミッション:インポッシブル/フォールアウトを鑑賞。

盗まれたプルトニウムを用いて、三つの都市を標的にした同時核爆発の計画が進められていることが判明する。
核爆発阻止のミッションを下されたイーサン・ハント(トム・クルーズ)率いるIMFチームは、犯人の手掛かりが名前だけという困難を強いられる。
タイムリミットが刻一刻と迫る中、イーサンの行動に不信感を抱くCIAが放った敏腕エージェントのウォーカー(ヘンリー・カヴィル)が現れる。


2011年の「ゴースト・プロトコル」が満点★★★★★
2015年の「ローグ・ネイション」も満点★★★★★
そして今作です。
毎度毎度「アクションが凄い!レビュー読むより劇場で観なさい!」って感じで、内容そっちのけでアクションのレベルの高さで大満足していた過去作ですが、ズバリ!今作も陸に空にとまさに「ザ・ハリウッド・アクション」と言える凄いアクションが次々と登場し、全く飽きる所がありません。

話は割とシンプルなはずなのに、ちょっと気を抜いて序盤を観てたおかげで、途中「誰が味方で誰が敵?」みたいに混乱する所があったのは自分の不覚でしたが、まあ細かい所を抜きにすれば、要するに「プルトニウム奪還」「爆破を解除」という所に向かってのアクションなので、完全に迷子になる事は無いでしょう。
但し、主要な登場人物はじめ、色々な対立構造などは前作を踏襲しているので、できれば前作を再見してから今回の鑑賞に臨むのが良いでしょう。

まあ、この映画に関しては、どうしてもレビュー内容が「アクション」に偏っちゃう。
既にご存知のように、そのアクションの多くはトム・クルーズ本人が演じているのもこのシリーズの「売り」なんだけども、もう自分より少し年上の50歳代後半に差し掛かろうかという「オッサン」のやる事じゃありませんよ。
こればっかりは、結局「説明不要。とにかく大スクリーンでその目で観てみなさい」としか言えません。
※アクションに関しては、同じ元祖スパイものの「007シリーズ」の比じゃありません
っていうか、映画の中では「スパイ」って、物凄い運動神経と体力と強運と・・・って色んなものを兼ね備えたスーパーマンなんですね・・・。

と、そこまでアクションを褒めながらも、あえて今回は満点にしませんでした。
いやね、アクションは満点ですよ。
でも、ストーリーは個人的にはちょっと不満でした。
これは自分のせいなのかもしれないが、前作をかなり忘れちゃってたせいで、今回の内容が一部「何だっけ?」と思う事がありました。
帰ってから復習して「あぁ、そうだったか」って、思い出した事もあったけど、何かちょっと一見さんにはハードルが上がってる感じがしたのです。
(自分は「一見さん」では無いですが、ノー復習で観たので、一見さんにだいぶ近づいていました)
今作はパンフレットにもストーリーが載って無いですし、過去作品の紹介も出ておらず、結局「M:I基礎知識」を復習する事無く本編鑑賞となってしまったのが「何だっけ?」の要因となってしまったわけです。
今回初めて「M:I」を観たという人も居るかと思いますが、例えばジュリアとの再会とか、そのあたりの背景を何も知らないと全然面白さが伝わらないよねという事になってしまいます。
あまり「過去シリーズを観てる事前提」なストーリー展開にはなって欲しく無かったな・・・という気持ちから減点しました。

さあ、恐らく次回も製作されるようだと、今度はトム様は還暦直前(または還暦を迎える)という事になりそうですが、まあ無理しないで続けてください。
※個人的には、イーサンの活躍と同じくらいイルサの格闘技者としてのスキル向上を楽しみにしております。

◆パンフレット:720円

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【18-080】センセイ君主 ★★★☆☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
浜辺美波見たさに、少女コミック原作と言う事を承知の上でセンセイ君主を鑑賞。

7回連続で振られた高校生の佐丸あゆは(浜辺)は、とにかく彼氏を作ることしか頭になかった。
ある日彼女は、クラスの担任になった新任のクールなイケメン数学教師・弘光由貴(竹内)に恋してしまう。
さまざまなアプローチで猛烈なアタックを仕掛けるあゆはだったが、冷たくあしらわれ……。


自分にとって、少女コミック原作で「アタリ」に出会うのは年に1〜2本あればいい方で、ほとんどは「やっぱりオッサンに少女漫画原作は無理」となってしまう。
今年はと言うと、既に『恋は雨上がりのように』が大当たりだったため、もう当たりは無いペースなんですが、この作品は、やっぱり「当たり」にはなれませんでした。

物語の方は、物凄くざっくり言うと「イケメン教師に恋してしまい、付き合うためにアタックするJK」という出涸らし中の出涸らしのような内容です。
この手の映画だと、最初は全く相手にされなかったJKが徐々に先生の心に入って行き、まさかのゴール!?と思わせておきながらライバルの美人女子登場→一時は別離・・・ってなりながら、ラストは大逆転でやっぱり結ばれるというのがテンプレートです。
まさにこの映画もテンプレート通りなので、良く言えば安心して観ていられる反面、悪く言えばマンネリ・予定調和・意外性無しという事になります。

じゃあ作品として何がオリジナリティなのかというと、ズバリ「イケメン教師竹内くんファン向け」と「浜辺美波のコメディエンヌっぷり」でしょう。
前者は、キャラ的にもツンデレ系だし草食系だし優しいし、まさにファンが観れば胸がキュンキュンするでしょう。
そして後者。自分はむしろこの後者を楽しむ事を目的としていたのですが、予想を上回る暑苦しい程の(褒め言葉)過剰な顔芸&オーバーアクションの数々。
まあとにかく一生懸命振り切ってやってましたよ。冷静に見ると「やり過ぎ」と思ってましたが、まあコミック原作だし、このくらいやらないと伝わらないかもしれないので、これはこれで成功と言っていいでしょう。

脇を固める川栄李奈や新川優愛といった女子たち(プラス佐生雪、福本莉子も記憶には残る)も個人的には良かったし、「キミスイ」繋がり(監督が同じ)で1シーンだけ出演の北川景子も面白い。
恐らく、この映画のレビューの多くが「竹内イケメン!」「浜辺かわいい」で占められると推測しているが、やっぱりこの映画は話の内容よりも出演者の魅力を味わう映画なんだと思います。
その割に点数は並にしているという事は、自分にはさほど刺さらなかったという事ですが、簡単に言うと「ちょっと過剰過ぎた」という事と「ヅラが今いち似合って無かった」と言う事が減点となりました。
(卒業シーンではショートボブになっていたが、やっぱりそっちの方が数倍可愛いです)
ちなみに、採点とは全然関係無いけど、例の「ロッキーのパロディ」のシーンでスエットを着こんでいる浜辺美波の下半身がやけに安定感たっぷりだったのは、ガチで安産型なのか、色々と穿き込んでたからなのか・・・そんなどうでもいい事が気になってしまいました。

と言う事で、特に竹内くんファンの女子と美波ちゃんファンの男子にはお勧めします。
そうでない方は自己判断でどうぞ。

そして月川翔監督の次の作品は、欅坂46平手主演の『響 -HIBIKI-』ですよ。
こちらも必ず観ます!楽しみにしています!!

◆パンフレット:720円

センセイ君主

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【18-079】黒看(ネタバレあり) ★★★★☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
ここ最近、何故か長期間映画館に行かない日々が続いていたが、久々に黒看を観に劇場へ。

看護師の麻間利江(山田)が務める病院に、夫に触れられると体中にじんましんが出てしまう乗田雪子(佐伯)が診察に訪れる。
同じころ、病院で不可解な出来事が起こっていた。看護師長の務目(広瀬)は、除霊のように看護を行う“黒看”の松友岬(百川)を呼ぶ。


初日舞台挨拶を観ようと思って先行プレミア上映をパスしたら、そのまま舞台挨拶なく上映が始まり1週間で終わるという展開になり、あわてて最終日に観に行きました。

この映画も、よくある「アイドル主演のC級ホラー」なんだろうなと思っていました。
今まで観てきた「この手の映画」の大半は「観なきゃ良かった」と思ってしまうくらいのクオリティで、毎度ここでの採点も辛いうえに、この映画の主演のAKB48「山田菜々美」とやらは全く知らない(もはや最近の48グループはほとんど知りません)という状態で、更に更に、この映画も最近よくある「クラウドファンディング」(要するに一般人からカンパを募る)で製作費を賄うという状況もありました。
もう典型的な「低予算+芝居経験の無いアイドル」=「クソC級ホラー」の図式に当てはまると思っていました。
また、監督の山田雅史がこれまで撮ったホラーも何本か観ているが、その採点は以下の通りなんです。
 ・ひとりかくれんぼ 劇場版 ★☆☆☆☆
 ・ひとりかくれんぼ 新劇場版 ★★☆☆☆
 ・×ゲーム2 ★★☆☆☆
 ・コープスパーティー ★★☆☆☆
 ・コープスパーティーBook of Shadows ★★☆☆☆ (2回目・アンリミテッド版:★☆☆☆☆
はい。もうね、スタジアムに阪神戦を観に行ったら阪神の先発がメッセンジャーだった時と同じくらいの絶望的な気持ちになる状況だったわけです。
前置きが長くなりました。とにかく、この映画に当たり要素は皆無と思っていたのですが、結果から言うと「思ってたよりも興味を持って観続けられた」という意外な結果でした。

この映画は、話としては割とシンプルなんです。
「旦那の元カノが、フラれた腹いせに硫酸を被って自殺未遂。その怨念が今の奥さんに向けられ、謎の病状となって表れる」という流れと「患者の妬みや患者の家族が抱く健常者への僻みなどを自らの体に吸い込む能力のある"黒看"」の2本柱で成り立っています。

舞台は病院内が多く、その画は終始薄暗い。見るからに不気味です。
でも、この映画は、例えば大袈裟な音響やビックリさせる演出で怖がらせるという事はあまりなく、「ホラー映画」というよりは「世にも奇妙な・・」系の話とも言えます。
序盤は奥さんの病状が何によるものなのか?という事と、新しく赴任した看護師が何かワケアリな感じだが、何だろう?という点を中心に進むので、まずまず興味を持って観続けられます。

結果、前者については前述の通り「元カノの怨念」という事でまずまずスッキリと落ちます。
※ここでその元カノも登場するんだけど、必要以上にモンスター的な描写をする事もなく、貞子的なキャラにもしていなかった事は個人的には評価します。

そして後者の方ですが、まあスッキリしません。
彼女は何でそんな「能力」を持っているのか?その能力を使って病院を渡り歩く理由は何なのか?といったキャラ背景も明かされなければ、ラストのあの後、彼女はどうなってしまったのか?どこへ行ってしまったのかも描かれません。
まあ正直言って、これにはモヤっとし過ぎるし、観終わった直後は「放置かよ!」少し憤ったりもしましたが、ふと「いや、話の内容自体が謎なんだから、なまじもっともらしい理由や"その後"を描くよりも、"彼女はいったい何者だったんだろう?"と謎のままにしておいた方がむしろ背筋が寒くなるって事で正解だったのでは?」と思うようになりました。
正確に言うと「謎」と言いつつ、今度は麻間利江が"黒看"になったという事から逆算すると、松友さんも元は普通の看護師だったのに黒看を引き継いだだけという推測が自分の中では成り立っているんですけどね・・・。

いつもは「怖ければOK」をモットーとしているので、そう考えると本作は「怖くは無い」という事で減点になるんですが、「奇妙なサスペンス」として割り切って観たおかげでまずまず楽しめました。
山田菜々美ちゃんも、芝居が上手いとは思わないけど、可愛らしい子で好感は持てました。
少なくとも山田ファンなら絶対に観るべき1本でしょう。(言うほど怖くないので、ホラー苦手でもギリギリ大丈夫と思う)

最後に、この映画は普通なら「渋谷ユーロスペース」で観るところ、地元横浜の「ジャックアンドベティ」で観ました。(バイクで20分ちょいくらい。最終日の金曜夜の鑑賞でした)
実はジャックアンドベティで観るのは初めてなような気がするんですが、もっと寂れたボロい所かと思っていましたが、まあ古いっちゃあ古いものの、思ったより場内は席数もあり、椅子もクッション良くて快適に観られました。
「金曜夜にアイドル主演のB級ホラーをジャックアンドベティで観る客は自分1人だったりして・・」と半分貸切を期待して行きましたが、どうしてどうして。お客さんは10人くらいは居ました。
この先も、潰れずに営業を続けてください!ジャックアンドベティさん!!

◆パンフレット:販売無し

黒看

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH