映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>




RECOMMEND
<< 【20-011】フューリーズ 復讐の女神(少しネタバレ) ★★★★☆ | main | 【20-013】記憶屋 あなたを忘れない(ウルトラネタバレ) ★★☆☆☆ >>
【20-012】フィナーレ "そいつ"が見えたら、終わり。 ★★☆☆☆
category: 2020年の映画レビュー | author: moeru-movie
昼は未体験ゾーン、夜はのむコレと言う事でフィナーレ "そいつ"が見えたら、終わり。を観てみた。

ガソリンスタンドで夜勤をしていたアグネスは、同僚のベリンダと暇を持て余していた。
しかし、奇妙な来客が現れたことをきっかけに、彼女たち の周りで次々と不気味な出来事が発生。恐怖に脅える二人は謎の人物にさらわれてしまう。
廃墟で目を覚ましたアグネスの前には、ピエロの格好をした"リングマスター"と名乗る 男が...。


原題は「Finale」です。
明らかに「あの映画」から頂いたとしか思えない副題は蛇足ではありますが、未体験ゾーンでも「ドント・イットTHE END “それ”が現れたら、終わり。」なんていうもっと凄いパクリタイトルが堂々上映されますからね・・・。

それはそうとして、この映画も「ホステル」ばりの「拉致拷問」系の映画に分類されます。
1本前の「フューリーズ」同様に、お金持ちの道楽に見せるための「ショウ」として拷問するんですが・・・・この映画を「フューリーズ」の後に観たのはこの映画にとってアンラッキーでした。
だってゴア描写は薄く、せいぜい「顔面ホチキス留め」「乳首に安全ピンで名札付け」くらいじゃないですかね。
あとは普通に殴るくらい?あ!ガスバーナーで火炎攻めもあったか・・(それなりにあるじゃねーかww)
でも、言うほど痛々しくは無いように見えちゃう。
あのねー、乳首に針刺すなら、「乳首」に刺さないと痛みは伝わらないのよ。
あの悪名高きグロテスク邦画のそのものズバリ「グロテスク」なんかは、ホントに乳首の突起をハサミで切り落とすのよ。
なのに、この映画は乳輪の端から刺して、少し距離を空けた先から出してるだけなんです。(「だけ」って・・ww)
それじゃあ全く目を背けるというレベルに達しないんですよ。(我ながら危なすぎるドS発言だな)

で、椅子に拘束して折檻しているという状況から、何故か反撃されて色々と壊されて逃げられて・・・って、このピエロ男が何気にポンコツなのもB級ならでは。
結局、拉致されるまでにガソリンスタンドでの「何か変な人が次々とやってくるけど、その場は大事にはならない」というシーンから、拉致された後もたびたびガソリンスタンドでの回想シーンを挟むので、拷問が始まるまでにすっかり興味が失せてしまいました。
これがもっとカワイイ子ならまた違った高揚感があるんでしょうが、被害に遭う女子はいずれもアラサーなので、何かビミョーですよ。

と言う事で、生ぬるい拷問映画は退屈なだけです。
もっと製作者は腹を括って弾けて欲しいけど、デンマークだと何か難しい事があるのかな・・・??

◆パンフレット:販売無し

フィナーレ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -






SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH