映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




RECOMMEND
【15-117】人狼ゲーム クレイジーフォックス ★★★★☆
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
前作『人狼ゲーム ビーストサイド』が個人的に高評価だったが、今度は人狼ゲーム クレイジーフォックスを鑑賞です。

生死を懸けた「人狼ゲーム」に否応なく参加することになったわたし(高月)は、狐のカードを引き当てる。その札はゲーム終了の時点で生き残るか、人狼と村人が同じ人数になった時点で彼女の勝利となるものだった。逆に狐は、予言者の占いの対象になると死亡するという。そんな状況の中、彼女はある少年(柾木)に好意を抱く。

桜庭ななみの「人狼ゲーム」(★★☆☆☆)⇒土屋太鳳の「人狼ゲーム ビーストサイド」(★★★★★)と来てこの作品です。
※番外「リアル人狼ゲーム 戦慄のクラッシュ・ルーム」は☆☆☆☆☆でその年の日本映画自己ワーストでしたが。

前作と同じく、人狼と村人以外に「預言者」「用心棒」は居ますが、「共有者」は無くなってます。
その代わり、「霊媒師」(処刑された者が人狼だったのか村人だったのか分かる)と「狐」(人狼でも村人でもない。人狼に襲撃されても死なないが、預言者の占いの対象になると死亡)というキャラが加わっている。
この「狐」が非常に重要な設定なのは誰が見ても分かるでしょう。
人狼・村人どっちから見ても、相手を全滅させても狐が残ってたら狐の勝ちだし、人狼と村人が同数になっても狐の勝ちなのだ。
しかも人狼から襲撃されても死なないという強力な特典付きだ。
自分はこの設定を聞いた時、「まず最初にする事は、予言者が狐を見つけ、殺す事」が最優先だと思いましたよ。
しかし、ある意味当然だが、狐は主役の高月だと言う事が最初から明かされる。
「こりゃあ狐は死なないな。やっぱ主役だし・・・」と少々ガッカリします。

まあ仮にこんな状況になったら、小僧小娘たちなら冷静に分析できないのも当然。
最初は要するに「何だか気に入らないヤツ」「何となくその場の流れで」という感じで投票で選んで死なせていく。
一方で、3人居るはずの人狼から2人はやっぱり最初から「人狼だ」という状況を画面には映し出してくる。
そのうち1人は予言者として名乗りを上げていた者だ。
この事で、予言者が誰かもだいたい分かる感じになる。

このへんの「この人は何者?」という推理は比較的易しめに出来ている感じで、慌てずに考えればだいたい分かります。
こういうのは、あまり難しくしすぎたりヒントが乏し過ぎると謎解き興味が湧いてこないし、簡単すぎても面白くないので、個人的にはちょうどいい感じでした。
ただ、終わってみれば「用心棒」「霊媒師」の出番がほとんど無かったので、駆け引きが多少単純になってた所は勿体なかったかな。

そして最後は人狼2人、村人2人、予言者1人、狐1人が残っての投票になる。(預言者は村人でもあります)
こうなると、結末は以下の3通りの1つになる。
・人狼が選ばれると人狼が1人死に、ゲーム継続
・村人(予言者含む)が選ばれると、人狼も村人も同数になるので、狐を残して全員死んで終わる。
・狐が選ばれると、狐死亡でゲーム継続。
ここで「村人に投票」は絶対にしてはいけない行動なのは明らかなので、狐を殺さないといけないのだ。
少なくともこの時点で誰が人狼なのかはバレてるのだから、村人3人が狐と思われる者、あるいは自信がなければ人狼である事を告白済みの者を指名すればとりあえず死なないはずなのだが、前作同様にある者が意外な指名をする事
で意外な結末を迎える事になる。

前作同様の展開ではあるが、今回の方が「寝返る理由」が今いち薄い気がするんだよね・・・。
誰がどういう理由で寝返るのかは劇場で確かめて欲しいが、自分には「これは無理やりにでもどんでん返ししたいだけだろ」とちょっと白けました。
やっぱりちゃんとした動機が無いとどんでん返しも成り立たないと思うんですよね・・・・。

そしてもう一つ、この映画では主人公の高月がある男の子に一目惚れしている設定なのだが、今ひとつその設定が生かされていない気がします。
そもそも、高月が「彼と生き残りたい」と呟くが、狐と誰かが一緒に生き残るって事は不可能なんだから、その葛藤ももう少し入れても良かったと思いますよ。

とは言え、全体的にはまあまあ頭も使えるし、程よく謎解き(誰が何の役か)も楽しめると言う事でこの採点です。
そしていつものように女の子採点です。
・高月彩良:まずまず頑張ってた。最後の「何見てんだよ!!」も気合入れてるが、劇中は思ったほど印象に残って来ないか?
・冨手麻妙:ある意味、高月よりも美味しい場面はあった。それはやっぱり人狼ゆえに「殺人シーン」があるから。ホラー的にはやっぱり必要な要素です。
・萩原みのり:「神さまの言うとおり」では美味しい場面をもらっていたが、この作品では可愛いだけでした。
・村上穂乃佳:「〜ッスけど」という喋りが印象的。もっとヒール(悪役)的な性悪な感じが出たら面白かった。今度は普通の女の子役で観てみたい。
・藤井武美:殺されっぷりが良かったのが見所だったが、キャラとしてはちょっと弱かったかな。
・山根綺:せっかくスパイシーな役柄だったのに早々に死んでしまって残念。可愛かったのになぁ。

まあ、ハッキリ言って若手俳優ばかりの低予算映画ですよ。
でも、家でレンタルで観るレベルであれば十分に面白いです。
映画館は無理って人でも、ぜひ前作「ビーストサイド」も合わせて観てみて欲しいです。

ところでこの映画、「R15+」なんだけど、まあ血は少しは出てるけど、言うほどの残酷シーンは皆無だと思うので、グロ耐性が低い人でも大丈夫だと思いますよ。

◆パンフレット:B5判・16頁(主題歌CD付きだが、パンフ自体はペラッペラの薄紙)・756円

人狼ゲーム クレイジーフォックス

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【15-116】愛を語れば変態ですか ★★☆☆☆
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
小粒と思いながらも黒川芽以嬢の主演とあって当日料金で愛を語れば変態ですかを鑑賞。

都市近郊の住宅地で、あさこ(黒川)と夫(野間口)は念願のカレー店オープンを翌日に控え、準備に追われていた。そこへエラそうなアルバイト志願者やレトルトカレーを開店祝いに持参する青年、1億円を手に全身ボロボロの状態で現れた不動産業者などが続々と詰め掛ける。彼らは、全員あさこと関係があり……。

序盤から「何か演劇っぽい作りだなぁ〜」と思ってたら、本当にオリジナルは演劇でした。
終盤以外はほぼ新規開店するカレー屋(作りは民家みたい)の中での出来事で、出演者も限られている。
1人の女(野間口&黒川夫婦の嫁の方)と5人の男。
男の方は、誰もが何らかの形で芽以嫁(あさこ)とつながりがある(キンコメ今野だけはそういう過去は無いかな)という設定で、入れ替わりで「女に入れあげる愚かな男」っぷりを披露する。
この男たちが、「現実にそんな奴いねーよ」「仮に居たとしても、さすがにそんなのが5人集うって言うシチュエーションはねーだろ」と言うくらいの濃すぎるキャラ。
現実離れした濃いキャラの男たちが代わる代わるあさこへの思いを口にし、行動で示す。それがまた大袈裟でくどくてシツコイ。
最初は少しは面白さを感じていたが、最終的に開店前のお店を滅茶苦茶にしての大乱闘を見せられても、何だか観てるこちらは覚めている感じで、完全に上滑りしている印象です。

最後の方は、店を飛び出して(本格的に屋外に出るのは終盤だけで、あとは密室劇と言っても良いです)あさこがぶっ飛んで「キスのテロを働き」「土手で自爆して転げ落ちて」「旦那と殴り合い」「愛を語って」「バスジャックして」「そのバスがあさこの愛で火照って」というめちゃくちゃな流れで終わります。
さしずめ「愛を語れば変態ですか」と言うより「変人が愛を語れば支離滅裂ですね」って感じです。
もはや「浮気性のビッチが繰り広げるアジテーション」でしょ。

支離滅裂でも、それがシュールな笑いを呼ぶって事もありますよ。コメディの話ならね。
でも、この映画を観た方、笑えました??
実際、劇場内(まあ客は少な目だったが)にも、特に後半は笑いが起こる所がほとんど無かったように思えます。

ぶっちゃけ、黒川芽以主演だから観に行ったようなもんだけど、まあ黒川芽以は頑張っていたと思いますよ。
じゃあ男優が悪いっていうのではありません。
ただ、思ったより話がつまらなかっただけです。

73分の今イチ面白くない作品に1800円払ってしまった自分は変態ですか?
(最後にそれが言いたかっただけだろwww)

◆パンフレット:B5判・16頁・720円

愛を語れば変態ですか

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(1) |PAGE TOP↑ -
【15-115】サクラメント 死の楽園 ★★★☆☆
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
昼間のグリーン・インフェルノに続いて、夜はサクラメント 死の楽園です。こういう組み合わせの人って、けっこう多いよね??

ある日、パトリック(ケンタッカー・オードリー)のもとに久しく連絡がなかった妹からの手紙が届く。その奇妙な内容に胸騒ぎを覚えた彼は、ウェブメディア会社VICEに勤めるサム(AJ・ボーウェン)と共に妹が暮らしているというエデン地区なるコミューンへの潜入取材をすることに。平穏に暮らしていた妹と再会して安堵するパトリックだったが、ファーザー(ジーン・ジョーンズ)と呼ばれるエデン地区の指導者に不穏なものを感じ取る。妹を救おうと機会をうかがう彼らだったが……。

自分は全然知らなかったが、人民寺院(ジョーンズタウン事件)で、信者909人を含む918人のアメリカ人が死亡(集団自殺)したと言う実話があったそうな。
1978年の出来事なので、十分知っているはずなんだが・・・・・

と言う前振りはさておき、いわゆる「カルト教団」による信者集団自殺に至る模様をPOV形式で撮った作品だ。
「ファーザー」と呼ばれる小太りのオッサンと、そのファーザーの元に集う老若男女たち多数。
さあ、この「ファーザー」ってのがどれほどイッちゃってるのか?信者たちをどうやって洗脳してるのか?いったいどうして集団自殺に至ったのか?・・・と色々見所はあったと思うんだが、結果的には拍子抜けでした。
【「神」による絶対の恐怖】と言うコピーが踊っているが、「恐怖」なのは理不尽に殺されるクライマックスであり、カルト教団、及び「ファーザー」の日常が「恐怖」で支配されていると言う事では無い。
むしろ「ファーザー」は結構気のいいオッサンで、取材陣をのらりくらりとかわす姿はどこか痛快でもある。

そんなオッサンと仲間たちが何故故に集団で「死」に赴いたのか?
こういう映画の場合は、何組かの信者にスポットを当ててキャラを掘り下げ、そのキーパーソンの行動を通して真相を映し出すパターンが多いのだが、この映画では辛うじて1組の母娘だけ少しスポットが当たる程度で、全体的に「信者」たちは何でそこに居るのか?何でファーザーを慕って止まないのか?という所が抜けているので、一気に死へ向かう展開が唐突で意味が分からない感じになっている。

「理由が良く分からないから怖い」
そういう見方も出来るけど、本当はもっと色んな信者の姿があるはずなのよ。
静かに毒を飲んで死ぬ者・正気に帰って逃げ出す者・錯乱して暴れる者・そしてこの映画で最も「恐怖」に映った「ただひたすら銃を乱射して無感情で殺しまくる教団の人間。
そういうのがカオスの如く入り乱れるかというとそうでもない。
あちこちで泡吹いて死んでいく人多数。前述の母娘は、「殺されるくらいなら・・・」とばかりに<以下、ネタバレ自粛>、そして銃乱射くらいかな。
何となく淡々と進んでいる感じすらしましたよ。

やっぱりねぇ、何が信者たちをそうさせたのか?っていう所が観たかったわけですよ。
日本の某鳥の名前の殺人カルト教団とも通じる所があるのか!?とも思ってたんだけど、そこまで分からなかったしね。
やっぱイーライ・ロスは製作のみで監督してるワケじゃない事に留意しなきゃね。
(イーライ・ロスと聞いてグロ描写があると思ったら大間違いです)

そんなわけで、期待した割にはちょっと物足りない1本でした。
まあ「グリーン・インフェルノ」観た後だからね。ちょっと感覚がおかしくなっているのかも。。。

◆パンフレット:A6判(小さい!)・24頁・500円

サクラメント

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【15-114】グリーン・インフェルノ ★★★★★
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
楽しみに楽しみにしていたグリーン・インフェルノを当然初日から鑑賞。

不正なアマゾンの森林伐採の実態を世に訴えるため、学生たちの活動家から成るグループは現地に赴く。その後、彼らの度を越した行動が目に余ったため全員強制送還されることになるが、その途中で搭乗機がエンジントラブルを起こしてしまう。熱帯雨林に墜落した飛行機の生存者たちは救助を求めるが、彼らを待ち受けていたのは食人族だった。

まず最初に言っておくと、この映画は「食人族」のリメイクではありません。
インスパイアされて作った別物だと自分では思っております。
従って、何かにつけて食人族と比較するのはナンセンスだと思い、あくまでもこの映画単独の評価となります。

結論として、かなり楽しめました。面白かったです。自分は満足です。

序盤は学生たちの学生運動からのアマゾン奥地でのYouTube等を使って(スマホで撮影してね)の実力行使のシーンが続き、この時点では「早よ食人族出せや」とヤキモキしてました。
ただ、終わってみればこの活動と描写が後半の伏線になってた所を見ると、あながち無駄ではなかったとも言える。
まあ、何故か立ちションシーンでチンポをギリギリ映しちゃうのは無駄描写とも言えるかもしれませんがwww。

そんなアマゾン奥地の帰り道で飛行機事故に遭い、めでたく食人の部落そばに墜落。
墜落の過程で無残な人体損傷シーンもちょっと出てきて期待は高まります。
※せっかく助かったのに、その後プロペラ直撃であっけなく死んじゃうヤツがちょっとした笑い所。
間もなく学生一行は族の吹き矢(再三出てくるこの吹き矢が最強なんだな)で気を失わされ、部落に確保されます。
※体に刺さった矢を「今抜いてやるからな!」と言った瞬間に額に別の矢がグサっと刺さる所も笑い所。

そしてここから人肉食らいショーの始まりか!?と期待が高まると、一番肉付きのいい男がやられます。
目玉をえぐられ、舌を切り取られ(その場でジャック・スパロウみたいな部落の長に食べられます)、しまいには四肢をぶった切られ、生血は飲まれ、それぞれのパーツは部落の女が鼻歌交じりに塩などを擦り込んで燻製にしていきます。(食べられない所はブタにあげます。まさに人間が家畜の扱いです)
「グロさが足りない」という人もいるかもしれませんが、このシーンはけっこう来てると思いますよ。

しかし、その後この男の殺されっぷりを上回る残酷描写が無かったのは事実で、おかげで割と落ち着いて観ていられます。(本当かよ!)
その後は、捕らえられた女3人から処女だった主役のジャスティン(実生活でのイーライ・ロス夫人!)のみ「割礼」の儀式のために体に色々なペイントをされたりしてます。
残る非処女だった女たちと共に牢に入れられた一行。
さあここから脱出するには・・・というシーンの前に、女一人が「もう耐えられない!」と、何をするのかと思ったら下痢便噴射。
部落のガキには笑われ、仲間は微妙な顔になり、噴射本人は「ゴメンねみんな・・・」って謝ると言うシュールなシーンは笑いを誘うが、映画的にはあまり意味が無い。
その後、全身タトゥー女が逃げ出すが、その後に捉えられた一行に振る舞われた料理(というには粗末なものだが)の器の底にはタトゥー柄の皮が・・・。
ふと部落の方を見ると、子供たちが色鮮やかな柄(もちろんタトゥーと同じ柄)の人皮を身に纏って喜んでいます。
それに気づいたタトゥー女のレズ友は衝動的に首を掻っ切って自殺します。
衝撃を受ける一行の脇では、一行のリーダーっぽかったアレハンドロがストレスを溜めないためにオナニーを始めるという前代未聞のカオス劇場。ここも笑い所です。

でもそんな中、一行は自分たちが持っていたハッパ(要するに麻薬です)を自殺した女に詰め込みます。
その死体を燻製にして食べた部落一行は、皆でハイになって行くと言うまたしても笑い所が・・・・。
と、笑ってる場合では無い。ドラッグの空腹現象によって生のまま食されちゃうヤツも居るが、ジャスティンとダニエルが逃げ出します。
しかし、やっぱり最強武器の吹き矢でやられたダニエルは哀れ「人食い蟻」の餌食に。

しかし、部落の子供に助けられたジャスティンは微妙におっぱいをプルプルさせ(残念ながら、何故かブラ状のものを胸に纏っています)ながら白塗りの体で逃げ、やがて森林伐採の一行に出会う事ができた!
「助かった!」
「いや、きっとあの全身ペイントで食人族と間違われて撃たれちゃうんだ」
と色々予想しましたが、果たしてそのオチは・・・・・

と、こんな感じです。
思ったより人肉喰い大好きな世間様(いわゆる変態な方々)の評価は渋いようですが、そんなにダメだったかなぁ??
そりゃあ多少退屈な所もあったし、「もっとやれ!」と思う所はあったし、何よりも登場人物の中で一番のクソ野郎であるアレハンドロが、本来一番無残にグロテスクに殺されなければいけないのにそうなっていないとか、裸族じゃないので見えないとか、まあ色々ありますよ。
そういう所が気になっちゃったり許せなかったりするとダメなんでしょう。
自分はちょっと気になりながらも、全体的には楽しめた(そりゃあもっとグロが続けばなお良しですが)んですよ。

でも、これをきっかけに人食いの旧作である「カニバル」「人喰族」といったあたりも観てみたくなりました・・・

◆パンフレット:B5判・36頁・700円(個人的には読み応え有りの良パンフ)

グリーン・インフェルノ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(2) |PAGE TOP↑ -
【15-113】流れ星が消えないうちに ★★★☆☆
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
「劇場霊」と微妙に重なった(ハシゴすると昼飯時間が無くなる)ので舞台挨拶をパスした流れ星が消えないうちにを公開2日目に鑑賞。
※小市慢太郎さんは、こちらの舞台挨拶に出た後、劇場霊の方にも登壇したんですね。

恋人だった加地径一郎(葉山)が海外で事故死し、さらに自分の知らない女性と一緒だったのを知り、心に傷を負った大学生・本山奈緒子(波瑠)。新しい恋人・川嶋巧(入江)と前を向こうとする彼女だったが、どこかで径一郎のことが忘れられずにいることを自覚していた。そんな状況で、転勤で母と妹と共に大分へ越していった父・諒(小市)が実家で一人暮らしをする奈緒子の前に現れる。とある事情で家出をしてきたという父を迎えるが、彼を追い掛けて妹・絵里(黒島)もやって来る。

やばい。観てから1週間近く経つのに記事をアップできていない・・・・。

波瑠ちゃん主演の小粒のコイバナなのかな?というくらいの知識しか持たずに劇場へ。
公開2日目の昼だと言うのにお客さんは10人以下(109シネマズ川崎でしたが)という寂しい状況でした。
話の方は「波瑠ちゃんが旅先で突然死んだ彼氏との思いを諦めきれない」「そんな元カレの同級生(だっけ?先輩後輩だっけ?)が今カレ。でも彼女の心の中にはまだ"彼"が居るのを知ってて辛い」「波瑠ちゃん家族のちょっとしたいざこざ話」といった「凄く映画的で盛り上がるエピソード」には程遠いちょっとした日常の出来事を中心に淡々と描かれます。

彼との出会いが高校生の頃だった事から、その当時の回想シーンもふんだんに出てくるわけですが、当然波瑠ちゃんがJK時代も演じています。
ちょうど下記チラシ画像の左側がJK時代(地味目なロングヘアの子)で、現代がいつもの波瑠スタイルです。
まあハッキリ言って、やはり今の波瑠にJKはちとキツい印象だけど、この際その辺はどうでもいいです。
ちょっと波瑠ちゃん演じる奈緒子が加地くんのどこに惚れたのかが今イチ分かりづらいのが難点だったかな。

言ってみれば「三角関係」だったのに、生きていればその三角関係で問題や悩みもあったろうに、その三角の1つが欠けてしまったからと言って「ちょうど良かった」という風には全くならない話なんだけど、極度にジメジメしてる訳でも無く、お先真っ暗と言う程でも無い。
でも、心の中では何かが葛藤しているし、彼氏と愛し合った部屋(生々しいなwww)では寝られずに、玄関でしか寝られない(冬は寒いだろうに)という形で精神的なダメージは残っている。
「大事な人の死」が絡んでいるけど、人間ってやっぱり時間が経つと忘れられる生き物なんだなぁと考えさせられました。
でもやっぱり映画としては平坦で地味な感じでした・・・・。

それでは気になった女優さん短評を。
・波瑠:この作品の全体的なテイストには合っている。あまり感情過多にならない所が良し悪しか?
・黒島結菜:割と一癖二癖ある役が多いが、今回は割と普通で年相応な役。自然な芝居が良い。
・岸井ゆきの:波瑠ちゃんと一緒のシーンが大半で、必然的に記憶には残る。但し、164cmの波瑠ちゃんと並べるのは酷(岸井さんは150cm未満)
・相楽樹:1シーンだけ登場。何か意味ありげな素振りをするも、さして掘り下げられずに終わったのは残念。

相楽樹は、事前にパンフで名前を発見してなきゃ気が付かなかったかもしれません。
やっぱりパンフにはエンドロール登場キャストの掲載は必須ですっよ、東〇さん・・・・

◆パンフレット:B5判・24頁・720円

流れ星が消えないうちに

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【15-112】ウーマン・イン・ブラック2 死の天使 ★★☆☆☆
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
初日配布のチラシ目当てというだけでウーマン・イン・ブラック2 死の天使を鑑賞。

第二次世界大戦中のロンドン。戦禍を避けるため、ある学校の子供たちが引率の教師と共にイギリスの田舎町へ疎開することになり、“イールマーシュの館”と呼ばれる古い洋館にたどり着く。だがここは40年前、恐怖の現場となった場所であった。やがて、彼らは再び邪悪な“黒衣の女〈ウーマン・イン・ブラック〉”の魂を呼び覚ましてしまう……。

前作『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』も観ておりますが(当時のレビュー採点は2点)、もはや内容については1ミリも覚えておりません。
良くも悪くも前作の予備知識が無くなっているのがどう働くのか・・・・・

まず、内容以前に、何もかもが暗いです。
全体的な雰囲気も重苦しいし、何よりも画面が暗い。そして台詞も控えめ。
「こりゃあ寝るな」と思っていると、定期的に「ビックリ音」で寝かせてくれない(笑)。
まあとにかくビックリ音には注意してください。まさにお化け屋敷的な感じです。

正直、話は良く分かりません(アホでごめん)。
要するに、登場人物がみんなどこか「死」に取り憑かれている所に「黒衣の女」を呼んでしまい、それから逃げようとする子供たちが次々と居なくなる?みたいな話でしょうか。
まあ、この「子供たち」ってのが、ある意味「獲物」みたいな感じだとしてもだ、何度もある「そこでじっとしてなさい!」という場面になった時に限って外に逃げ出してアクシデント的に死んじゃうのよ。
そうなると「ガキはじっとしてろって言ってんのに、自業自得だな」という黒い自分が出てきて何だか違う方向に興味が行ってしまう。
そんな落ち着きのないクソガキどもよりも、冒頭で鉄条網に絡まった羊さんの方がよっぽど痛々しくて可哀想に思える自分はきっと鬼畜なのでしょう。

って、何の話をしてるんだ!?
問題は、この「黒衣の女」とやらの目的が良く分からんと言う事だ。
決して能動的に人を死に追いやっているとも見えないし、むしろ死んでしまう側が自ら死神を呼び寄せているとでも言いたいのだろうか?
このへんはある種幻想的な世界観の中で繰り広げられるハマープロのゴシックホラーとして観るべきで、殺人鬼が人を殺してギャー!みたいなテンプレートに乗せた直球ホラーとは違うものと考えた方がいいのかもしれない。
でも、それで恐怖感が薄れてしまっては本末転倒だ。

はい。要するに怖くないって事を言いたいのです。
お化け屋敷的な「ビックリドッキリ音」でビビった心境にはなりますが、それでは心には残らない所が減点材料です。

仮に「3」が作られても、また別柄チラシでも配ってくれない限りはもう観に行かないだろうな・・・・

◆パンフレット:販売無し

ウーマン・イン・ブラック2
※右が初日入場者特典の別柄チラシです。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【15-111】劇場霊 ★★☆☆☆
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
予告編の出来はかなりの物だと評価している劇場霊を初日から鑑賞。

トップの女優になることを夢見る沙羅(島崎)は、新作舞台のオーディションを通過し、脇役で出演できることに。一方、香織(足立)や葵(高田)らが主演女優をめぐってし烈な争いを繰り広げる中、劇場では不可解な事件が発生。事件の真相究明にあたっていた沙羅とスタッフの和泉(町田)は、あることに気が付くが……。

タイトルと言い予告編と言い、明らかに「劇場に霊が憑いててキャスト・スタッフが狙われる」ってパターンです。
しかし実際は、あまり「劇場」自体に意味は無く、「霊」と言うのも薄く、単なる「何か憑いてるっぽい人形が動いて殺す」みたいな話でした。

いわゆる幽霊モノだと、直接見せずに心理的にジワジワと迫る感じが多いのですが、まあ貞子も伽耶子もバッチリ姿を見せて、もはやホラーキャラの座を確立してるくらいなので、この映画でももう人形ガン見せです。
ただ、この人形の起源となる人形職人親父の娘3姉妹の話が何だか説得力が薄く、現世に固執する執念みたいのも薄いし、劇場にたくさん居る女の子たちを狙う動機も弱いので、ちっとも恐怖感が高まって来ない。

そもそも、言ってみれば単なる人形なわけです。
何をするかって言うと、洋画ホラーの「スペース・バンパイア」みたいに「若い女の子エキスを吸い取る」というだけで、言うほどの破壊力・殺傷力は無いんだよ。
みんな人形に見入られると固まって動かずにただ黙って吸い取られるだけなので「何で逃げられないの?」という疑問が払拭されないんですよね。(まあ金縛りに遭ってたって事なんでしょうけど)
結局、「人形が出てくる」「追いかけてくる」というお化け屋敷的な小ぢんまりとした恐怖で終わってしまっているのが残念でした。

最後もねぇ・・・・あれじゃああまり意味が無いと思うのよ。
自分はてっきり「また瞳がギョロって動くんだろ」と思ってたらそれも無し。
「人形が殺したと突拍子も無い事を言う島崎は精神病院行き」と言うオチも無ければ「実は島崎は死んでて人形化してたりして」という飛躍したオチも考えてたけど、それも当然無し。

日頃から「怖ければストーリーは二の次」という持論を持っている自分だけど、やはり霊モノって「恨みのパワー」「特定のターゲットへの執着心」という背景が無いと恐怖感が生かされないといういい例だったと思います。
あの人形化した長女がどれだけ女優になりたかったのか・・・と言う要素を組み込めなかったのかなぁ・・・。

さて、女優陣です。
「女優」と括る事に違和感を覚える島崎ですが、良くも悪くも印象に残らない。
芝居は「マジすか学園」よりはマシだけど、取り立てて上手くも無いし、劇中のキャラとしてのインパクトもさして高くない。
まあ、結果的にこの主人公の「カゴからのダイビングボディアタック」という大日本プロレス的な技が出た所が見所なのか?

足立梨花は、ある意味一番「おいしい役」だと思いました。
何と言っても、唯一「生気を吸われてヒビ割れ蛇肌化する」というインパクト抜群なシーンがいいよね。
例えば「リング2」の深田恭子の無様な死に顔とか、「ジョーカーゲーム ビーストサイド」の森川葵の壮絶な血飛沫とか、やっぱりホラーでは「壮絶に殺される」のが一番おいしいんですよ。
そういう意味では良かったですよ。

次は高田里穂。
こちらはキャラ的には嫌な女っぷりが良く出ていたが、こういうクソ女ほど残忍な死に様を見せてやらないといけないのにそれが無かったのは残念。
高田里穂本人は「芝居自体は上手くない若手女優」を素なのか芝居なのか分からないクオリティでやってたと思います。

最後は護あさな。
何気に人形が巨乳だったのは、その後演じるのがこの人だからでしょう。
※現在オンエア中の『監獄学園-プリズンスクール-』で、毎週毎週巨乳を投げ出してドSに迫る裏生徒会副会長です。
顔は人形面なので素顔は出てないけど、あの「後ろ歩き」はちょっと笑ってしまうインパクトがありました。

そんな訳で、「Jホラー」として観ると、所詮「AKB主演のB級アイドルホラー」の域を出ず、「クロユリ団地」にも及ばない残念ホラーになってしまった感じでした。
中田監督!このまま堕ちて行くのは見てられないぞ!またJホラーで盛り返してくれ〜!!!

◆パンフレット:A4判・32頁・720円

劇場霊

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【15-110】グラスホッパー ★★★☆☆
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
舞台挨拶が見たかったけど叶わなかったグラスホッパーを鑑賞。

恋人を殺害した犯人へのリベンジを誓った鈴木(生田)は、教職を辞め裏社会の組織に潜入しその機会をうかがっていた。絶好の機会が訪れた矢先、押し屋と呼ばれる殺し屋の仕業で犯人が目前であっけなく死んでしまう。正体を探るため鈴木が押し屋の後を追う一方、特殊な力で標的を自殺に追い込む殺し屋・鯨(浅野)は、ある任務を終えたとき、殺人現場を目撃し……。

要するに殺し屋同士が(「殺し屋」じゃなく「自殺させ屋」も居るが)殺し合う映画です。
殺し屋じゃないけど悪いヤツも居るし、この殺しのスクランブルのド真ん中に居る悪の象徴も居ます。
その渦の中に居る生田クンも、瀧本監督との「脳男」繋がりで悪人なのか・・??というとそうでもありません。
むしろ意図せず殺しスクランブルの中に放り込まれた気弱な青年と言う感じです。

で、その他の殺し屋稼業の面々ですが、まあ個性はあるので記憶には残りますが、「この人たちは何の為に殺し合ってるの?」と言う所もポチポチあって(自分が分かってないだけなのかも)、なーーんか身が入らない感じでした。
最後に色々な場面が繋がってる事が分かるんだけど、「そこ繋げちゃうの!?」(麻生久美子の子供役と波瑠)「何の意味があって??」(鈴木を引き込むための色々)「そこも計算だったって、そりゃ出来過ぎだろwww」(佐津川愛美の潜入関連)というご都合主義が目立つ印象で、色々とスッキリするはずが消化不良なオチになっているように思えました。

どうもいろいろとレビューを見ると、原作がずいぶんと改変(改悪?)されているそうな。
映画だけ見てると、何がグラスホッパーなのか?単に画面にバッタ(グラスホッパー)が何度も出てくるだけではないのか?という意味も良く分からないし、最後の方も、それまでの展開とは打って変わって、何だかホロリとさせる所もあったりして、何か入り込めませんでした。

ただ、あの渋谷のスクランブル交差点のシーンは「セット」なんだけど、良く出来てましたね。
上手いこと実写の映像を組み合わせたり、CGで加工する事で「こんな撮影、いつ渋谷で出来たの?」って思わせるに十分な仕上がりになっていると思います。
セットなら、もっと事故シーンは派手に出来なかったのかな・・??という引っかかりが出たのも正直な感想ですが・・・。

それでは主要女優短評です。
・菜々緒:もう菜々緒は「サイレーン」の橘カラもそうだけど、当分悪女で通すのか?それはそれで気持ちいいぞ。
・麻生久美子:実はすげー悪玉なのかと思ってたらそうでもなかった。この映画の中では普通過ぎる。
・波瑠:この映画の中では数少ない完全な善人。もう聖母と言ってもいい。出番少ないが印象には残る。
・佐津川愛美:大した役じゃないのに初日舞台挨拶に出てくるのか・・・と思ってたら、さっつん推しの俺様狂喜のインパクトでアゲアゲになりました!!

ん〜、だけどやっぱり良く分からない話でしたよ・・・・・

◆パンフレット:小型ジャケットサイズ・32頁・720円

グラスホッパー

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【15-109】起終点駅 ターミナル ★★★★☆
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
公開初日の起終点駅 ターミナルを早速鑑賞。

北海道旭川の地方裁判所判事だった鷲田(佐藤)は、覚せい剤事件の被告となった昔の恋人・冴子(尾野)と法廷で再会。東京に妻子を置いてきた身でありながら、関係をよみがえらせてしまう。だが、その半年後に彼女を失って深く傷つく。それから25年後、鷲田は判事を辞め、妻子と別れ、釧路で国選弁護専門の弁護士として孤独な日々を送っていた。そんな中、担当することになった事件の被告人・敦子(本田)と出会った彼は、彼女に冴子の面影を見る。一方の敦子も鷲田に心を許し……。

終わってみれば、それほどドラマチックな展開があるわけでもない。
言ってみれば、もはや人生の、それこそ「終点」に向かおうとしている初老の男のちょっとした人生ドラマっていうだけです。
全体的に静かです。どことなく「高倉健」を思わせる主人公の佇まいとキャラ。

そんな鷲田(北海道に単身赴任中)の25年前の元カノの冴子(尾野)と「裁判官・被告」という形で再開。(それで裁判しちゃっていいのか?)
まさに家族を捨てて自分と一緒になろうと言う時に冴子は鷲田の目の前で投身自殺という重い始まりです。
ここで「冴子は何故自殺したのか?」という大事な所は描かれていません。
自分としては、「自分がここで鷲田を取って共になる事で誰かが不幸になる」という状況を断ち切る為の突発的な行動であったと理解しました。

そんな冴子への贖罪のつもりか、釧路に残る鷲田と、これまた「被告」として関わりを持つ敦子とのかけあいがラストまでの話の柱になる。
軽く考えると、この初老の弁護士と若いお姉ちゃんの恋愛要素も出てくるのか?とも思ってしまうが、そういう描写はほとんどありません。
妻子を捨てた男と、両親から家出同然で離れてきた娘のどこか少し似た境遇が彼らを結び付けているのでしょうか。
もっとも、この敦子ちゃんは元々覚せい剤の不法所持でパクられたはずなんですが、話を見ている限りはそういうアバズレの面は見えず、むしろとてもいい子(但し、朝の5時に訪問するとかは痛すぎる)なんだよね。
更に、そんな娘が何で鷲田を慕うのかという心情もさして深く描かれている訳ではないので、ドラマとしては少し薄い感じはします。

ともあれ、このドラマでは「鷲田が息子に会いに行く」「敦子が釧路を出て行く」という所に向かって話が進んで行く形で、割と淡々と進んで行って終わります。
最後まで静かでした・・・・

他に思った事を書いていくと・・・
・誰もが思う事だろうが、やはりあの「ザンギ」はとても美味そう(パンフにレシピ掲載あり)
・更に、棒棒鶏を使った冷やし中華を食べるシーンがあるが、「夏」という季節感が画に無かったので、ちょっと違和感あった。
・鷲田が仕事終わって帰るまでって、どんだけ歩いてるんだ??
 (何で車があるのに使ってないの?)
・両親とその孫の位牌はあったが、何で死んだの?肝心の兄夫婦はどこ行ったの??
・中村獅童のキャラの存在意義が今いち分からず・・・・

3つ星にしようか迷ったけど、思ったより本田翼が頑張ってたので、オマケして4つ星です。テキトーでごめんなさい。

◆パンフレット:B5強・32頁・720円

起終点駅 ターミナル

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
【15-108】恐怖ノ白魔人 ★★☆☆☆
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
ヒュートラ渋谷で開催中のシッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2015より恐怖ノ白魔人を観てみた。

親友同士のティーンエイジャー、ダン、トムとビクターの3人は、退屈な学校を抜け出して、長年放置されて廃墟となった映画のロケスタジオに忍び込むことを計画する。曲がりくねった田園地方の道を抜けて3人は廃墟に辿り着くのだが、彼らが目撃したのは謎の男が女性を拉致している現場であった。男は、自身の存在は絶対に秘密にしておくよう3人に約束させる。 やがて夜になり、 家に帰ってきたティーンエイジャー3人は、何者かが彼らの後を尾行してきたことに感付く。そして、その夜が彼らの人生で最も長く恐ろしい夜になることに気付く。

「屋敷女」「リヴィッド」のジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ監督というので凄く期待していたんです。
しかも今回のシッチェス映画祭の上映作6本のうち、2本しか無い「R18+」ですから期待してました。

冒頭、どうやら異形の子供がいて、そいつが邪悪な存在なんだろうと思わせる場面で掴みにかかる。
またしても「屋敷女」と同じく妊婦の腹を狙うと言う悪趣味っぷり。
とりあえずこの掴みで先々のゴア描写と、「異形の魔人子供」がどんな奴なのかワクワクしました。

話変わってとある町でイタズラ放題のクソガキ3人組。
このクソガキどもが立ち入った廃墟で「恐らくあの魔人が育った姿だろう」と想像させる奴と遭遇し、何とか逃げたものの、家に押し入られて1人、また1人・・・・というパターンでした。

が!!

何だかこの「魔人」、クリーチャー的な容姿だと勝手に思ってはいたものの、色白の普通の男です。
しかも、言うほど凶悪・狂人・強靱というわけでもなく、せいぜいガキ相手にいい気になってるだけのチャチな奴なんです。
まあね、そりゃあ真っ白な体で、全裸で(チン●も映っちゃってます)来たら、ある意味怖いですよ。
でも、生死の恐怖って程でも無い。
怖さで言ったら、最後まで残るガキの母ちゃんの方がよっぽどしぶとくて強い。

そんな感じで、それほど怖くも無い白魔人とクソガキやその家族(赤ん坊含む)の鬼ごっこ的なものが延々と続くので、早々に飽きてしまいました。
飽きるだけでなく、食器洗い機だか洗濯機だかに入れられた赤ちゃんを助けるのに長時間扉を開けられない描写(最後はアッサリ開くくせに、それまで何故か全然開かないとかwww)に本当にイライラさせられる始末です。
ラストも良くあるパターンで面白くも無いし、完全に期待外れでした。
ってか、あのクソガキどもを超ゴア描写で殺戮しまくる事を期待していた自分の方がイッちゃってるんでしょう。

あ〜あ、このシッチェスセレクションから2本観たけど、やっぱり未公開には未公開なりの理由があるって事が少しは分かるような気がします・・・。残念。

◆パンフレット:販売無し

恐怖ノ白魔人
※ピンのチラシは出ていません。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH