映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>




RECOMMEND
<< 【19-052】凪待ち ★★★☆☆ | main | 【19-054】チャイルド・プレイ ★★★★☆ >>
【19-053】ポラロイド(少しネタバレあり) ★★★★☆
category: 2019年の映画レビュー | author: moeru-movie
「謎のカメラで撮られた人に死が・・」というありふれた話と知りつつポラロイドを鑑賞です。

高校生のバード(キャスリン・プレスコット)は、アルバイト先のアンティークショップで古めかしいポラロイドカメラを見つける。
SNS世代の彼女たちにとってレトロなカメラは新鮮で、さまざまな写真を撮るが、被写体の友人たちが次々と死んでしまう。
バードは、友人が死んだ理由がポラロイドカメラにあるのではないかと考える。


この手の話は今年も未体験ゾーンで「シャッター 写ると最期」なんてのが公開されてるし、目新しくも無いのですが、その「シャッター」がまあまあ個人的には面白かった事もあり、今回も平均点程度の期待はありましたが、結果的になかなか手堅くまとまった面白い作品でした。

問題のカメラは殺人犯である主から押収した品と言う設定。
その殺人犯の怨念がカメラに宿って・・・というシチュエーションは、監督でもあるラース・クレブバーグがリメイクを手掛けた、日本では同日公開でもある「チャイルド・プレイ」(のオリジナルの方ね)にも通じるものがあります。
その殺人犯シチュエーションも、犯人の娘がイジメに遭い、更に恥ずかしい写真をばら撒かれた事を苦に自殺した事に端を発し・・・と思いきや、終盤にはそれを覆す真実(と思いきや、結局何が真実かはハッキリとは結論付けられない)など、意外としっかりと謎解きが描き込まれています。

そして問題の写真。
普通だと「撮られたらアウト」なんだけど、この写真は写るだけだとまだ「リーチ」で、その写真に犯人の「影」が入り込むと「ロン」になるというもの。
この「影」は移動し、一度影に写られると逃げられないというものなので、どこか「ファイナル・デスティネーション」みたいな面白さもあります。
「じゃあ写真焼いちゃえ」なんてしようものなら被写体がガチ炎上し始めるし、どうしようもないのです。

そんな感じでストーリーは思ったよりシッカリとしていた印象ですが、その分ホラー度はさほど高くないです。
むしろ「音で驚かす」のが目立っちゃって、グロ度も低く、ホラー初心者向けと言えるでしょう。
まあ、最終的にはクリーチャー的なオバケが実像化して出て来ちゃって、何かB級度が増してしまいますが、まあ一応盛り上がってたからいいでしょ。

はい。上映時間も90分弱だし、未体験ゾーンばりのB級ホラーと思って観れば割と楽しめます。
適度に突っ込みつつ、ソフトなホラーを楽しんでみてはいかがでしょうか。
自分はこの後は当然「チャイルド・プレイ」も観ますよ!

◆パンフレット:超小型で850円

ポラロイド

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994670
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH