映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>




RECOMMEND
<< 【18-084】カメラを止めるな!(2回目) ★★★★★ | main | 【18-086】SHOCK WAVE ショックウェイブ 爆弾処理班 ★★★★☆ >>
【18-085】エクストロ ★★☆☆☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
カリコレで唯一「必見!」と楽しみにしていたエクストロを鑑賞。

田舎の山荘で遊んでいたサムと一人息子のトニーを襲う謎の光。それ以来サムは姿を消し、トニーは突然消えた父の悪夢に苛まれていた。
3年後、山中に墜落したUFOから現れた奇怪なエイリアンは、近くに住む女性を襲うと彼女の体内に何かを産みつける。やがて女性の体を引き裂いてひとりの成人男性が誕生。それは紛れもなく3年前に消息を絶ったサムだった。
我が家に向い、最愛のトニーと再会を果たす新生サム。そんなサムの姿に、不審の目を向ける妻のレイチェル。果たしてサムの正体は? そしてその目的は何なのか?


1982年に大ヒットしたSF映画「E.T.」に便乗して(タイトルからしてE.T.のパクリ)ニュー・ライン・シネマが製作した知る人ぞ知る珍妙なSF映画です。
物語の掴みは、ある日突然田舎町の父子の所に現れたUFOに父を拉致されるシーンから始まります。
真昼間に犬と戯れる父子ですが、父が放り投げた棒っ切れが光に包まれ、あっという間に真っ暗闇という場面は「2001年宇宙の旅」の冒頭すら連想されます。
そんな「父失踪」がトラウマとなり、3年後の今でも悪夢にうなされる息子ですが、母親はちゃっかり新しい若い彼氏を作っちゃって「大丈夫よ」なんて言って息子にキスしますが、キスされた頬をすかさず手で拭う息子はパパ派でした。

そんな中、再び光る飛行物体が飛来し、1匹のクリーチャーが地球に降り立つ。
このクリーチャーが「ブリッジみたいな「逆四つん這い」みたいな体勢の変な造形」なのが1つのツボ。

エクストロ クリーチャー

やがてクリーチャーは1人の女を襲い、女の股間に触手から何かを注入。女は瞬時に妊娠・臨月・そして出産します(笑)
そして生まれたのは、何と失踪していた父。ってか、あんな成人男子(っていうかオッサン)を出産する女ってすげーな〜ww(当然、お股が裂けたのが理由か何か知らんが絶命しています)
ちなみに、クリーチャー本体の方は、父が生まれると皮だけの残骸になって犬にムシャムシャと食べられているというww。

「蘇った父」はちゃっかり息子の元に帰宅。
ここからは「父との再会を喜ぶ息子」「困惑する奥さんと今カレ」「一家のベビーシッター(これが後のボンドガールになるマリアム・ダボ!)の全裸SEXシーンもあるよ」とか、カオスな展開が続きます。
その後は、超能力が使える父が息子くんの肩口に噛みついて何かを注入すると、息子くんも超能力者に。
一方、階下の住人ババァは息子くんが飼っている蛇に襲われながらも蛇を返り討ちにして、息子に死体を返します。
大事な蛇を殺された息子くんは、GIジョー的な人形を使って銃を乱射して無暗に人を殺傷したり、殺人ヨーヨーで人を切りつけたりする無差別殺人者になっていきます。(もはや自分でも何を書いているのか分からない展開)
その挙句、何故か部屋に黒ヒョウが現れたり、殺人ピエロも登場し、ますますカオスになっていきます。
肝心のクリーチャーの方は、ベビーシッターの体を使って卵を産み付けます。
いったい哺乳類的な出産タイプなのか、鳥類・魚類的な産卵タイプなのか、訳が分かりません。
そのくせ肝心の父の方は、早くも体が腐ってきます(それでも嫁とSEXに勤しむ絶倫ぶりww)

自分の終わりが近い事を悟った父は、息子を連れてUFOに帰ろうとします。
(その頃には何故か息子の体も一部腐乱が進んできています)
そして地球を後にする父子と、一家には「クリーチャーの卵」が残され・・・・
という「E.T.」+「ボディ・スナッチャー」+「エイリアン」+「遊星からの物体X」+・・・・と色んな有名SF映画の美味しい所を拝借して繋げたら何をしたい映画なのか良く分からなくなってしまった感じでした。
結局、「父ちゃんが愛する息子に会いに来る」ってだけの話なような気がしますが・・・。

まあ、この映画がカルト化しているのも、上記のような「パクリを繋げて訳が分からない話になった」って事と、「あまりにも特徴的なクリーチャーの造形」が挙げられると思っています。
そのくせクリーチャーの特殊メイク(件の「逆四つん這い」除く)と、グロシーンのクオリティは頑張ってるという所もポイントです。
まあ、70年代・80年代って、この映画みたいに低予算でどうしようもない珍妙な話を何とか面白くしようと工夫したり(工夫した結果、面白くなったとは限らない)、クソつまらない話が一回りしてむしろ面白いといったB級SFホラーはたくさんありました。
とりあえず、「逆四つん這い」のクリーチャーは色んな意味で一見の価値はあります。
B級SF映画には寛容な方は、ぜひ一度観てみて欲しいものです。
(但し、DVDは販売終了しているので、中古を高値で買うしかありません・・・)
尺も短いし、テレビ東京の昼にでもちゃっかり放送してくれないかな・・・

◆パンフレット:販売無し

エクストロ
※チラシは手配りのみでしたが、配り始めの頃と公開が近づいてからの配布時とでは、最下部のクレジットの長さが違います。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994553
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH