映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>




RECOMMEND
<< 【20-01】転がるビー玉 【先行公開・上映前】舞台挨拶 | main | 【20-022】処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビ ★★★★★ >>
【20-021】転がるビー玉 ★★★★☆
category: 2020年の映画レビュー | author: moeru-movie
2月7日の公開に先駆けて、WHITE CINE QUINTOでの先行上映で、転がるビー玉を鑑賞。

夢を追い求める愛(吉川)、瑞穂(萩原)、恵梨香(今泉)は、渋谷の片隅にある床の傾いた古い家で一緒に生活している。
悩んでもがき、笑っては泣く日々はささやかながらも幸せだった。ある日、街の再開発により家の取り壊しが決定し、3人は部屋から立ち退きを迫られる。


上映前の舞台挨拶で、監督から「起承転結があるわけでは無い」という事が語られていたが、まさにそこらへんに何人も居そうな女子の生活をドキュメンタリーっぽく描いた作品です。
こういう話(若い女子の生活っぷり)を淡々と盛り上がりも無く描かれると、オジサンにとっては退屈極まりない1本になりそうなんですが、たまーーに何故かハマっちゃう事がある。
個人的にそのツボに入ったのが石川寛監督で、「tokyo.sora」「好きだ、」「ペダル ダンス」といったあたりが何故か刺さった経験があります。

で、この映画ですが、仕事終わりで眠いという悪条件ながら、全く寝る事無くしっかりと観られましたよ。
何なんでしょう?本当にコレと言った起承転結も無いし、観終わっても決してハッピーな気分にはならない。
でも、それが妙にリアルというか生々しい所があります。

この映画に出てくる3人の女子。
みんな見た目は綺麗(かわいい)し、それなりにリア充に見えるんだけど、実際は揃いも揃ってかなり重症なくらい色々と上手く行ってない。
オーディションには全然受からず、モデルの仕事も中途半端な愛。
編集の仕事ではミスが目立ち、男は所詮セフレでしかない瑞穂。
日々路上ライブ(ヒューマントラストシネマ渋谷近くの歩道橋!)に制を出すも、観る人はほとんどおらず、いつも決まったサラリーマンだけの恵梨香。
彼女たちは、キラキラ輝く宝石じゃなく、瓶詰されたビー玉(しかも欠けてる)でしかない現実。でも生きて行かなきゃいけない。
特に印象的なのが愛で、ランニングも毎日して食事も節制してストイックな生活を送ってるんだけどオーディションで「あなたの強みは?」と聞かれても何も答えられない無力さと、モデル仕事の現場でも「死ぬ気でやってるの?」と言われても俯くことしかできない弱さ。
まさに明日なんて全然見えない状況で、メンタルも崩壊寸前(いや、ちょっと崩壊してた)まで追い込まれている。

そんな3人が同居していた部屋を引き払い、新たな所に引っ越す。
その過程で、瓶詰めされていたビー玉を床に落として割ってしまい、ビー玉はあたりに弾け飛ぶシーンは象徴的に見えます。
舞台が渋谷だけに、渋谷の映画館で観ているとライブ感が少し増しますが、いったいあの3人はこれからどうなっていくのでしょうか?自分の夢の舞台で弾け飛べるでしょうか?
リアルな渋谷の街を見渡せば、愛や瑞穂や恵梨香はあちこちに居るような気がします。
オチは無いので、決してスッキリとはしませんが、何をやっても上手く行かない女子は共感できるのではないでしょうか。

それでは主役3人娘についてワンポイントコメントを。
吉川:まだ数年前は「吉田里琴」の面影があったが、ここでは美人のお姉さんに成長してました。芝居は安定の上手さです。
萩原:このブログでも出演作を観るたびにピックアップしていた管理人注目の子です。とにかくこの映画ではハマってます。「ハローグッバイ」も良かったけど、こちらも良いです。
   ちなみに、直接の絡みは無かったと思うけど、吉田里琴時代の吉川愛とは「ルームメイト」(2013年・深田恭子/北川景子)でも共演してます。
   更に、編集社で怖い先輩だった冨手麻妙とは「人狼ゲーム クライジーフォックス」(2015)で共演してますね。
今泉:まだまだ芝居は拙いけど、ミュージシャン志望という役柄は本人と重なって自然に見られた。この映画では、他の2人に比べるとインパクトは落ちるか。

ところでこの映画の上映館のWHITE CINE QUINTOは、去年の11月にオープンして以来初めて行ったが、前の座席との間隔も十分でカップホルダーと肘掛も両側についてる(隣席と共用ではなく自席用)し、全体的にゆったりとして良劇場でした。
出だしで少々映写トラブルがあった(まあ騒ぐほどのもんじゃない)のは今後の改善事項でしょう。
舞台挨拶も近くでよかったですよ!

◆パンフレット:880円

転がるビー玉

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -






SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH