映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>




RECOMMEND
<< 【19-034】映画 としまえん ★★☆☆☆ | main | 【19-036】愛がなんだ ★★☆☆☆ >>
【19-035】ハロウィン ★★★☆☆
category: 2019年の映画レビュー | author: moeru-movie
何度目のハロウィン!?と思いつつ、ホラー好きとしては観ないわけには行かないハロウィンを鑑賞。

1978年のハロウィン。精神科病棟を脱走し凄惨な殺人事件を起こしたマイケル・マイヤーズは、「ブギーマン」と呼ばれ恐れられた。
唯一生き延びたローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)は、病院に収容された殺人鬼が再び現れることを想定しその時に備えていた。
そして事件から40年後のハロウィン前夜、精神科病棟から患者を移送する車が事故を起こし、マイケルは逃亡してしまう。


ハロウィンと言えば、もちろんオリジナルのカーペンター版は観ているし、ロブ・ゾンビ版のハロウィン&ハロウィンIIも観ていますが、今回の作品は、カーペンター版から40年後という「正統派の続編」と言えるでしょう。
そうなると、もちろんオリジナルのローリー役のジェイミー・リー・カーティスが登場という事ですが、40年後というだけあって、役柄は「お婆ちゃん」です。
でも、老けこんでいる訳では無く、端から見れば「ちょっと頭がアレな婆さん」に見えても、内面はいまだにマイケルと対峙する時に備えて気を抜いていない戦闘的な婆さんです。
そんな婆さんと娘、孫娘と3代に渡ってマイケルに狙われる事になりますが、話としては完全に「マイケルVSローリー」の1点に絞られます。

でもねぇ・・・これってジェイソンもそうなんだけど、もはや不死身設定モンスターなだけに、どれだけ完勝しようとも、絶対に「完全勝利」にはならない事が分かっているので、オチが見えてる話を見せられている気がして、今いちハラハラ度合いが上がってきません。
マイケル自身がマスク以外の個性が無いのも話が広がらない要因の1つと思うのですが、あまりいじっちゃうと、もはやマイケルでは無くなっちゃうし、長く続く定番シリーズ故のジレンマがあります。

とは言え、クライマックスのローリー家でのマイケル対決はそれなりに見所はあります。
普通ならあのラストなら今度こそマイケルの息の根を・・・と思えるんですが、やっぱりそうは行かない・・のか??と、観る人が想像するのがいい展開ですかね。
ここまで来たら、更なる続編は厳しい(話に変化が付けにくい?)と思いますが、果たしてどうなるマイケルの行く末・・・。

それにしても、この映画といい、予告編で流れた「チャイルド・プレイ」と言い、ホラー映画も頭打ちでリメイクが多くなってきてしまうのですかね??
まあ、それはそれで一通り見てしまうのがホラー好きの自分の性なんですけどね。
(他にもそういうホラーマニアはたくさん居るはず)
リメイクはいいですけど、何かちょっとでも現代版ならではの要素を入れて欲しいと思いながら「チャイルド・プレイ」は楽しみにしております。

◆パンフレット:800円

ハロウィン

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994644
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH