映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>




RECOMMEND
<< 【17-18】聖ゾンビ女学院 【上映前】舞台挨拶レポ | main | 【17-074】家族はつらいよ2 ★★★★☆ >>
【17-073】聖ゾンビ女学院(ネタバレあり) ★☆☆☆☆
category: 2017年の映画レビュー | author: moeru-movie
ゾンビと名が付けば何でも観てしまう悲しい癖によって聖ゾンビ女学院を鑑賞。

“ギンプ”と呼ばれる歩く死者が大量に発生し文明の大半が失われた世界で、7人の少女がフェンスの張り巡らされた校舎で学園生活を送っていた。
人類の未来を託された彼女たちは外の世界や人間を知ることなく、ひたすらギンプとの戦闘術を学んでいる。
ある日、訓練中に1人の生徒がギンプにかまれたことをきっかけに、少女たちは学園に対する疑念を募らせる。


売れてないアイドル+ゾンビという図式は今までも何本もあり、その全てがほぼ100%に近い確率で酷い出来でした。
今回も、クオリティには全く期待せず、もちろん芝居にも期待してないし「怖さ」「グロさ」も期待していません。
「また脱力系のクソ映画というオチだろ」と思ってハードルを思いっきり下げて気軽に観たのですが・・・・

つまらなすぎる!!!!!

こういう映画はさぁ、もうまともに作っても面白くなりようが無いので、何でもいいから振り切ってやり切る「意外性」が必要と思うんですよ。
それが笑いになってしまうも良し。現実感ゼロになってしまうも良しなんですよ。インパクト命!なんですよ。
でも、スクリーンの中で繰り広げられるのはダラダラとした緊張感の無い小競り合いばかり。

そしてこの映画の頂けないところは 「着地点を見失ってる」事です。
「あ、ここで終わりか・・・」「はい、エンドロールね」と思う事数回。それでも物語がダラダラ続きます。
もうそれが苦痛で苦痛でねぇ。。
話としては、シャマラン監督の「ヴィレッジ」に通ずる所がある感じなんだけど、そこを掘り下げる訳でもなく、大オチは「渋谷107」とは・・・・。

そんなわけで、世間一般の人の中ではアイドルには詳しい方だと思っている自分ですら全く名前も知らなかったアイドルグループの『虹のコンキスタドール』のファンの人以外には全くオススメできません。
比較的胸厚な子が多いところが少し見所ではありますが、全く知識が無いと、もはや誰が誰やら・・・って感じです。

相変わらずな亜紗美姉さんの存在感に敬意を表して星は1つだけ差し上げます。
何年後かに『虹のコンキスタドール』が大ブレイクしたら、この映画を初日に舞台挨拶付きで観た!って自慢できるんだが・・・・(遠い目)

◆パンフレット:A4判・20頁・1000円(高っ!)

聖ゾンビ女学院

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994350
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH