映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-057】惑星アドベンチャー スペース・モンスター襲来! ★★★★☆ | main | 【17-059】太陽の怪物 ★★★☆☆ >>
【17-058】昆虫怪獣の襲来 ★★☆☆☆
category: 2017年の映画レビュー | author: moeru-movie
「ガチバーン映画祭」@横浜の5本立ての2本目は昆虫怪獣の襲来です。

ブレイディ博士とモーガン氏は、宇宙放射線が生物に与える影響を調べるため、サルやスズメバチを乗せた実験用ロケットを打ち上げる。
だが、ロケットは故障し、“緑の地獄”と呼ばれるアフリカの密林地帯に墜落。以来、その付近で巨大なハチのような怪物が出現し、人や動物が襲われるという怪事件が発生する・・・。


タイトルの通り、巨大昆虫の話です。
と言っても、出てくるのは巨大スズメバチで、その唯一の巨大昆虫ですらそれほど画面に登場しません。
その代わりと言っては何だが、舞台がアフリカって事で、原住民とのいざこざだったり、殺された奴がどうのこうの(すみません。あまり頭に入ってなかったので超テキトーです)というどうでもいい話で引っ張りまくります。

そしていよいよクライマックスは人間様VS巨大スズメバチ(の女王?)の対決!!と思いきや、人間様は逃げ惑うばかりでちっとも盛り上がりません。
挙句の果てには、とある自然現象(かなり唖然とする唐突な自然現象です。あえてどんな自然現象かは秘密にしておきます)によって、あっという間に巨大昆虫はあぼーんします。
う〜む、めっちゃ強引で雑な幕引きで、さっさと「The END」って終わっちゃいます。すげーな・・・。

でも、この作品は1957年製作のモノクロ映画ですよ。60年前ですよ!
60年前の割には、巨大昆虫の造形とか頑張ってると思います。
そりゃあ今見りゃチープすぎるし、合成も雑だし、何から何までトホホですけど、時代を考えればナカナカだと評価しております。
もっと人間様との対決で盛り上がればよかったんですが、そこは残念。
でも、​古き良き時代万歳です!

◆パンフレット:もちろん販売無し

ガチバーン14

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994328
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH