映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>




RECOMMEND
<< 【20-038】水曜日が消えた ★★★☆☆ | main | 【20-040】ランボー ラスト・ブラッド(ネタバレあり) ★★★★☆ >>
【20-039】悪の偶像 ★★★☆☆
category: 2020年の映画レビュー | author: moeru-movie
入場特典チラシ欲しさにチケットを買い、そのまま帰ろうか迷った悪の偶像を結局鑑賞。

市議会議員のク・ミョンフェ(ハン・ソッキュ)は、息子のヨハンが飲酒運転で人をひき殺したことを知る。
自身の政治生命が危ういと考えた彼はもみ消そうとするが、事故現場に居合わせた被害者の新妻リョナの行方がつかめなかった。
口封じをするためにミョンフェがリョナを捜す中、被害者の父ジュンシク(ソル・ギョング)も彼女が妊娠中だったことを知り後を追う。


轢き逃げを題材とした映画というくらいの事前知識しか無く、てっきり支持率の高い議員の息子が轢き逃げし、それをもみ消す(そしてもみ消される被害者家族は更に不幸に)って話かと思ったらだいぶ違いました。
冒頭のナレーションからして「いきなり何なんだ!?」と狼狽する事確実な下ネタから始まるのもぶっ飛んでますが、轢き逃げ自体はいったん「轢き逃げ」という形になるものの、完全に隠ぺいしようと言う事はなく、数日後には息子を自首させ、自らも責任を取る姿勢は見せる議員さん。
でも、その轢き逃げ現場から消えた「被害者の新妻」なる女性の存在を巡る一連の流れがこの映画の柱となっています。

もう轢き逃げの「加害者対被害者」「隠ぺいする側と何もできない被害者」という構図じゃない所に話の中心が向かう時点でだいぶ話が複雑化しているのですが、正直言って意味の分からない所が多すぎると感じたのは自分の頭が悪いだけなのでしょうか・・・??

・議員さんは腹黒っぽい所もありつつも、極悪人って訳は無いと思っていたが、急に探偵みたいな人を車でひき殺しちゃうのは何のスイッチが入ったんだ?
・せっかく拉致した女が逃げちゃうのをみすみす見逃す議員の意図も良く分からん。
・首チョンパ死体の養鶏場の男性は何でわざわざ首チョンパされたの?
・その頭をエロマッサージ店に持ってきた男って誰なの??
・あの新妻は、結局誰の子を身籠っているのか?なぜ産もうと決心してるのか?
・あんな臨月近くになってるのにエロマッサージ店に戻る女の意図は何なんだ?
・被害者父が、義娘(無くなった息子の新妻)が送還されないように結婚していたが、奥さんが居たはずでしょうに、どうしちゃったの?
・「李舜臣像の首を爆破」もやはり日本人にはピンと来ない。それを爆破する意味も動機も良く分からない。

うーむ、とにかく1回観ただけでは良く分かりません。
恐らく、映画として描かれていない(ネタだけ出しておいて回収しない、あるいは背景が全く説明されていない)部分も複数あり、何度観ても良く分からない(そこは観る人が自分で補完するしかない?)ような気もします。
他のネタバレ詳細解説の記事なりブログなりを観てから再見するのが良いのかな・・・??

◆パンフレット:720円

悪の偶像

よろしければポチっと投票お願いします。⇒


comments(0) | - |PAGE TOP↑ -






SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH