映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>




RECOMMEND
<< 【19-12】ホットギミック ガールミーツボーイ 【上映後】舞台挨拶 | main | 【19-049】今日も嫌がらせ弁当 ★★★★☆ >>
【19-048】ハッピー・デス・デイ ★★★☆☆
category: 2019年の映画レビュー | author: moeru-movie
いかにもB級ホラー!って感じのハッピー・デス・デイを観てみた。

毎晩飲んだくれながら、さまざまな男性と関係を持つ大学生のツリー(ジェシカ・ロース)は、誕生日を迎えた朝にカーター(イズラエル・ブルサード)のベッドで目を覚ますが、1日の出来事をすでに経験したような違和感を抱く。
そして1日が終わるとき、マスクをかぶった何者かに殺されてしまう。しかし目を覚ますと、ツリーは再びカーターの部屋で誕生日の朝を迎えていた。


「同じ日を何度も繰り返す(その度に殺される)」「マスクを被った殺人鬼」という既に使い古されたネタを組み合わせたお手軽な話だが、ゴリゴリのホラーと言うよりも、どこかお笑い混じりな所もあるライトなホラーです。
その大きな要因は、主人公のおネーちゃんが頭の悪そうな、お股の緩そうな、酒癖・男癖の悪い・・というしょうもない女なんです。
で、何度も同じ日を繰り返し、何度も殺されてまた戻ってくる。
戻ってきても肉体的なダメージは無さそうだけど、さすがに「殺される為に毎日同じ朝を迎える」ってのは嫌なものですよね。

って事で、犯人を捜して事件を解決させて「明日」を迎えようとして何度も何度も同じ日を繰り返す(って事は、なかなか犯人撃破に行きつかないという事なのだが)わけだが、まあ最後は「意外な犯人を発見!」って事で綺麗にオチがついているので、まずまずスッキリと観る事ができます。
もっとも、「何でループするのか」については一切触れず。まあ「そういう話だからさ」という事で、SF映画じゃないんだからタイムリープのからくりには触れる必要は無いでしょう。
ただ、「そんなに殺されたくなきゃ遠くに(それこそ人気の無い荒野の果てみたいな所)に避難すりゃいいのに」と思っちゃった自分はまだまだ未熟者です。
(実際、車で逃げようとしてもダメだったしね)
ところで、毎日繰り返される朝だけど、1回だけ主人公女が何のヤケを起こしたのか、全裸で校内を歩き回るという描写は全く意味が分かりませんでした。

最後に、エンドロール後には、7/12から公開される続編の予告編が流れます。
今度もまたちょっと違った形で「殺される毎日のループ」が描かれるようなので、また観てみたいと思います!

◆パンフレット:販売無し

ハッピー・デス・デイ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994665
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH