映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-106】散歩する侵略者 ★★★☆☆ | main | 【17-108】エイリアン:コヴェナント ★★☆☆☆ >>
【17-107】三度目の殺人 ★★☆☆☆
category: 2017年の映画レビュー | author: moeru-movie
当たっても都合が悪くて行けない事を承知で初日舞台あいさつを申し込んだら案の定外れてた三度目の殺人を後日鑑賞。

勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山)は、殺人の前科がある三隅(役所)の弁護を渋々引き受ける。
クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。
しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。


「こりゃまた昨日の『散歩する侵略者』同様に一般受けしない問題作だな」というのが観終わっての正直な感想でした。
かくいう自分も「すっきりしない」「面白くない」と感じた1人です。
何たって、殺人事件の法廷劇でありながら、「動機は?」「いや、真犯人が他に居る?」といったようなハウダニット/フーダニットという事が柱になっていないんですから。
実際の法廷も、必ずしも「真実は何か?」という事を明かす場と言う事ではなく、弁護士の立場からは「被告のために刑が少しでも軽くなるように」という事に重きを置くがゆえに、真相は闇に葬られる事も推察されるが、これを映画にしちゃうとスッキリしない事この上無い。
「真相は観ている人それぞれの脳内にある」と言わんばかりの放り投げ映画だと思いましたよ。
もちろん、そうやって自分の頭の中であーでもない、こうでもない、こうだったら一番腑に落ちる・・と考察するのが面白い事もあるんだけど、頭が悪い自分には、「三度目って何だよ!」と、考える事を放棄してしまう有様でした。

まあ、普通に考えると「犯人はやっぱり三隅」って事になるんでしょ?咲江を救う為にやったんでしょ?
その前提でもう1度観れば、また色んな発見があるかもしれない。
でも、「実は犯人は咲江」「三隅は咲江を庇うために自ら犯人を名乗っている」という目線で観たらどうなるか?
そうやって色々と考えを巡らせる映画であって、何か1つの真実を明確に示そうというものではないのでしょう。
でも、やっぱりスッキリしたいんだよなぁ・・。そういう映画じゃないと分かっていながらも、やっぱりモヤモヤ。
なので星は2つ止まりです。

役者の方ですが、自分はひたすら広瀬すずの「暗」の芝居が印象に残ります。
「怒り」と同様に、こういう影のある役もさほど違和感なく演じられる(奇しくも、いずれの映画でも「レイプ」がひとつのカギとなっている)というのは強みなのでは無いでしょうか。
ちなみに、福山雅治の娘役で少しだけ登場(万引きして捕まったシーンね)した「蒔田彩珠(まきたあじゅ)」がちょっと広瀬すず似に見える所があって、ちょっと紛らわしいと思ったのは自分だけでしょうか?
もっとも、蒔田彩珠の方は、究極の「かまちょ」だかなんだか知らんが、表面上は反省の涙を流しつつ、その面の皮を一枚剥げば、アカンベーしているような腹黒い少女だったのは別の意味で印象的でした。
そしてもう1人、斉藤由貴ですよ。
いや〜、タイミング悪いっしょ。もう何をやっても「こいつ、きっと不倫してるし、実は旦那を殺したのコイツじゃね?」とすら思わせてしまう。これは不運としか言いようがありません。

そんなわけで、この映画は「結末を自分で考察する」「司法の現実(本当に真実を突き止める場では無く、ルーチンワーク的にさっさと処理する)を知る」という映画だと思います。
案の定、世間のこの映画に対する評価は、自分も含めて低めです。
でも、もしかしたら10年後くらいに評価が上がってるとか、ジワジワと面白さが伝わるとか、そういうスルメ映画に化けるかもしれません。
自分も、少し先にWOWOWででも放映されたら、その時はもう1度真剣に観てみようと思います。

◆パンフレット:A4弱・44頁・720円

三度目の殺人

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994398
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH