映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>




RECOMMEND
<< 【19-028】フォルトゥナの瞳(ネタバレあり) ★★★☆☆ | main | 【19-030】君は月夜に光り輝く ★★★★☆ >>
【19-029】翔んで埼玉 ★★★★☆
category: 2019年の映画レビュー | author: moeru-movie
当初は観る予定は無かったが、話題になり過ぎているので翔んで埼玉を観てみた。

東京都民から冷遇され続けてきた埼玉県民は、身を潜めるように暮らしていた。
東京都知事の息子で東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂)は、容姿端麗なアメリカ帰りの転校生・麻実麗(Gackt)と出会い、惹かれ合う。
しかし、麗が埼玉出身であることが発覚し……。


「埼玉ディス」が話題になっているこの映画。確かに基本的には埼玉をバカにしたり卑下したりするナンセンスコメディだ。
だがコメディ一辺倒という事でも無く、少々のロミオとジュリエット的恋愛要素(但し、二階堂&Gacktは共に男設定なのでBLになってしまうが)と、土地をめぐる戦争映画要素もあり、全体通して飽きさせない話になっている
もっとも、それが故にちょっと散漫に感じる所も無きにしもあらずだったので、観ている側としてはもっと埼玉ディス笑いがあっても良かったと思うのは贅沢だろうか。

それでも満点付けなかったのは、自分は神奈川人だからですよ。
この映画の楽しめる度で行くと、圧倒的に埼玉県人で、次いで千葉県人、群馬県人、そして東京都民が来て、映画的には神奈川はどうでもいい扱いとも思えてしまったんです。
もちろん関東一円の県を満遍なくネタにしてたら、それこそ散漫になるので止めた方がいいのは分かっているけど、埼玉県人ほど楽しめないのは事実でしょう。
ディスだ何だと言われても、「埼玉の良い所」なんかもさりげなく描かれているだけに埼玉県人には見所十分でしょ。
(逆にディス一辺倒なのは群馬だと思うんですけど)

その他の見どころとしてはパネルで登場する埼玉千葉出身のオールスターの面々。
こういう馬鹿馬鹿しい事にも協力して(無断で出してるわけ無いもんなww)いる所が「馬鹿馬鹿しい事を全力でやりきる面白さ」という映画全体の空気感にマッチしてて面白かったですよ。
あとは、はなわの歌うエンディング曲ね。満員の場内誰も帰る事無く聞き入ってたからね。素晴らしい。

そんなわけで、「ダ埼玉」と馬鹿にされてた埼玉がテーマだからこそ成立する話でしたが、まだまだ埼玉出身の有名人や名物・名所、そして馬鹿にする所もいっぱいあると思うので、スピンオフ的にどこかで何か作られるといいな・・・

最後に・・・「壇ノ浦百美」は、どう見ても「二階堂ふみ」にしか見えず、BL要素が消えてるぞ!!

◆パンフレット:720円

翔んで埼玉

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994636
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH