映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-068】ドラゴンへの道(日本初公開版) ★★★★☆ | main | 【17-17】サクラダリセット 後篇 【上映後】舞台挨拶レポ >>
【17-069】サクラダリセット 後篇 ★★☆☆☆
category: 2017年の映画レビュー | author: moeru-movie
前篇も初日に観ましたが、後篇も初日からって事でサクラダリセット 後篇を鑑賞。

絵里(恒松)の記憶操作能力、同級生・智樹(健太郎)の時空を越えて声を届ける能力、奉仕クラブの幽霊部員・陽香(玉城)の物を消す能力を組み合わせることで、2年前に死んだ菫(平)をよみがえらせようと奔走するケイ(野村)。
自分の行動が咲良田市管理局からマークされているのを意識する中、彼は強大な権力を誇る管理局対策室室長・浦地(及川)が街の未来を揺るがす計画をひそかに進めているのを知る。
さらに計画と菫の関係も突き止め、ケイは美空(黒島)や絵里らと浦地を止めようとするが……。


え〜、最初にしょーもない事を書きますが、現在めっちゃ仕事が多忙で記事を書く時間が取れません。
従って、空前絶後の省エネ(手抜きとも言う)記事にします。

正直言って、途中から話を見失いました。
それは、「興味を失った」からなのか、話を見失ったから興味を失ったのか、どっちが先か分かりませんが、とにかく1時間くらいから先は、ぼーっと惰性で観ているだけになってしまいました。
この映画を観た方の中でも「分かんない!」と思った方は少なくないんじゃないかな?

いちおう前篇から綺麗につながってるし、出演者は一生懸命演じてます。
でも、自分には及川光博の芝居が何かムズ痒かった事と、結局誰にも感情移入できない(何でだったのか・・・)事が重なって、観終ってもほとんど記憶に残っていない結果となりました。

そんなわけで、前篇の★★★☆☆から後退の★★☆☆☆です。残念・・・。

◆パンフレット:B5判・36頁・720円

サクラダリセット 後篇

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994343
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH