映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-21】めがみさま 【上映後】舞台挨拶レポ | main | 【17-080】劇場版 屍囚獄 結ノ篇(少しネタバレ) ★★☆☆☆ >>
【17-22】劇場版 屍囚獄 結ノ篇 【上映前】舞台挨拶レポ
category: 2017年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
先週の起ノ篇に続いて今週は結ノ篇の舞台挨拶です。

■会場:シネマート新宿(今回は7階の小さい方のコヤの方でした)
■座席:B列(マスコミ無し)
■MC:????
■登壇者:片山萌美、和合真一、藤白レイミ、福咲れん、城定秀夫監督
 ※登壇予定だったなごみは発熱のため欠席となりました。

【ご挨拶】
・夜遅い時間にありがとうございます(片山)
・今回で完結。楽しみにしてください(和合)
・これから観て頂くにあたって楽しくなる事を話せれば(藤白)
・1週間悶々とした方が多いと思うけど楽しんでください(福咲)
・舞台挨拶と本編も楽しんでください(監督)

【主演と聞いてどうでしたか?】
・驚きました。突然の主演で、漫画は知ってたので光栄でした(片山)
【漫画の方の感想は?】
・凄い怖かった。猟奇的なものだけど見たくなる。中毒性があります(片山)

【男性1人ですがどう演じましたか?】
・若いけど集落で育っているので、キラキラとした素を捨てて役に没頭しました。凄く年上の方が多かったけど若くなった気持ちでした(和合)
【皆さんはどう演じましたか?】
・原作を読んだんですが、原作と全然違う。本と違うので監督に相談したら、やりたいようにやればいいと言われ、原作のようなギャルではなく共感できるようにやりました(藤白)
・大学に行ってないので「助手って何?」から調べた。28歳の設定でしたが、学生と近いので、お姉さんならやりやすいと思いました(福咲)

【脚本も書いてますが、どういった世界観で書きましたか?】
・前篇とは違って派手になってる。前篇を観た人はより楽しめます。いっぱい死ぬので、その死に様を観てください(監督)
【脚本の感想】
・人がいっぱい死ぬな〜と思いました。役でやってるけど、皆クローズアップされる所があるのでやりがいがありました(藤白)
・カメラが趣味なので映像にも興味がある。原作で描かれていた事をどう表現するか?(ここでマイク激しくハウる)何かNGワード言った??(和合)※以後、何度かハウる場面あり。
・読んだ時、漫画と共通の所がありましたが、漫画はまだ終わっていなかったので、どう終わる?と思いましたが、映画は漫画と違うのでそれも楽しんでください(片山)
・城定作品には眼鏡キャラが出てくるんですが、今回それが私で楽しみでした。スプラッターが好きなので血がいっぱいでワクワクしました(福咲)
・原作とはだいぶ違うと思う。原作とは違った楽しみがあるけど、違うからと言って怒らないでください(監督)

【もし男ばかりの村に迷い込んだらどうしますか?】
・逃げます!普段鍛えてるので、それを生かせれば(藤白)
・逃げますよね・・・。男性しか居ない村というのがピンと来ない。年齢によりますね(片山)
・確かに年齢によるww。恐い村なら逃げる。諦めがつくのが早いので適応できると思う(福咲)

【現場での面白話はありますが?】
・寒かった事ですかね。地獄のような寒さでいた(片山)
・初日の時だけ雪で、私となごみちゃんとレイミちゃんが3人一緒で、ラストの方のシーンは雪が降ってるのに薄着で大変でした(福咲)
・上半身は頑張ってるけど、足は震えてる。伊助にタイツをあげるシーンがあるんですが、あげなきゃよかったと。返して〜と思って震えて撮りました(藤白)
・前篇の話ですが、儀式のシーンでパパ役の(森羅)万象さんが仮面を被って玉串を踊り狂うんですが、テンションが高まって玉串がボクのここ(顔のあたり)をシュンッ!って・・。序盤で死ぬと思いました。よけちゃダメなんですよ。役者なので(和合)
・すごいテンションでした。カメラも頑張って追ってて迫力シーンになってます(藤白)
 ⇒ボク目線のVRで撮りたかったです(和合)
・ローソクを持って立ってるんですが、ローソクが立たなくて。パターン!って倒れちゃう(片山)
・伊助の弟なんですが・・(和合)
 ⇒それネタバレだよww(監督)
 ⇒反省しまーす・・。ここでピー鳴らないの?(和合)

【見所は?】
・後半になるので、全てスッキリします。人がたくさん死ぬけど、誰がどこで死ぬか、こう死んで行くだ〜・・・って、普段人が死ぬ所を見れないので、こうやって死ぬんだぁって観てください(藤白)
・前篇では影を潜めてますが、後篇は関係性が出てきます(和合)
・主演の美琴ちゃんがどう死ぬのか?死なないのか?そこを確認してください(片山)
・怖いだけじゃなくホロリと来る。感動的なシーンがあるので楽しみにしてください(福咲)
・いっぱい死ぬ所。スプラッターでは人が物のように殺されるけど、あまり可哀想じゃない。だけど今回は可哀想!ってなります。そこを楽しんでください(監督)

【最後に一言】
・なごみちゃんが居ないのは寂しいけど和気藹々と出来て幸せでした。恐いかもしれませんが、怖がり過ぎず優しい気持ちで観てください。あと少し告知なんですが、この劇場で上映している『めがみさま』にも出ていますのでそちらも観てください!(片山)
・ホントに寒かったですが、皆で和気藹々とチームワークで作り上げました。感想をツイッターでアップしてください(和合)
・短いけど朝から夜まで皆で協力して作りました。悲惨なだけじゃなく内面も出て感動します。感想を頂けたら励みになるのでよろしくお願いします(藤白)
・みんな良い事言ってくれて綺麗に纏まっているので、あとは楽しんでください(福咲)
・現場は過酷でしたが皆いい人で良かった。楽しんで行ってください(監督)

と言う事で終了です。
先週の起ノ篇からマイナス2名となり、話の内容も被り気味な事もあってインパクトは薄口でした。
それでも今回も「2分間お客さん撮影タイム」が設けられました。
最初は中央に立ってた片山萌美嬢ですが、体がパネルに隠れちゃうとか何とか言って、結果的に監督が真ん中に立ってるのが微妙ですよね・・・・(; ̄Д ̄)

それでは皆さんお疲れ様でした。


劇場版 屍囚獄 結ノ篇
客席に段差が無く、登壇者も客席と同じ高さなので前列の人の頭とかが写りまくりゆえに下部トリミングしています。


よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994360
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH