映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>




RECOMMEND
<< 【18-055】モーターラッド ★★☆☆☆ | main | 【18-057】放課後戦記 ☆☆☆☆☆ >>
【18-056】ベルリン・シンドローム ★★☆☆☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
何となくと言ったくらいのノリでベルリン・シンドロームを鑑賞。

ベルリンを旅行中のオーストラリア人カメラマン、クレア(テリーサ・パーマー)は、アンディと名乗る男(マックス・リーメルト)と出会い、彼の部屋で一晩を過ごすが、気が付くと閉じ込められていた。
部屋から出られず、叫び声をあげても誰にも届かない。クレアは彼の目的や素性もわからないまま、脱出する方法を探るが……。


まず最初に、この映画の惹句にモノ申す!

「脱出不可能な絶望の部屋」→確かに脱出は困難だが、そこまで絶望的な状況でも無い。
「監禁映画史上最も危険な<極限>ハードコア・サスペンス・スリラー」→盛り過ぎにも程がある。JAROに訴えたいレベル。
「凶悪なストーカーか?」→まあクエスチョンマーク付きだからセーフかもしれんが、全然ストーカーではありません。
「異常者の恐怖!」→確かにちょっと異常かもしれないけど、よく見るとそんなに恐怖ってわけじゃない。
「狂気のシリアルキラーか?」→これもクエスチョンマークで逃げてるなぁ。シリアルキラーかもしれんが、殺人鬼ってほどじゃなさげです。

今年の未体験ゾーンでも「アニマルズ 愛のケダモノ」という実話ベースの監禁モノがあったが、今回もいわゆる監禁モノ。
そこに持ってきて上記の惹句の数々となれば、さぞかしサイコパスのキチガイ男がえげつない事をする蹂躙ホラーと思うじゃないですか。
確かに「監禁する」という行為がある以上、それは「変態」「異常者」と分類されても仕方ないとは思うけど、最初は「ただ部屋から出られなくするため」なんですよ。
要するに、暴行レイプ目的じゃなく、単に気に入った子を自分だけの所有物にしたいというのが目的なわけです。

それでも、何の関係も無い子がいきなり拉致監禁されたらさぞかし怖いだろうと思うんだけど、この映画では女の方も第一印象が良さげというだけで(まあ外見もまずまずイケメンっぽかった事もあると思うが)ふらふらとついていって部屋まで上がって合意の上のSEXまでしちゃってる。
旅先ゆえの大胆な行動と言えるけど、見ず知らずの土地でやるにしちゃあ軽率で、乱暴に言っちゃうと自業自得なわけです。

ここからはだいたい「逃げるための色々な試行錯誤」か、「犯人男との心理戦」(ストックホルム症候群的な心理状態になるっていうのもアリ)という方向に進むと思いきや、割と中盤はダレる感じで、尺以上に長く感じてしまいます。
そしてラストは・・・ここでは書きませんが、特に爽快感や解放感は感じられず、「あ、やっと終わった」くらいにしか思わなかったのは、やっぱり全体通して平坦なお話だったからと感じております。

何か、監禁モノもかなり出尽くした感があり、新作ではオリジナリティを出すのは難しくなってるのかな・・。
(と言っても、基本的にS派の自分は観たいんだけどな)

◆パンフレット:600円

ベルリン・シンドローム

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994510
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH