映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-15】笑う招き猫 【上映後】舞台挨拶レポ | main | 【17-16】ヴァンパイア ナイト 【上映後】舞台挨拶レポ >>
【17-065】ヴァンパイア ナイト ★☆☆☆☆
category: 2017年の映画レビュー | author: moeru-movie
GWだと言うのに、いかにもC級ホラー臭が漂うヴァンパイア ナイトを鑑賞。

どんな病にもいい泉質と評判の山奥の温泉旅館「三春屋」に、雪村佐代(柳)と彼女の妹でアーチェリー選手の美和(上野)が保養に訪れる。
その夜、酔った桜井裕吾(勇翔)が発砲し仲居が死ぬが、仲居の正体は吸血鬼で宿は吸血鬼の巣食う場所だった。
雪村姉妹は、ヴァンパイアハンターであった桜井と一緒に、吸血鬼たちとの死闘に身を投じる。


この手のC級ホラーの場合、「頑張って怖がらせてる」か、「ハチャメチャにやってコメディ要素を押し出す」のいずれかに振りきっちゃう事が大事だと個人的には思っております。
最悪なのが「怖がらせる技術・工夫・創作もなく、話もつまらない。笑いの要素も極薄」ですが、この映画はまさにこの最悪パターンに当てはまる出来となっていたと思います。

主人公は「逃走中の凶悪犯人向かって発砲できずに取り逃がした女刑事の姉」と「オリンピック候補なのに大事な試合でミスした事がトラウマになって打てなくなったアーチェリー選手の妹」という姉妹です。
この姉妹が街中の占い師の勧めで人里離れた温泉旅行に出かけますが、実はその宿が吸血鬼の巣窟だったと言う話です。
「立ち寄った所が吸血鬼の巣窟」という設定は「フロム・ダスク・ティル・ドーン」でもおなじみの設定でもあり、無難に作ろうと思えばそこそこは纏まるはずなんですが、何もかもが雑で中途半端な出来です。

まず、舞台となる温泉宿は「知る人ぞ知る秘境」みたいな所のはずなのに、そこそこ宿泊客が居ます。
でも主人公の姉妹とヴァンパイアハンターの男、そして認知症の母を連れた男以外は全くストーリーに絡みません。
どうせ絡ませないなら最初から出さなくていいと思うんだけどなぁ・・・。
で、吸血鬼軍団が本性を表して宿泊客を襲いますが、直接的な描写もなく、ただキャーキャーと悲鳴が聞こえるだけです。
そして「ヴァンパイアハンターが中心となって敵を倒す」⇒「中ボス的なオッサンにあっさりと撃沈される」⇒「認知症と思ってた婆さんが実はキレ者の祈祷師だったので、中ボスオッサン撃破」⇒「でも、敵のボス兄ちゃんにアッサリと倒される」という、良く言えば目まぐるしく変わる見逃せない展開、悪く言うと雑な展開で、今イチ気持ちが乗りません。

そしてそして最終的には「姉妹とヴァンパイアが対峙」なんですが、これも超絶アッサリと「妹がアーチェリーでボス兄ちゃんを倒す」で終わってしまいます。
このラストも、普通に弓を撃って、胸に刺さるとピンク色の血が出て終わりというクソつまらないオチ。

そうじゃないでしょ?頭悪いの?

まず「銃が撃てずに犯人を取り逃がた姉」と「心の傷で弓が撃てなくなった妹」なら、それぞれにその傷を克服するクライマックスを用意するべきだし、そのシーンをより緊迫感あふれる場面にするなら、例えば銀の弾的な特殊な弾とか素材を使って(でも貴重な素材なので1発しかない)、相手の眉間(非常に局所的な急所)を狙うしかないという場面にでもすればいいと思うんだけど、何の捻りも工夫も無い。本当に脱力するしか無い無能っぷりです。

キャラにしても、まず姉の方はどう見ても新人ホヤホヤにも関わらず「凶悪犯を狙撃できなかった」という設定がミスマッチだし、ヴァンパイアハンターの男の「常にウイスキーの瓶片手に飲んだくれてる」というキャラは全く意味を成さず、更に認知症母を連れた男は序盤でサバゲーを趣味にしている場面がありながらも肝心なヴァンパイアとのシーン前に認知症母の杖で殴られただけでアッサリ気絶、その後気付くも「トイレ行く」と言ってはぐれたらアッサリと敵にやられるという情けなさ。
更に更に、そんな風に敵にやられたなら、吸血鬼になって戻ってきて他の人と戦えばいいのにそれも無し。

そして最大の愚行は「温泉宿が舞台なのに、姉妹の入浴シーンを全く出さない」(ヴァンパイアハンター男の入浴シーンはちょっと出してるのに)と言う事。
いや、笑いごとじゃなく、お約束シーンとして、お客さんはそういうシーンを楽しみにしているはずなんですよ。
それが無いなら温泉宿を舞台にする意味がありません。
※上映後舞台挨拶で入浴シーンを撮らなかった理由を「R指定になっちゃうから」と言ってましたが、TV地上波でだって入浴シーンなんて流れてるじゃねーか。バカなの??

そんな感じで、何から何までやる気の感じられない雑なクソ映画っぷりにイライラしました。
主役2人は・・・・・
・柳:薄手のシャツ着用によるオッパイ強調+ショーパンは良かったが、「実は処女」という小ネタは説得力薄く不要(本人のせいじゃないけど)
・上野:いきなり顔のアップだが、お肌の状態が悪いのが残念。まずまず胸厚+姉と同じショーパンはいいのに宝の持ち腐れ。

最後に、本文でも少し書いたけど、この映画の「血糊」の出来が悪過ぎて笑っちゃいます。
出来が悪いためか、血のシーンの画面の色を変に変えているんですが、それで余計におかしくなっています。
これも「R指定になっちゃうから」とか思ってるのかな?(んなアホな)

◆パンフレット:販売無し

ヴァンパイア ナイト

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994338
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH