映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>




RECOMMEND
<< 【18-016】OSIRIS/オシリス ★★★☆☆ | main | 【18-018】殺人者の記憶法 ★★★★☆ >>
【18-017】スキン・コレクター ★★☆☆☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
未体験ゾーン14本目はスキン・コレクターです。

皮膚がぼろぼろとはがれることに苦しんでいるピアニストのキラは、同じアパートのソフィアと知り合い惹かれ合う。
ある日キラは、皮膚が死滅した部分に同世代の女性の皮膚を移植すれば再生することに気づいて、遺体安置所の死体から皮膚を採取し始めるが、やがて人を殺してしまう。


女性が自らの美貌の維持のため、あるいは病気の治療のために他の女を殺してその皮膚を剥いで自分に移植しようという話はホラー映画ではずいぶん前からありました。
そしてこの映画。自分が求めるのは、当然「顔の皮を剥ぐ」みたいなグロいシーンや、こういうのは結局最後には移植が上手く行かない(あるいは拒否反応とか副作用とか)と言った理由で前よりも酷くなって・・・みたいなテンプレート展開でした。
まあ、テンプレート通りでは捻りが無くて面白くないとも言えるので、そこは「殺し方」だったり「移植場面」とかに独自性も欲しかったりしました。

それを踏まえての本編。
ハッキリ言って、中盤過ぎまで淡々と同じような場面の繰り返しであまり面白くありません。
そもそも、おかしくなる皮膚が指先とか(徐々に手のひら、腕へと進んではいきますが)上半身で、肝心の「顔」は意外と無事です。
そしてその皮膚病になった手も、何か症状が出たり出なかったり不規則だし、皮膚の移植にしても、割と小さめの皮膚片を切り取って自分の患部に当てると、翌朝には割と綺麗にくっついてたりと何か端折り過ぎて雑な印象です。

そして、この手の映画につきものの「マッド・ドクター」みたいなのも一応居ます。
それに加え、主人公の女の隣人が色々と気をまわしてくれる描写とかが後で「そういう事だったのね」というオチになってたりします。
そしてそして、肝心の主人公女の秘密にも「なっ!?意外な事実だろ?」という監督やスタッフのドヤ顔が目に浮かびますが、何て事は無い。昨年公開された「ゲット・アウト」と同じようなオチじゃねーか!とちょっとガッカリです。

なお、この映画には中盤かなりの長時間「光の点滅」シーンがあります。
自分も昔から点滅シーンは体が拒否するので、この映画も本能的に目を瞑りました。
点滅が苦手な方はご注意ください。

◆パンフレット:販売無し

スキン・コレクター

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994464
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH