映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-110】ユリゴコロ ★★★☆☆ | main | 【17-111】ナミヤ雑貨店の奇蹟 ★★☆☆☆ >>
【17-30】ユリゴコロ 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2017年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
銀座と新宿で行われた舞台挨拶ですが、マスコミが入る新宿ではなく銀座を選んで当選。
新宿だと主題歌のRiwhaちゃんも出てきてたんですが、自分はRiwhaちゃんの生ミニライブを過去に観てるのでパスでも悔いなしです。

■会場:丸の内TOEI
■座席:F列(A列未開放)
■MC:伊藤さとり
■登壇者:吉高由里子、松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、熊澤尚人監督

(ご挨拶)
吉高「舞台挨拶は上映前ばかりだったので、皆様がどういう気持ちか気になります」
松坂「出る前にカメラマンの今村さんと話をしていたんですが、一昨日誕生日でした。その前(の誕生日)はxxx(聞き損ねました)のシーンの時で大変でした。この作品で2回目(の誕生日)で、それだけ歳月をかけたのを届けられて嬉しいです」
佐津川「ぜひ観て頂きたいのが出来て、初日から観て頂いて緊張しています」
清野「やっとこの日を迎えられて嬉しいです。原作が大好きなので、映画を観てもらえて幸せです」
清原「初日を迎える事ができて嬉しいです。ドキドキと不安が半々で胸がパンパンです」
監督「雨の中、朝早くからありがとうございます。4〜5年前から企画がスタートして、撮影も長い時間をかけて作りました。スタッフが素晴らしく、制作陣に助けられました。自信を持って勧められるのは俳優陣の芝居です」

(振り返っていかがですか?)
吉高「朝8時から並んでるの?大丈夫??これじゃあ日曜も丸潰れでしょ?レイトで観る映画だよ〜。みんなタフだなぁ・・。で、何でしたっけ?ww」
(撮影を振り返ってです)
吉高「台風の頃で、過去パートは晴れた日が無かった。そして初日もドン曇り・・・」
(印象に残っている事は?)
吉高「(佐津川を見て)血糊が面倒くさかった!血が違う方に行っちゃうので、監督が怒るんです。私は知らないよ・・・」
監督「スミマセンでした・・・」
吉高「クレームじゃないです。仲良くやりましょうww。カットしたら血を拭いてまた垂らす。でも、家が傾いているので違う方に行っちゃう。佐津川さんの異様さがみつ子に合ってた。レズビアンテイストな関係でした」
佐津川「私も後から思った!撮影に入る前は女の子っぽくならないように、消すために髪を切ったんですが、やりながら(みつ子は)何だろうと思ってました」

松坂「感情が揺れるシーンが多かった。清野さんを助けるシーンでドアを蹴破るんですが、一連で撮るのでドアを開けやすくするように細工してあるんです。それでも2枚しか無いんです。で、「出来ます!」って言って、本番は3回で開けて欲しいと言われたんですが、3回やっても全然開かない。アレ?ってずっと10回くらいやってやっとカットがかかった。どうなってるの?って・・・。ようやくこじ開けたのは2枚目の方でした。その間、清野さんはずっと縛られたままなので、『全然開かない・・』って思われてるのが辛かったです」
清野「早く助けて欲しかったです。松坂さんとの撮影は、私は部分的に出てくるので感情の繋げ方が難しかったです。撮影が無い時は松坂さんの邪魔をしないように心がけました」
松坂「全然大丈夫でした。むしろ拠り所みたいだった」
清原「私は松山さんと一緒でしたが、出来上がったのを見て、過去パートの松山さんのオジサン感が『こう映ってたんだ!』って思いました。(美紗子は)幼少期から大人まで繋げられるように意識しました」
監督「吉高さんも苦労されていましたが、美紗子は難しいです。清原さんも想像付かなかったと思う」
清原「監督にどうやって寄せるかを聞いてました」
監督「清原さんの前に吉高さんを撮ってたので、(アドバイスできたのは)吉高さんのおかげです」
吉高「こんなにキラキラしてるのに、画面では死んだ魚みたいでwww凄い女優だと思いました。(客席を見て)ポップコーン食べてるでしょ!?(この映画の)どのタイミングで食べられる?しけっちゃうよね〜www」

(それでは最後にメッセージを)
吉高「朝からズッシリ重力のある映画なのにありがとうございます。今日からはみんなにバトンタッチしますので、愛される映画になれば。これで終わります!」

と言う事で終了です。
このクソブログでは毎度毎度「おもしろい人」として年末の舞台挨拶の部門賞に名前が挙がる吉高さんは4年半ぶりの生対面でしたが、やっぱり面白いです。
だいたい吉高さんは客席をイジる事が多いのも特徴です。
レポでは伝わりきってないけど、基本的に自由なのは健在です。特に今回はマスコミも入ってないのでなおさらでした。
後は清原果耶ちゃん。
「3月のライオン」舞台挨拶では遠すぎて良く見えてなかったんですが、今回は良く見えて満足です。

それでは、次に見る機会があれば、その時は30歳を超えているとは思いますが、また楽しみにしていますよ!吉高さん!!

◆MAiDiGiTV提供の舞台挨拶動画@新宿バルト9


◆ORICON NEWSの舞台挨拶動画



◆映画ナタリー:「ユリゴコロ」初日、吉高由里子や松坂桃李が純愛エピソード語る
◆モデルプレス:吉高由里子「2日間泣きっぱなし」壮絶な日々振り返る
        松坂桃李、両親の“ドラマ超え”プロポーズ秘話に観客驚き
◆エンタメOVO:吉高由里子「純愛とは…?」に持論を展開 「愛なんて人から教わるものじゃない」
◆cinemacafe.net:松坂桃李の“プロポーズ秘話”に吉高由里子が「狂気的!」とビックリ
◆ORICON NEWS:吉高由里子、松坂桃李の“純愛”エピソードに「愛は凶暴なんでね」
◆MOVIE Collection [ムビコレ]:背中が大きく開いたセクシードレスで登場の吉高由里子が語る純愛とは?
◆TechinsightJapan:松坂桃李の両親のプロポーズに、吉高由里子「純愛のような脅迫のような…」
◆シネマトゥデイ:吉高由里子5年ぶり主演作は「100年残る代表作!」

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994402
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH