映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>




RECOMMEND
<< 【18-035】ザ・タンク ★★☆☆☆ | main | 【18-037】ショートウェーブ ★★☆☆☆ >>
【18-036】(r)adius ラディウス ★★★★☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
未体験ゾーン23本目は(r)adius ラディウスです。

交通事故で意識を失い目覚めたリアムは記憶をなくしており、助けを求めた町で大量の死体を目撃する。
ウイルスが原因ではないかと不安になりながらようやく生存者を見つけるが、近付こうとした途端に死んでしまう。
困惑するリアムだったが、自分に近付いても死なない記憶喪失の女性ジェーンと出会う。


まず、この映画は掴みがとても良い。
開巻早々、主人公男が「事故に遭ったらしい」「記憶喪失である」事が示され、間髪入れずに「何だか自分に近づくとみんな死んでいく」という事も分かってくる。
「半径15m以内で即死」というコピー通り、主人公に近づくと、人と言わず鳥までもが白目をむいてその場で息絶えるのである。
それから間もなくして「自分に近づいても死なない女」に出会い・・・と言う事で、てっきりこの映画は「なぜ近づくと死ぬのか?」「女は何者?」というSFミステリーなのかと思いましたよ。

この男は、単独で居ると「半径15m以内の動物が死ぬ」という性質を持ちつつ、女と一緒に居るとその効力が無くなるという事で、逆に「女と一定距離以上離れると、即死効果が復活する」という図式が成り立っているのも面白い。
と言いつつ、病院の中でエレベーターに乗る/乗り遅れたではぐれちゃうのはポンコツで済んでも、その後さっさと最寄り階のボタン押して止めればいいのにそれをせずに、数階下で止まったら「みんな降りろ!」って同乗者を降ろすズレっぷり。
この間、女の方はヤバいと思い階段を猛ダッシュで追いかけてきてるんですが、最寄り階ボタンを押さないばかりか、同乗者をみんな避難させた後にホッとしてまたエレベーターで降り始める(相変わらず最寄り階ボタンは押さない)という主人公にイライラしてしまう場面もあります。

結局、話は「記憶喪失の男女2人が記憶を取り戻した時に明らかになる事実は!?」って所がオチになり、即死効果についてはけっこう雑な理由づけで比較的さらっと(おいおい、強引な理由だな・・とは思いましたが・・)描かれます。
取り戻した記憶で明らかになった男の素性はここではバラしませんが、ちょうど同じ未体験ゾーンの「ホステージX」と同じオチでしたと言えば分かる人には分かるかな。

終わってみれば、即死効果は単なる「設定」と言えなくも無いパーツであり、物語の着地点は自分の思ってた所とはちょっと違う所でしたね。
それはそれで自分としては許容範囲なんですが、やっぱり肝心の即死効果については雑なオチだったのと、「双子」とか「記憶喪失」っていう映画的には非常に便利な設定も織り込んじゃったのが何だかちょっと冷めてしまったのが減点ポイントです。
でも、全体的にはまずまず楽しめたのは確かであり、未体験ゾーン映画としては十分及第点以上と評価します。

なお、本編とは全然関係ないですが、自分の観た上映回において、序盤数十秒音声が途切れるというトラブルがありました。
上映後、「館内の瞬間的な停電」という説明がありましたが、画は写ってるのに音声だけ停電で断?と釈然としない気持ちになっていたところ、帰りに出口で招待券をお客さんに配布していました。
音声断は前述の通り数十秒であり、自分は「そのおかげで話が分からなくなった」という事はありませんでしたが、とにかくタダ券もらえてかえってラッキーって思えてしまいました。
※このように「かえってトクしちゃった」と思わせるのはトラブル対応としては成功の部類になると思っています。HTC渋谷GJ!

◆パンフレット:販売無し

(r)adius ラディウス

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994486
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH