映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>




RECOMMEND
<< 【20-029】ヲタクに恋は難しい ★★★☆☆ | main | 【20-031】犬鳴村 ★★☆☆☆ >>
【20-030】ドミノ 復讐の咆哮 ★★☆☆☆
category: 2020年の映画レビュー | author: moeru-movie
入場特典のチラシ欲しさにドミノ 復讐の咆哮を鑑賞。

デンマーク市警の刑事クリスチャン(ニコライ・コスター=ワルドー)とラース(ソーレン・マリン)は、市内パトロール中にある殺人事件に遭遇。
クリスチャンは、犯人タルジを取り押さたが、隙を衝かれた際に、同僚ラースが重傷を負い、さらには謎の男たちに犯人を連れ去られてしまう。
拳銃の不携帯という自身のミスでラースを危険に晒したクリスチャンだったが、自身への失望と怒りから、上司からの謹慎処分を無視、同僚の女刑事アレックスと共に元特殊部隊員の過去を持つ犯人・タルジを追う。
その頃タルジは、事件の際に、米国CIAの男・ジョー(ガイ・ピアース)らに拉致され、家族を人質に、あるミッションを命じられていた―。


久々のデ・パルマ作品ですよ。
結果、随所のデ・パルマらしさは垣間見えたものの、話がクソ過ぎて入り込めませんでした・・・。

まず、主人公のクリスチャン刑事。こいつがとんでもないポンコツのダメ刑事過ぎてまずダメでした・・・。
早朝待ち合わせて出動すると同僚に約束したのに寝坊した挙句に女とイチャイチャして余裕かましたおかげで拳銃を部屋に忘れ、更に現場で拳銃が無くて困ったクソ刑事は、同僚の拳銃を借り、その間丸腰になった同僚は犯人に首を切られて瀕死状態に。
その犯人を追跡する過程で借り物の拳銃を落としてしまい、みすみす犯人を逃した上に、拳銃不携帯の責任を問われると、「車に忘れただけだ」と見苦しい嘘の言い訳。
こんなクソ刑事が主人公になっても、感情移入できませんよ・・・。
その瀕死の同僚の代わりに捜査に加わった女刑事だが、実はこの女と同僚とが不倫の関係とか・・。
奥さんは身体に障害が有っても夫を愛してるのを分かってるのにゲス不倫。どいつもこいつも何なんでしょう?
女刑事の方は、不倫相手の分際で堂々と男の病室を訪ねて死にそうな彼氏相手に涙なんか流しちゃって(直後、廊下で奥さんとすれ違うも堂々としてる)、こいつもゲスいです。

肝心の筋書きの方も、同僚を殺した(瀕死だったけど結局死んじゃう)男を追ってるはずが、いつのまにかイスラム系のテロ組織相手の話へと変わってきてしまい、何だか軸がブレてます。
(件の同僚殺害犯も、途中から髪と髭が無くなり、別人みたいになったおかげで話が良く分からなくなりそう)
かと思ったら、ラストは超が付くほどアッサリと終わってしまいます・・・。何コレ??と思う事必至。
正直、「デ・パルマらしさ」が見える演出に満足する人も多いかもしれませんが、自分は「作品自体がクソ」という思いが勝ってしまい、楽しめませんでした。

最後に、テロ組織のボスがタルジの親父の首を切るシーン。。。あれは無いよな・・。
⇒生きてる親父の首をグイっと引き寄せ、片手でちょっと力を入れて首に刃物当てる(もっとも、その局部は画面外で見えない)と、あっという間に綺麗に切り落とされた親父の頭部を手に持ってるという・・・。

◆パンフレット:600円

ドミノ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -






SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH