映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>




RECOMMEND
<< 【19-060】VAMP ★★☆☆☆ | main | 【19-17】『夏のホラー秘宝まつり2019』開幕式+『シオリノインム』舞台挨拶 <開幕式編> >>
【19-16】VAMP 【上映後】舞台挨拶
category: 2019年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
キネカ大森で開幕した「夏のホラー秘宝まつり2019」からVAMPの舞台挨拶に行ってきたよ。

■会場:キネカ大森
■座席:A列
■MC:岡崎さん
■登壇者:中丸シオン、高橋真悠、小中和哉監督

マスコミはこの後の開幕式に入るからココはノーマスコミなんだろうなぁ・・とは予想していながらも、まともにメモを取ってなかったので、超ダイジェストでお届けします。
※監督と中丸さんの「ウルトラマンネクサス」からのお付き合い的な話はバッサリとありません。

(監督は赤シャツ?)
監督「シオンさんが赤縛りにしようと言ってたのに、赤が少ないな・・」
中丸「爪と唇が赤です」
高橋「魔女の宅急便みたいにしてます」

(高橋さんとは初めて?)
監督「アイドル時代に会った事があったし『西の魔女が死んだ』も観てました。NHKの再現ドラマでも会った」
(ギャップがある役でした)
高橋「頭で考えても追いつかない。自分の人生では想像できない役ですが、現場で目の前の事に集中してました。役作りと言うより皆さんに作ってもらいました」
監督「現場に入った時から美以那でした。撮影期間中は抜けていなかった。シオンさんも入り込むタイプだけど高橋さんはそれ以上」
中丸「アクションやラブシーンはカットがかかっても抜けなかった。でも信頼してたのでずっと役になりきってました」

(エロ、ホラー、アクションともりだくさん)
監督「ラブストーリーでもあります。肉体的な事までやろうと腹を括っていました。肉体的な事をやると色々見えてきました」
中丸「朝から始まって夜の12時を回っている事もありました」
高橋「私は不安でした。でもシオンさんと2人きりの時間があったのですが、その時に不安と言ってたのを聞いて安心しました。同じ気持ちなんだなぁと・・。信頼しきっていたので、一緒に不安で挑もうと思いました」
(女性同士というのはどうでしたか?)
中丸「美以那と苓は性別を超えて不思議な結びつきがあるので、傷を埋め合う行為がやれてよかったです。私は今まで女性との方が多いのですが、また頂いて・・・」
高橋「身を任せる方だったので、シオンさんの方が大変だったと思う。カットがかかると私の体を先に隠してくれるんです」
中丸「私はスッポンポンでww。一度やっちゃうと爽快感あって涼しいです」

(最後にメッセージを)
監督「脚本の兄と2人でやりたい事をやろうとして成立した。お客様には感謝です。これから映画祭にも出して育てていきます」
中丸「2年前に話を頂いて、この日を迎えて今日緊張して感無量です。VAMPをここまで持ってきたスタッフに感謝します」
高橋「この作品には凄い思いを抱えて挑みました。東京の上映はここですが、もっと色んな所に広まればいいな」

と言う事で終了です。

内容薄くてすまん・・・。
高橋真悠は劇中と違い、可愛らしかったです。
またどこかでお会いしましょう。

◆中丸シオンの舞台挨拶後ツイート

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994681
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH