映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>




RECOMMEND
<< 【18-01】悪と仮面のルール 【上映前】舞台挨拶レポ | main | 【18-012】ミッシング・チャイルド 〜呪いの十字架〜 ★☆☆☆☆ >>
【18-011】悪と仮面のルール ★☆☆☆☆
category: 2018年の映画レビュー | author: moeru-movie
当初は全く観る予定で無かった悪と仮面のルールを舞台挨拶目当てで鑑賞。

財閥・久喜家の当主である父に、純粋悪となることだけを望まれ育てられてきた少年・文宏は、ある日思いを寄せる久喜家の養女・香織が父に汚されようとしている現場を目撃。
彼女を守るため父を殺害する文宏だったが、自分が次第に憎悪する父に似ていくことに気付き、香織の前から姿を消す。
整形して新谷(玉木)という別人に成り済まし、香織をひそかに見守るが……。


え〜、更新する暇が無く、だいぶ鑑賞から経ってしまったので省エネレポです。

ズバリ!早々に「何言ってんだ!?」というシーンばかりが目に付いてしまい、いきなり心折れました。
「絶対的な邪(悪)になるように教育する」とか言ってるキチガイ親父は完全にイカれたカルト教団の教祖サマ。
そんなキチガイ親父に洗脳されたガキがどんなダークマンになるのかと思いきや、初恋のあの子との思い出にすがり、ただ一途に見守りつつ、最後は延々と独白・・・って、何か整形したとか悪とか、もうどうでもいいじゃん!と思ってしまいましたよ。
ミステリー的とか、例えば「蘇る金狼」的な内面に悪を持った人物描写と思って観た自分が完全にハズしてしまいました。
きっと原作は独特な世界観を持った異色作と予想しますが、映画単体で観ると、自分には全く合いませんでした。
ま、こういう事もあるか・・・

◆パンフレット:720円

悪と仮面のルール

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994456
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH