映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>




RECOMMEND
<< 【17-140】8年越しの花嫁 奇跡の実話 ★★★★☆ | main | 2017年舞台挨拶回顧 >>
2017年鑑賞映画回顧
category: 映画一般 | author: moeru-movie
ども。2018年になりました。
相変わらず頸椎症の影響で左手に痺れが残っているため、どうしても更新が億劫になってしまいますが、年の区切りなので、2017年に映画館で観た映画を回顧していきます。

最初に言っておきますが、2017年の鑑賞記録はある種異常な結果です・・・・・・

まず、鑑賞本数ですが、140・132・133・135・126・139と来て、2017年は140本でした。
まあまあ例年並みと言えるかもしれませんが、このうち30本強は年初の「未体験ゾーン@ヒューマントラストシネマ渋谷」でカウントされたものなので、その他の鑑賞映画となると微減といった感じでしょうか。

【BEST部門】
140本の中で、5つ星の満点になった映画ですが、何と何とたったの4本です。(これが冒頭で「異常」と書いた事の1つ)
一昨年に「5点満点が8本しか無く、少ない」と回顧→昨年(2016年)は17本が5つ星獲得だったのに、超激減の4本です。
スケア・キャンペーン ★★★★★
ルパン三世 カリオストロの城 MX4D版 ★★★★★
君の膵臓をたべたい ★★★★★ ※2回目も満点でした。
新感染 ファイナル・エクスプレス ★★★★★

上記のうち、カリオストロの城は、今さら語るまでもない名作ゆえの満点と言う事もあり、実質は3本でしょう。
この中から、邦洋それぞれ1本ずつ・・・と選抜しようと思っても、既にこの本数では決まりきったものです。

<洋画BEST>
新感染 ファイナル・エクスプレス

<邦画BEST>
君の膵臓をたべたい

いやいや、この2本は文句なしに良かったです。
特にファイナル・エクスプレスは既に出涸らしでヒット作は無理と思ってた感染系ゾンビ映画ものでしたが、登場人物のキャラ立ちといい密室の電車内でのサスペンスといい、密室でありながらも飽きさせない見せ場の数々でとても楽しめました。

それにしても、ここまで5つ星が少なかったのは「面白い作品が無かった」というよりも「採点が辛すぎる」と自分でも感じます。
多少の粗はあっても、面白いと思えばもう少し気前良く点を上げようと思う2018年です・・・。

【ワースト部門】
こちらも2016年は「星1つ」が14本もありましたが(さすがに星ゼロは無かった)、何と何と、星1つの方も2017年はたったの5本でした。

パッセージ 牙剥く森 ★☆☆☆☆
ホーンテッド・サイト ★☆☆☆☆
ヴァンパイア ナイト ★☆☆☆☆
聖ゾンビ女学院 ★☆☆☆☆
「超」怖い話2 ★☆☆☆☆

洋画は未体験ゾーンから2本、邦画は例年の通りアイドル起用のC級ホラーから3本という結果ですが、この結果も面白くないですね・・。
ここからワーストを選ぶのもつまらないのですが、毎年の事なので一応選びます。

<洋画ワースト>
ホーンテッド・サイト

<邦画ワースト>
ヴァンパイア ナイト

そして、これも毎年選んでいる『底抜け映画大賞』(あまりもの馬鹿馬鹿しい駄作っぷりがある意味痛快(このダメっぷりを人に喋らずにはいられない)ですが、これは文句なしに聖ゾンビ女学院に決定です。

しかし繰り返しますが、鑑賞本数は例年並みなのに満点も星1つも本数激減というのは異常です。
面白いものは面白い、つまらんものはつまらんという振れ幅があるから映画は面白いのであって、これが「まあ普通だね」って大したインパクトも無く、無難に2〜4つ星で済ませてしまう自分の感性の衰えがあるのかと反省しております。
2018年は面白ければ世間一般の評価など気にせずに良い点を上げるし、つまらなければ容赦なくぶった切るような素直なレビューを心がけたいと思います。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994443
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH