映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>




RECOMMEND
<< 【17-29】トモダチゲーム 劇場版FINAL 【上映後】舞台挨拶レポ | main | 【17-104】新感染 ファイナル・エクスプレス ★★★★★ >>
【17-103】トリガール! ★★☆☆☆
category: 2017年の映画レビュー | author: moeru-movie
舞台挨拶は見送ったけど、公開3日目のトリガール!を早速鑑賞。

鳥山ゆきな(土屋)は、一浪を経て理系の大学に入学する。理系独特のノリに戸惑いを覚える中、高橋圭(高杉)というイケメンの先輩に心を奪われてしまう。
彼に誘われて人力飛行サークルに入会し、コンビを組んで鳥人間コンテストへの出場を目指そうと期待に胸を膨らませる。
しかし、組むことになったのは圭の元飛行パートナーであるヤンキーっぽい先輩の坂場大志(間宮)だった。
坂場に対し嫌悪感を募らせ、トレーニングなどでも彼と張り合ってしまうゆきなだったが……。


話の大筋としては典型的な「スポ根もの」と言えるこの作品。
リアル体育大生の土屋太鳳の起用も王道だし、出てくる男たちもイケメン揃い・・・のはずなんだけど、冒頭から理系男子を徹底的に馬鹿にして(理系の大学男子全員が眼鏡かけてチェックのシャツ着たキモヲタ系ばかりという極端な描写)いる所からして嫌な予感がしてました。
その嫌な予感は話が進むたびに確信に変わります。
そうです。コメディタッチが多いんですが、ことごとくスベっているようで、とにかく寒いんです。
大して面白くもない描写を大袈裟な芝居と派手な効果音で面白そうに見せてもやっぱり面白くない。
例えばナダルにしたって、あの独特な喋りを映画本編でもそのまま出すだけならまだしも、へんなエコーや音楽を被せられた日には何を言ってるか分かりません。
と言うか、土屋&間宮にしても、最初から最後まで怒鳴り合ってるばかりなので、こちらも台詞が聞き取りにくい。
何であんなに必要以上にずっと怒鳴り合ってるのか?その怒鳴り合いが2人なりの絆みたいな説明はあるけど、あんな調子で鳥人間本番一発勝負って雑すぎるよね??

と、先に鳥人間本番の事を書いてしまったが、そこまでの展開はほとんどトリガールではなくチャリガールなのよね。
そりゃああんな大きな「鳥」は簡単には飛ばせられないのは分かるんだけど、最後の最後までこの話が「鳥人間コンテスト」の話とは思えませんでしたよ。

そんなお話のクライマックスはもちろん鳥人間。
これは黙っていても盛り上がりそうな話なんですが、飛んでる間っていうのはひたすら漕いでるだけなので、思うほど盛り上がってない印象。
当然と言っては当然ですが、漕いでる2人(土屋&間宮)は寄りの合成映像であり、実際に飛んでるわけじゃありません。
飛んでる「鳥」の姿は遠目から見てる画(と言っても、それもCGなんですけどね)なので2人が映ってる事は無い事が盛り上がり感を下げてる気もします。
そんな飛行シーンも、轟次郎を悪ノリでお笑いネタに使ってるけど、ハッキリ言ってほとんどの人がその意味を分からないんじゃないかな?
自分のような昭和のリアル「びっくり日本新記録」世代じゃないと通じないよ。

そしてそ土屋&間宮の飛行を実況しながら、頬に涙を伝わせる羽鳥アナ・・・ってのも意味が分からんわ!
そんな「いち実況アナ」が思わず涙する場面なんてあったか?こいつは長い距離を飛ぶ奴が出てくるたびに泣くのか!?とこれまた興醒めです。
それまでに、この映画に思い入れや感情移入できなかった事もあって、最後の飛行シーンは何も感じる事ができませんでした・・・。

そんな映画は封切り3日目の日曜の上映だというのに30人くらいしか入っていませんでした。
実際、週末の興行成績が公開初週だというのにベスト10にも入っていないという惨状。
そんな話題がネットニュースに載った9月5日頃から不自然に満点5つ星のベタ褒めレビューが急増するという真っ黒疑惑のYahoo!映画レビューというのも映画本編同様に溜息しか出ません。

本来であれば、カラオケ熱唱や酔っ払いシーン、そしてゲーセンでのアイドルダンスなど見所の多かった土屋太鳳の頑張りに免じて3つ星にしようかとも思ったけど、いかにもステマなレビューが氾濫している事に違和感たっぷりなので2つ星に落としてやります。
せめて池田エライザのデカパイが拝めるシーンがもう2〜3回でもあれば(自分が観た限り、約1シーンのみ「パイオツカイデー!!」なシーンがあった以外は封印されてます)3つ星にしたんだが・・・。←何だそりゃww。

重ね重ね、土屋太鳳はまあまあ良かっただけになぁ。何か色々と残念な映画でした。

◆パンフレット:A4判強・28頁・720円

トリガール!

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH