映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>




RECOMMEND
<< 【18-088】検察側の罪人 ★★☆☆☆ | main | 【18-090】オーシャンズ8 ★★★☆☆ >>
【18-089】SUNNY 強い気持ち・強い愛 ★★★★☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
年代的にはちょっと自分とずれてるけど、1990年代を懐かしみたい事もありSUNNY 強い気持ち・強い愛を鑑賞。

夫と高校生の娘と暮らす40歳の専業主婦、阿部奈美(篠原)は、日々の生活に空しさを感じていた。
一方、独身で39歳の社長・伊藤芹香(板谷)は、ガンで余命1か月を宣告されてしまう。
およそ22年ぶりに再会した芹香にもう一度みんなに会いたいと告げられた奈美は、ある事件が原因で音信不通になった仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーを捜そうとする。


元は2011年製作の韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」という事は観る直前まで知りませんでした。(当然オリジナルは観ておりません)
でも、韓国オリジナル→日本リメイクっていうパターンは意外と「アタリ」も多いので期待しておりました。
結果、この映画も筋書き自体はベタベタですが、終始飽きずに楽しめました。

物語は現在と1990年代中ごろを行き来する形になっているが、何よりもSUNNYの面々のキャストがイイ感じに顔が似ている(篠原&すずは除く)ので、とても話が分かりやすいです。
特に「恋は雨上がりのように」でも印象的だった山本舞香のリーダーっぷりが板についており(本来であれば22年後は真木よう子だったが、降板で板谷に交代。真木なら顔似度も上がってたかも)、仕事も順調でだいぶ稼いでいる事は伺えるが、もうすぐ死にそうというのに家族や友人、会社関係の人が一人も登場しないという孤独っぷりが悲しくなる。
そんな芹香を病院で見つけてしまう奈美という展開は偶然にも程があるとも思えるが、まあ物語を始める為には仕方ないでしょう。

そんな1990年代での広瀬すずですよ。
この映画では、「ダサかわいい」&「田舎者」でありながら、「こんなに学校中がギャルだらけなのかよww」ってくらいギャルだらけ(メイクとか服装とかは確かに居る居るだけど)の学校に転校してくるわけですが、関西人設定という事もあり、やる事がけっこうコメディ仕立てになっております。
まあ、やり過ぎだろってくらいの変顔も見せてるし、本人は一生懸命ですよ。
だけど、例えばお婆ちゃんのダサいセーター着るとか、お昼の弁当にお好み焼き(その後に投げつけるシーンで、そのお好み焼きはご飯の上にオンされていた事が分かる)とかのシーンは、場内はそこそこウケてたかもしれないけど、個人的にはスベってる感じでちょっと減点でした。

で、その時のギャル友軍団が「SUNNY」と名付けられたチームになる訳ですが、このチーム名の由来が、意外とアッサリと「このJK軍団がたむろしていた教室の陽当たりがいいから」みたいな事で落ち着いちゃうんですが、いやいや、そうじゃなくて、シンプルにSerika(芹香)、Ume(梅)、Nana(奈々)、Nami(奈美)、Yuuko(裕子)でいいだろ!と思ったが、よく考えたら、そのチーム名の名付け親のShin(心)が入らなくなっちゃうのか・・。
オリジナルでは、往年のディスコソング名曲の「SUNNY」から取ったみたいなんだけどね。何かこっちは今イチしっくりせずでした。

でも、SUNNYの面々を集めるにあたって、それぞれけっこう極端な人生を歩いている人が多い(奈美がやっぱり地味で堅実な人生を送ってたのね)のがドラマの枝葉になっているんだけど、色んな意味で目立つのが池田エライザですよ。
まあ、はっきり言って美少女っぷりが際立ってるし、この映画では特に「武器」として使いどころは無かったけど、あの顔で乳も巨大ってんだから恐ろしいです。
何せ1人だけ「22年後」も池田本人ですからね。(池田エライザの22年後が務まる40代の女優は居ないよね)
しかし、さんざん「奈々だけは行方知れず」で引っ張っておきながら、ラストで普通に登場したのは拍子抜けでした。

と言う事で、内容的には笑って泣けてという事で高得点なんですが、個人的には音楽と踊りがアンマッチな所があったように感じた所が減点でした。
『LA・LA・LA LOVE SONG』に乗せてヒップホップダンス?とか、そもそもタイトルの副題になっている『強い気持ち・強い愛』って、そこまで流行った(しかもダンス曲でも無いだろ?)か?とか、そのへんは個人的には疑問でした。
アムロをはじめとした小室音楽全盛っていうのはその通りなんですけどね・・・。

最後に、この映画でもう1人印象的なキャストが居ました。
それが鰤谷(ぶりたに。スゴイ苗字ww)役の小野花梨ちゃんです。
対芹香、対奈々、対奈美・・と色々と見せ場も多く、限界突破した芝居だったのにパンフ等で取り上げられていないのが残念です。
今後、違う映画でまた存在感を見せつけてくれる事を期待します!

◆パンフレット:720円

SUNNY 強い気持ち・強い愛

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994557
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH