映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>




RECOMMEND
<< 【19-093】カツベン! ★★★☆☆ | main | 【19-095】男はつらいよ お帰り 寅さん ★★★☆☆ >>
【19-094】FOR REAL−戻らない瞬間、残されるもの。− ★★★★☆
category: 2019年の映画レビュー | author: moeru-movie
毎年観ているベイスターズ映画のFOR REAL−戻らない瞬間、残されるもの。−を今年も鑑賞。

(鑑賞から日が経った事もあり、ちょっと短めです)

昨年の「FOR REAL」は、個人的には全くダメな内容でした。ネガティブで突き放すような冷たい内容にウンザリでした。
「ぜひ来年の「FOR REAL」は、きちんと作品コンセプトを定めて、多少なりとも演出を入れ、ファンを涙させ歓喜させるものになる事を期待します」という言葉で締めましたが、今年は結果から言うとファンも満足できる内容だったと思います。
この手のドキュメンタリーだと、AKBや乃木坂のドキュメンタリー同様に全員を幅広く取り上げる事は不可能です。
そうなると、今年のベイスターズは、今シーズンを最後にチームを離れる筒香中心になるのは仕方ない。
それ以外のメンバーも何人かピックアップされているが、それが石田・今永・康晃・乙坂・柴田と言うのは面白い人選で良かったと思うよ。
彼らを掘り下げる事で「ただ1年の出来事を時系列に繋ぎました」みたいな去年のドキュメンタリーとは明らかに違う作風になり、既視感が薄くなったのがプラスです。

そして最後の筒香の涙ながらの挨拶。場内の多くのベイスターズファンの涙を流させる良い場面でした。
「ただのベイスターズ1年の回顧」という視線で見れば、あのCS1戦目のクソ継投が1年をぶち壊した点は少しはピックアップしたい所だが、それではネガティブな内容になってしまう事もあり、実にサラっと流しているのもこのドキュメンタリーとしてはむしろ良かったかと。

そして来年は「筒香の抜けたベイスターズ」が始まる。
でも、チームも来年のドキュメンタリー映画も、ぜひ変に筒香を引きずって欲しくない。
新しいキャプテンには佐野が決まったが、筒香の真似をするのでなく、佐野のやり方で回りの選手と協力してチームを強くして欲しい。そんな思いでいっぱいです。
ぜひ来年のドキュメンタリー映画も「単なる記録映像」でなく、今回のように心に刺さる映画にして欲しいと切に願います。

◆パンフレット:1000円

FOR REAL

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | - |PAGE TOP↑ -






SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH