映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-123】ゲット・アウト(ネタバレあり) ★★★★☆ | main | 【17-126】IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 ★★★☆☆ >>
【17-125】先生! 、、、好きになってもいいですか? ★★☆☆☆
category: 2017年の映画レビュー | author: moeru-movie
当然のように舞台挨拶がハズれたので、普通に先生! 、、、好きになってもいいですか?を鑑賞。

恋愛に見向きもせず部活に熱中してきた高校生の島田響(広瀬)は、生徒思いな世界史の教師・伊藤貢作(生田)に生まれて初めての恋をする。
いちずな思いをぶつけるように告白する響だったが、伊藤は自らの気持ちに気付きながらも、教師という立場から相手にしない。不器用な二人の恋は……。


「JKと先生との禁断の恋」なんてのは、もう何十年も前から漫画にドラマに映画にと描かれ続けてきたド定番のお話です。
これをリアルに考えちゃうと不道徳でキモい話になるのですが、この映画のように「JK=広瀬すず」「先生=生田斗真」とキャスティングされると、特に当のJK世代にとっては胸キュンな話になります。
そうです。こういう話はあくまでも妄想話として頭の中でお花畑満開にして観るものなんです。
それは頭では分かっているんですが・・・・さすがにオッサンの自分が観ると、「何じゃこりゃ」としか思えないお話でした。

まず、設定の上では、先生は今イチ冴えない感じで、特に優しくも見えず愛想も無いんですよ。
でも、そんな先生に恋心を抱いちゃう掴みがそもそも「?」です。
でもねぇ、「?」も何も、先生は生田斗真なんですよ。「ナラタージュ」の松潤もそうなんだけどさ、結局レベルの高いイケメンな訳じゃないですか。そりゃああんな先生居たら、不愛想でも何でもモテますって。そういうもんですよ。

という事で、JKすずが先生に惚れるのは納得しましょう。
一方の先生の方と言うと、恋心を抱かれているのは分かっていても、そこは大人。クソガキJKなんて相手にしません。
もっとも、オトナの女である同僚教師(比嘉愛未)すらアッサリ振ってしまうんだから「実はゲイなんじゃ?」とすら思えてしまいます。
そうやって実らぬ恋が・・・と思ってたら、文化祭の企画で花嫁衣装を着たJKすず(このクラス女子が大挙してウェディングドレス的なものを着るという企画は着てる本人以外の誰得なのか意味不明だよな・・・)を学校の屋上で見せられるや、一転して抱擁→チューのコンボをかましてしまいます。
どうした斗真先生、なぜ急に理性が飛ぶんだ??とここも意味不明なんだけど、「まあ、広瀬すず可愛いからな。理性が飛ぶ気持ちも分かるよ」と何となく納得しちゃいます。

でも、このチューの場面が誰かに撮られてた(それがSNSで拡散)事で大騒ぎ。哀れイケメン教師も飛ばされます。
これがリアルだったら「トンデモ教師」「エロ教師」「ロリ教師」と大騒動なんでしょうけど、その騒ぎも局所的で、新聞に載るほど大きくはなってない様子なのも謎です。(そんな事になったら話が違う方向に向かって脱線しちゃうからね)
そう言いながらも、騒ぎからさほど時間も経ってない状況で、街中でしっかり抱き合ったりする様はもはや暴走ロリエロ教師全開なんですが、映画のテイストとしては純愛ストーリーまっしぐらですよ。さすが少女マンガ。リアルでは不道徳でも漫画の中ならお花畑になるってもんです。

そんな状況でありながらも無難に残りの高校生活を過ごしたらしいJKすず。(すげーメンタルだな)
いよいよ卒業式も終わりという時になって飛ばされたはずのイケメンエロ教師が登場です。
卒業式だというのに、いくら裏口付近とは言え、まったく周りには人が居なくなり、2人の世界に入ります。
嗚呼感動の再開・・・って、これもリアルに考えると大問題のエロ教師行動なんですけどね。そこはやっぱりリアルに考えちゃダメなんです。

そんなわけで、「ミックス。」が「ガッキーかわいい!」という評価で点が上がってるのと同じく、結局この映画も「すず可愛い」「生田センセイ格好いい!」という評価が先走っている印象ですが、あくまでもフィクションの妄想話としてシチュエーションを楽しめるか、「現実」が頭をよぎって冷めてしまうかによって大きく評価が分かれるでしょう。
自分は正直、後者になってしまったが為に評価低めです。「広瀬すず可愛い!」には全面的に同意しますけどね。

もう1人、序盤から広瀬すずを食うんじゃないかというくらいフルスロットルで目立ちまくるのが森川葵です。
もう大袈裟すぎる芝居と、その大胆な顔芸も「うざいor面白い」と評価が分かれそうです。
更に、クラスメート役で「山谷花純」が出てるんですが、映ってるシーンが少なすぎて涙が出そうでした・・・(; ̄Д ̄)

あ〜あ・・・結局自分には見所の少ない映画になってしまいましたが、広瀬すず世代の女子は安心して鑑賞ください。
そして現実には居ないと分かっていながらも生田斗真が先生として自分のそばにいると頭で妄想しながらニヤニヤしながらご覧ください。そうすれば採点が高くなるかも??

◆パンフレット:B5判・36頁・720円

先生! 、、、好きになってもいいですか?

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994419
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH