映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>




RECOMMEND
<< 【20-016】ラストレター ★★★★☆ | main | 【20-018】ビューティフル・カップル 復讐の心理 ★★☆☆☆ >>
【20-017】シグナル100(ネタバレあり) ★★★★☆
category: 2020年の映画レビュー | author: moeru-movie
フリーパスが切れそうなので、朝イチからシグナル100を鑑賞。

担任の下部(中村)が、樫村怜奈(橋本)ら36人の生徒に催眠をかける。
それは遅刻をする、涙を流す、スマートフォンを使うといった日常の100の行為を合図に自殺をさせるというもので、暗示はクラスメートの死から解くしかない。
次々と生徒たちが死んでいく中、追い込まれた者たちは本性を露わにする。


まず最初に、自分はこの映画を観る前から、単なる「B級サスペンスアイドルホラー」としか思っていませんでした。
そんなに素晴らしい脚本だとか絶妙なCGとか、そんな事は求めていません。
橋本環奈らカワイい子たちがどんな死に方・殺し方をするのか、そういった「特筆すべき点」があって、なおかつ少しでも怖ければ充分だと言う低すぎるハードルだったのです。

話自体は、誰もがイメージするであろう「バトル・ロワイアル」風でもあり(先生が生徒に向かって殺し合いをさせるシチュエーション)、「人狼ゲーム」風でもありで(最後の1人になるまでゲームは終わらない)、オリジナリティはありません。
ロケーションも人狼ゲームと同じく限られた空間(学校内)だけでロケ代とか衣装代はかかっておらず、尺も90分未満ですからね。
キャストの年齢層、及びターゲット的にはやはり高校生前後であろうと思わせておきながらもR15+というレイティングなのも少しは期待持ってました。

今回は主役となった橋本環奈ですが、サブには恒松祐里を据えているし、その他共演者の中には元乃木坂の若月の名前も見える。
他にもチラホラ知ってる女優さんも居て、キャスティング的には申し分ないが、どう考えても橋本環奈が生き残るとしか思えないのはマイナスです。
実際、橋本演じる樫村が最後に生き残るのですが、思い返すと、生き残るために特に何かしたと言う印象は薄く、何か気が付いたら残ってた的な「頭のいいバトルロイヤルの戦い方」みたいな展開は残念なところです。
と言うか、全編通して、ただ次々とスピーディーに人が死んでいく事が中心となってしまい、100のシグナルを解明する過程とか、自分が生き残るための心理的な駆け引き・ドロドロな腹黒さが薄味だったのは頂けません。

ただ、冒頭でも書いた通り、元から自分はそんなもの期待していませんでしたよ。
ひたすら「インパクトある死に方」を求めていたわけです。
そういう意味では、「飛び降りる」とか「首を吊る」というようなインパクトの無い死に方以外の描写はまずまず満足できるものでした。
特に、けっこう生き残れるフラグが立ってたと思われた若月がインパクトのある死に方で早々に姿を消したのは、いい意味で唖然としたし、「きっと恒松VS橋本の対決になるのかな?」と、対抗としてマークしていた恒松祐里も、ラスト前でインパクトのある死に方をしてたのは満足できました。
実際の映画のラストは自分としてはクソでしたが、ほかにもボンベを咥えてガス出して頭が木端微塵とか、チンコ握りながら死亡とか(恥ずかしいwww)、それなりに楽しみましたよ。

と言う事で、ツッコミどころも多いし、話の内容も「何ソレ??」な所が目立つし、難はありますが、「B級ホラー」と割り切って観ればそれなり以上です。
もっと橋本環奈が血まみれとか、橋本環奈が腹黒いとか、橋本環奈が「ホントに!?(松田この風)」って程酷い目に遭うか、何か予想の上を行く描写があれば満点行ったかもしれませんが、まあ今回はこんなもんでしょう。

それにしても若月wwwwある意味、あの「出オチ感」はたまらなかったよwww

◆パンフレット:850円(ネタバレ頁封印シールあり。生徒全員の座席位置と演者紹介はGood!!)

シグナル100

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -






SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH