映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>




RECOMMEND
<< 【17-062】3月のライオン 後編 ★★★★☆ | main | 【17-063】PARKS パークス ★★☆☆☆ >>
舞台『まゆをひそめて、僕を笑って』観劇
category: 舞台 | author: moeru-movie
え〜っと、今年に入ってからは初めての舞台観劇となりましたが、観たのはまゆをひそめて、僕を笑ってです。

自分が観る舞台の多くは「贔屓のアイドル」とか「若くて可愛い子が出てる」とか、そういう変態な嗜好によります。
では、この舞台は何なのかと言うと、元乃木坂46の伊藤寧々が出ているからです!
と偉そうに書いてますが、実際は観に行く数日前に思い立ってHPにアクセスしたらいい席が空いてたと言う幸運な巡り合わせによります。
でも、たった4日間しかない上演期間なので、席が取れて良かったです。

恋愛経験はあるものの、心より人を好きになった経験の無いセイヤ(藤原季節)は美術学校で講師を勤めながら、年下のマー(岡本あずさ)と体の関係を持っていた。
マーは自身にとって初恋の人であるセイヤと、関係がハッキリとしたないまま、続けていても良いのか、唯一のマーの親友であるカズハ(仲谷明香)に相談を続けている。
セイヤの務める美術学校に通い、自身の経験から約束のある男女関係に嫌気が差していたジュリア(福田麻由子)。
講師と生徒の関係であるセイヤと、セイヤの先輩タケウチ(風藤康二・風藤松原)をきっかけに互いに興味を持ち始め、徐々に二人は心に恋を芽生え始めさせていく。
同じ美術学校に目的も無く通い日々を意味無く過ごしているモク(佐伯大地)と一人の時間が嫌いなコトノ(伊藤寧々)。
ジュリアと仲の良いハル(平嶋夏海)と四人でつるむこともしばしば。
しかし、そこにジュリアとセイヤの恋仲が絡まり始めた事で…


主役は「セイヤ」と「ジュリア」の2人なんだけど、その2人の友人も巻き込んで「誰と誰が浮気した」「ケータイの履歴を勝手に見た」「SEXが下手で早漏だ」「このヤリマンが!」と、色々と痴話喧嘩があったり、人によって見せる顔を変えたり・・・という具合に、「良くある事」というと言い過ぎかもしれないが、特に珍しいとも思えない男女の日常関係が淡々と描かれ、それが最後には「凄い修羅場」になるという話です。

いやね、男女の痴話喧嘩を傍観するって言うのがこんなに面白いのかと改めて思わされましたよ。
とにかく、藤原季節くんと福田麻由子が延々と繰り広げる罵り合いとも言える修羅場な喧嘩シーンは圧巻の一言。
もちろん芝居なので台詞として言ってるはずなんだけど、もはや間や呼吸なんてぶっ飛んでて、本当に言い争っているとしか聞こえない様は本当に観応えがありました。
福田麻由子なんて、しまいには「xxxだっつってんだろうコノヤロー」的なダークサイドなキャラも挟んで、ホントに傍観者にとっては飽きない光景を見せてもらいました。
福田麻由子も子役の頃から芸歴は長いので、本当に素晴らしかったです。
もちろん相手の藤原くんも、それに負けず劣らずの長時間口喧嘩をこなしてて、こちらも本当に良かったです。
※他にも色々な人を何人も巻き込んで、文字通りの修羅場になってます。

と、そんな修羅場な痴話喧嘩シーンばかりが印象に残っていますが、サイドストーリーもなかなか面白く、終わるまで全く退屈するシーンはありませんでした。
藤原くんVS岡本あずさというカップルも冒頭はイイ感じなのに、実は本気では無い?という微妙なものだったのも面白いです。
ちなみに、この冒頭の「藤原&岡本」は、ラブシーンしそうでしませんでしたが、「藤原&福田」はガッツリと本気のチューをしていました。

それでは出演者(女性陣中心です)に対するワンポイントコメントです。
・福田麻由子:前述の通り。素晴らしい。言う事無し。
・藤原季節:同上。舞台とは関係無いけど、乃木坂の『太陽ノック』のMVに出ていたとか!!
・岡本あずさ:芝居が自然で良かった。後半出番が減るのが残念。
・伊藤寧々:我らが寧々ころ。相変わらずカワイイけど少し大人っぽくなりました。出番は少ないけど修羅場シーンでキーパーソンになってて良かった。
・平嶋夏海:序盤の「高笑い」シーンでの笑い方は秀逸。出番は少な目でした。
・仲谷明香:出番が異常に少ない。仲谷がどうこうではなく、役柄として全く居る意味の無い存在だったのが残念。

最後に、舞台本編とは関係ありませんが、会場の赤レンガ倉庫(横浜)では、宇都宮餃子祭りが行われていました。
夜は9時までだったので、舞台が終わった後は既にCLOSEされていたのが残念です。。。
※観劇前に餃子食うと、臭いが気になるからそれは残念ながら自粛し、いい臭いだけ嗅いで我慢しました。

寧々ころちゃん、また細々とで良いので、舞台女優活動を続けて元気な姿を見せてください。
(なお、深川麻衣出演舞台は観に行く予定はありません)←チケット取り損ねただけ・・・

◆パンフレット:40頁・B5サイズ・フルカラー 2,000円 ※買うつもりはなかったけど、舞台に満足したので帰りに買いました。

まゆをひそめて 僕を笑って

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:舞台鑑賞

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994334
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH