映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>




RECOMMEND
<< 【20-051】人間解剖島 ドクター・ブッチャー ★☆☆☆☆ | main | 【20-052】僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46 ★★★★☆ >>
映画『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』公開への期待と不安
category: 欅坂46 | author: moeru-movie
いよいよ『僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46』の上映が迫っている。
9/4公開日の前日の前夜祭上映(舞台挨拶中継付)のチケットも押さえました。

この映画の公開に際して思う事を先に書いておこうと思う。
※映画レビューに書いちゃうと、肝心のレビュー部分よりも厚くなっちゃいそうなので。

この手のドキュメンタリーは今までAKBグループや坂道グループで何本も作られて来ました。
その度に「この手のドキュメンタリーはファン向け」なので、いかにファンを楽しませ、感動させ、応援のモチベーションにさせるかが大事だと書いてきました。
その中で、グループへの愛・メンバーへの愛が溢れる感動的なドキュメンタリーもあれば、ただの「記録映画」に見えてしまうものもありました。
そんな中、この欅坂の映画はどうでしょうか?
これまでのドキュメンタリーと違って、対象のアイドルグループが解散(とあえて称します)してしまう状況にあります。
しかも、キャプテン菅井は「前向きなお別れ」と言っているものの、実際は「崩壊」である事もほとんどのファンは認識しているであろう状況なので、他のアイドルドキュメンタリーとはちょっと違います。

華々しくデビューし、それ(サイレントマジョリティー)が大ヒットして順風満帆に見えた活動は、いつの頃からか崩壊への道を歩んでしまっていたのが実情だと思っており、果たしてこのドキュメンタリーがどこまでその「嘘と真実」に踏み込んでいるかがポイントでしょう。
ハッキリ言ってこの映画に「美談」よりも「真実」を求める人も多いんじゃないかな。

1つ言っておくと、自分はリセット(解散)して改名して出直すと言う事には肯定的です。
大センターの平手様抜きで欅坂を名乗っても、もう以前の欅坂には成り得ないし、一部の卒業メンバーの振る舞いでマイナスイメージもついちゃったしね。
平手は自ら「脱退」という言葉を使っているし、その他「卒業」メンバーの中でも、本当に「円満卒業」と言えるのは米さんだけで、他のメンバーは訳あり・闇を感じさせる辞め方ばかり。
そんな闇だらけのグループの内面なので、「とても表に出せない」と言う事も多いでしょう。そこにどこまで踏み込めるか?が期待と不安ポイントでもあります。

元々の公開予定日だと、まだ解散発表前だったのがコロナ延期になった今は活動終了直前となり、映画の言わんとする事も大きく意味合いが異なってきます。
きっと再編集等も大変だったと思います。(実際、追加もされたおかげで更に上映時間が長くなってる)
そんなドキュメンタリーが何を伝えるかを非常に楽しみにしていますが、1つ決定的にマズい事として、平手が某インタビューでも語っている通り、平手自身がこの映画では何も語っていない事が挙げられます。
ハッキリ言って欅坂の終了は平手が抜けたからでしょう。
その張本人が何も語らず、外野が何を語った所で真実は見えてこないんじゃないかとも思うのです。

恐らく、前夜祭イベント直後からこの映画に対する賛否の記事がSNS中心にアップされるでしょう。
自分もできれば早いうちに感想を上げたいと思いますが、「賛100%」も無ければ「否100%」も無いと思っています。
なるべく「賛」の方に傾いて欲しいですけどね。

では、明日の前夜祭を抑えているみんな、楽しみに待とう!

Documentary of 欅坂46

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:欅坂46

comments(0) | - |PAGE TOP↑ -






SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH