映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>




RECOMMEND
<< 【18-086】SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班 ★★★★☆ | main | 【18-088】検察側の罪人 ★★☆☆☆ >>
【18-087】AKIRA ★★★★☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
普段アニメは観ないのに、30年前に観ていた事もあり、久々にAKIRAを鑑賞してみた。

第三次世界大戦によって廃墟になった東京だが、2019年には復興も進められネオ東京として蘇っていた。
そんな中、職業訓練生の鉄雄は友人の金田たちとバイクを飛ばしていた所、突然現れた奇妙な子供に驚き事故を起こす。そして鉄雄は軍に連れ去れてしまう。
実は軍部は子供の姿のままのエスパー実験体を研究しており、先の子供のその内の1人だったのだ。
そして鉄雄も同様に実験体となり、恐るべき超能力に目覚めてしまう。その力は、かつて余りの危険さゆえに封印されたエスパーアキラに匹敵し、その封印をも解き得る程だった。


何だか凄い話です。
2020年の東京オリンピックを控えた2019年が舞台・・・っていう話は遠い未来だと思って観た1988年。そして現在2018年になり、東京は廃墟にはなっていないものの、オリンピックはまさに開催の運び。うーむ、何と言う予見性。

そんな映画ですが、当初の公開当時も「何か凄い勢いあるなー」「腐れヤンキーの暴走族話な割には格好いいな」「作画もけっこう細かく描き込まれているな」と感心する一方で「で、この話は何?」「勢いで見せられるけど、よく考えると何言ってるかサッパリ分からん」という思いがあったのも事実。
当時はまだ若かったから分からなかったけど、今観れば色々と発見があるかしら?と思って観ました。
まあ、もう既に1988年鑑賞時の記憶なんて殆ど失われているからね。またゼロから観ているものでしたが、結果として、やっぱり良く分かりませんでした。
オチも何が何やら・・・って感じで、決して「つまんね〜」とは思わないものの、「?」が脳内に渦巻く結果となりました。
この手の映画は、深読みしてその奥にある真意をつかむ事で達成感を得るという楽しみ方もある一方で「"Don't Think. Feel!"」とばかりに雰囲気は感じてとりあえず満足しておこうという割り切りも大事だと思うのですよ。
ホラー映画で再三「話の筋よりも、とりあえず怖けりゃいいじゃん」というのもまさにこの理屈に沿った考えなんですよ。

で、やっぱりこの「AKIRA」は、作画の良さも評価の1つだと思うのです。
現在では実写でもアニメでもCGバリバリですが、この頃のアニメはまだアナログな感じであるにも関わらずクオリティは高いです。
改めて書きますが、1988年のアニメですよ。30年前ですよ。ギリギリ昭和ですよ。携帯もパソコンもインターネットも無い時代のアニメですよ。それでいてあのクオリティ。
そりゃCGと比べれば粗い所もあるかもしれない。でも、昭和のアナログアニメとして観ると、やっぱり凄いです。

そんなわけで、話が分かって無いにも関わらず平均点以上なのは、やっぱり勢いで見入ってしまう点を評価しました。
アニメをほとんど観ない自分が何故公開当時にこの映画を観たのか?
それは1人の知り合いの美少女が何故か自分をこの映画に誘ってくれて、何故かデートしてしまったからという人生3大不思議エピソードだからなんです・・(; ̄Д ̄)
すんません。どうでもいい話でした・・・。

ちなみに、上映館である「目黒シネマ」では「幻魔大戦」と2本立てでしたが、幻魔の方は時間の都合で観ずに退館。ちょっと残念でした。。。

◆パンフレット:販売無し

AKIRA
※このチラシ(入場者に配布)欲しさに観に行ったのが正直なところです。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994555
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH