映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




RECOMMEND
<< 【20-034】仮面病棟 ★★★★☆ | main | コロナでどうなる【映画編】 >>
【20-035】一度死んでみた ★★★☆☆
category: 2020年の映画レビュー | author: moeru-movie
公開直後に一度死んでみたを観てみた。
※外出自粛のお達しが出る前の週です。

製薬会社の社長を務める父の計(堤)と一緒に暮らす大学生の七瀬(広瀬すず)は、研究に打ち込むあまり母の死に際にも現れなかった仕事人間で口うるさい父が嫌でたまらず、顔を見るたびに死んでくれと毒づいていた。
ある日計は、一度死んで2日後に生き返る薬を飲んだためにお化けになってしまう。何も知らずに動揺する七瀬は、遺言により社長を継ぐことになり、計の会社に勤める松岡(吉沢)から真相と聞かされる。


ん〜、こういうコメディ(ナンセンス・コメディ)って、本当に難しいよね。
割とすんなり笑えるものもあれば、何か自分には合わなくて全然笑えないのもある。笑いのツボなんてひとそれぞれだし、それを誰がやってるかにもよるからね。
この映画では、広瀬すずのコメディエンヌという観点では合格点と思いつつも、話としては自分にはハマらない(つまり前者ね)結果となり、平均点止まりでした。

「一流製薬会社の研究室が小学校の理科室レベル!?」「遺体をいつまでも食堂に安置!?」「2日前にゴミ箱に捨てた紙にヒントが書かれてて、それを見つけられるって出来過ぎ」「いくらなんでもあのイベントは葬式以外の何物でも無い。ホテルでやるのは無理」「金庫の鍵のパスワードも難易度高いのに短時間でアッサリ開き過ぎ!」なんて幾つものツッコミどころは看過できる(コメディに対してクソ真面目に突っ込むのもナンセンスです)けど、そうであればもっとドタバタと下らない方に倒れて欲しかったかなぁ。
更に、死んだ父ちゃんの幽霊姿が娘にだけ見えるっていう設定も今イチ膨らんで無くてもったいない。

恐らく、「けっこう面白いじゃん」と受け入れられる人と「つまんない・・」と外してしまう人で真っ二つになるであろうこの映画。
それでも広瀬すずファン(又は興味のある人)は観て損は無いかと思います。
ある程度笑いには寛容で、ツボが浅い人が観ても、ドカンドカンと爆笑できる程ではないと思いますが、軽く笑いたい人向けです。
くれぐれも真面目すぎるツッコミは厳禁ですぞ・・・。

<その他ワンポイントコメント>
・なぁちゃん(本家七瀬こと西野七瀬)がチョイ役過ぎて草
・野口聡一さんの棒読みがジワるww。
・他にも豪華すぎる(けど、どこに出てるか見逃しがち)チョイ役を見つけるのも楽しい。
・エンドロールで帰っちゃダメ

◆パンフレット:820円

一度死んでみた
こちらに告知が出ていたのを知らなかったけど、TOHOシネマズに行ったら限定タイアップチラシがもらえてラッキー♪
 ※表面は一番左の柄と共通で、裏面が真ん中の柄になっています。
 ※その表裏の違いは、ソフトバンク公式Twitterで公開・・??

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -






SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH