映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-079】めがみさま ★★★★☆ | main | 【17-22】劇場版 屍囚獄 結ノ篇 【上映前】舞台挨拶レポ >>
【17-21】めがみさま 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2017年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
「はらはらなのか。」「笑う招き猫」に続いて今回も松井玲奈目当てで舞台挨拶です!

■会場:シネマート新宿
■座席:E列(A列マスコミ)
■MC:????
■登壇者:松井玲奈、新川優愛、廣瀬智紀、宮岡太郎監督

【ご挨拶】
・たくさんの方に集まって頂き嬉しく思う。観終った後?始まる前かと思ってたww(松井)
・初日、いよいよこの日を迎えられたなとドキドキもあるけど嬉しさの方が勝ってる。観て頂いた方がどう感じたかな?というのが正直なところ(新川)
・今日と言う日をたくさんのお客さんと一緒に迎える事ができて幸せです(廣瀬)
・初日にたくさんの方に集まって頂いて感無量。登場人物のやりきれなさや切なさ、人から認められたい受け入れられたいという思いを120%の力で演じてくれた新川さん、松井さんによって出来た魂の作品です(監督)

【ラブのセラピーに心酔しちゃうかも?という方は?(客席に振る)⇒挙手パラパラ】
・こういう言葉を人からもらえたら嬉しいなという言葉をラブは人に与えてくれるからこそラブの事が好きになって行くと思いました。(松井)
・後半、やり過ぎる事はあるんだけど、100%とは言わないけど、言葉にする事や行動する事が必要なのかな。辛い事から逃げられるきっかけになるのであればそう言う事も必要なのかなと(新川)
(廣瀬さんはお客さんの反応を見てどうですか?)
・ホントにそう思います・・(廣瀬)
 ⇒もし自分がラブに出会ったら、自分もラブに心酔してしまうか?っていう・・・(松井)
 ⇒松井さんの意見に一緒です(廣瀬)
 ⇒私の方ですね?www(松井)
 ⇒自分のやりたい事、言いたい事を言うのは大事なんですけど、すごく考えさせられる。そうできたらいいなと思う所もたくさんあるけど、そうは行かないこの世の中だったりとか・・・(廣瀬)
 ⇒誰なんですか!?www(新川)
 ⇒ホント面白いww(松井)
 ⇒でも、そこにスポットを当ててるんですよね?(廣瀬)

【演出で苦労したのでは?】
・僕の中では、観る人に解釈を委ねたい色んな感じ方をして欲しいという事を一番に考えていた。理華っぽい所もあるしラブに感化される所もある。でも嫌だって思う所を両方持ち合わせた2人を作りたかったので、そこは現場で相談しながら出来たと思う(監督)

【giftに続いてのタッグとなりましたが】
・前回も天性のものを持っている女優だと強く感じたんですが、今回は役が完璧に憑依していて、凄かったですね。最初の方は浮遊霊みたいに撮る・・世の中に馴染めない人を撮りたかったんですが、現場にはフワーっと来るんですが、芝居が始まるとその場の空気が変わるような瞬間が何度もあって、giftの時より素晴らしい女優さんになった(監督)
⇒監督自身がサスペンス?ホラーが好きなんですか?それをずっと聞いていたので、人の気持ちを不安にさせるような演出が多いと思ってた。今回も出来上がった作品を観て初めて宮岡監督のカラーが散りばめられてると思いました。初っ端の理華の笑顔の練習とか、もうホラーみたいな。恐さしかない。それが理華の心の中の葛藤やモヤモヤしたものを表現してるんだなと思いました(松井)

【新川さんは監督とは初めてですね】
・2人とも役に真面目に向き合って、台本も読み込んで演技がしっかりしてる。現場では楽しかったです(監督)
・以前仕事をした時は10代で、久しぶりに会って不思議な気持ちでした。私も年齢を重ねて成長したと思うけど、監督の引っ張って行く力に感動しました(新川)
 ⇒撮影が終わった後、帰ろうかと思ったら、隅で廣瀬さんと2人向き合ってるんです。廣瀬さんが人生に悩んでるのを聞いてる新川さんのセラピーみたいでした(監督)
 ⇒「どうしたいの?」「こうしたら?」って提案してました(新川)
 ⇒ありましたね。新川さんとは昔共演したんですが、今と印象が変わらない。頼りになるお姉ちゃんという感じです(廣瀬)
 ⇒(廣瀬の方が)7つ年上ですからね!(新川)
・監督とは初めてですが、歳も近く、人間らしい監督です。現場で悩んでいる姿を見せるんですが、そんな監督と一緒に作るのが楽しかったです(廣瀬)
 ⇒初めて会った時、「川崎(廣瀬の役)が来た!」と思いました(監督)

【ここでお悩み解決コーナーです】
(就職で悩んでいます。今の職業を選ぶにあたって迷いはありましたか?選ぶ決め手は何ですか?)
・僕は無かったです。決め手も無いんです。他にやりたい事も無かったんですが、この世界に入って勉強する事がたくさんあって、興味深い事がたくさんあり過ぎて、人生全てでも勉強しきれないくらいの量と思うとワクワクする。この仕事は天職と思う(廣瀬)
・私自身は芸能の仕事をしたいとずっと思ってたタイプなので、これしかないと思って今頑張ってる。やりたい事が分からないと聞かれる事がありますが、私が教えてもらったのは、やりたくない事をいっぱい挙げて、それ以外はやれる事だから、やれる事の中から選べばいいよって。それは確かに合理的だなと思いました。何かに迷った時は、やりたくない事、嫌な事を並べて考えるようにしてます(松井)
 ⇒なかなか出来ないですね。僕は自分に甘いので、やりたい事を書いちゃう(廣瀬)
 ⇒それは自分のやりたい事をやればいいと思う(松井)
・私は全く違うお仕事に就きたかった。それに向けて勉強もしてました。介護系のお仕事です。そっちの方が現実味がある。芸能の仕事って分からないじゃないですか。なので、いつかそういう仕事に就くのかなと思ってましたが、気付いたらここに居るという感じ。オーディションとかも受けてはいたので、受かってファッション誌が始まって・・・今でも(介護に)興味はあるんです。いつかそういう事に関わりたいです。お二人と違って面白くないですね・・笑う所が無くて・・(新川)
 ⇒今分かった。お姉ちゃんぽいと思ったのが。介護されてる感覚になってたのかとww(廣瀬)
 ⇒いやいやww(新川)
 ⇒どれだけ心が疲弊してるんですかww(松井)
 ⇒それだけ包容力があるという・・(廣瀬)

(告白する勇気がありません。喝を入れて下さい)
・一言でですか・・・。「喝!!」(廣瀬)
・・・・・「喝!!」(松井)
・「喝!!」(新川) ※何だコレ・・・ww

【それでは最後にメッセージを】
・観る人によって見え方が変わる。ぜひ帰る時に「あれは何だった?」とか色々と考えてくれたら(監督)
・この映画こそ1回じゃなく2回3回と観て頂きたい理由が明確にあると言うこの映画が、自分にとって、川崎(役名)に出会えて良かった。この先もインターネットのお便りをお待ちしています(廣瀬)
・ラストシーンもそれ以外も、観て頂いた皆さんそれぞれ色んな感じ方をしたと思う。何が悪い。何が正しいかは一概には言えないと言う事はこの作品で伝える事が出来たと思う。私はこう感じた、私はこう思ったと言う事を帰りに話して頂きたいし、今日友達と来てたら次は家族とか色んな関係性の人と観て話をすると違った楽しみ方が出来るのでは?と思う(新川)
・公開日を無事に迎えられて皆さんの目に触れる事ができて嬉しい。映画は皆さんに届いて初めて完成。これから完成する回数が増えるのかなと思う。この作品を観て、私自身は自分の人生は自分で選択するものと感じたので、ぜひ自分の人生自分らしく進んでいってもらえたら嬉しい。この映画を観ると言う選択をして下さった事が嬉しい(松井)

以上で終了になります。

松井玲奈って、ここまでショートだっけ?というくらい髪が短い(「笑う招き猫」劇中でも金髪ショートだったけど、舞台挨拶の時は伸びてたはず)のがビックリです。
今年上半期で3本舞台挨拶見たけど、ひとまずここで一区切りかな?
また出演映画が公開されたら舞台挨拶ともども観に行きます!(完全な松井玲奈ヲタじゃねーかww)

◆MAiDiGiTV提供の舞台挨拶動画




◆映画ナタリー:松井玲奈、新川優愛、廣瀬智紀が気合いの「喝!」3連発、「めがみさま」初日
◆モデルプレス:新川優愛、年上俳優から人生相談されていた “包容力”に松井玲奈も納得
◆エンタメOVO:松井玲奈&新川優愛、就職悩み相談にアドバイス 新川、介護職を目指した学生時代を振り返る
◆ORICON NEWS:新川優愛が告白「介護系の仕事したくて勉強してた」
        松井玲奈&新川優愛は憑依型女優? 監督が絶賛「芝居が始まるとパッと…」
◆MusicVoice:松井玲奈の演技は「凄かった」宮岡監督が絶賛「役が完全に憑依」
◆T-SITEニュース:松井玲奈は憑依系女優!? 映画『めがみさま』で宮岡監督が演技を絶賛!
◆ウォーカープラス:松井玲奈、自身の笑顔シーンを「ホラーみたい(笑)」
◆映画.com:新川優愛はセラピストの才能あり!? 7歳上の廣瀬智紀が頼り切り「お姉ちゃんみたい」
◆ブンロク:芸能界は天職か? 松井玲奈、新川優愛ダブル主演『めがみさま』初日舞台挨拶

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994359
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH