映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-051】ホーンテッド・サイト ★☆☆☆☆ | main | 【17-053】はらはらなのか。 ★★★☆☆ >>
【17-052】キングコング:髑髏島の巨神 ★★★★☆
category: 2017年の映画レビュー | author: moeru-movie
観る予定は無かったのに、気まぐれでTOHOシネマズのIMAX3Dにてキングコング:髑髏島の巨神を鑑賞。

コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてきた謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。
島には骸骨が散乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。
そして彼らの前に、神なる存在であるキングコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。


まあね、今さらキングコングって言ってもねぇ・・・って感じで期待しないで観たんですが、これが結構面白かったですよ。
まず、キングコングの登場をもったいぶらずに、割と早めに登場させる。
そしてコングだけじゃなく、巨大蜘蛛、巨大タコ、そして天敵の巨大トカゲと、ジュラシックパーク的な、「巨大生物の島」的な、何だか「ザ・怪獣映画」という感じでワクワクします。
※ちなみに、その巨大タコはコングに食べられてしまうのですが、見てて美味しそうでしたwww。
そんな巨大生物同士が完全に「プロレス」してるんですよ。もはや超高級な「ウルトラファイト」(これが分かる人はアラフィフの中年だ!)に見えてきました。

じゃあ、怪獣同士のバトルロイヤルなのかというと、やっぱり人間様との戦いも当然あるわけなんですが、この映画に関して言うと、明らかに人間(原住民たちは除く)が悪いんですよ。
コングの家に勝手に乱入してるくせに攻撃してくるんですからね。
どう考えても体格差等から勝ち目も無いのにチョロチョロとコングの周りをヘリで回る、そして案の定叩き落されるに至っては、こちらも人間様でありながら「ざまあみろ」とすら思えてしまう。
このヘリ軍団、登場シーンは「地獄の黙示録」っぽいし、このヘリアクションシーンで、不意に大好きなブラック・サバスの「PARANOID」がかかって、完全に心がアゲアゲになったのも自分的にはプラス要素です。

でも、さすが女に目が無いのはコングも人間も同じで、これと言った大変な出来事があった訳でもないのに、何故か他の怪物から守ってもらえるカメラマン女とか、それなりに「キングコングのテイスト」を押さえています。
その後、生け捕りにされてニューヨークへ・・・と言う描写は全くなく、そこから先は巨大生物同士のプロレスと人間様がチョロチョロと・・・みたいな感じで、すっかり中心はコングです。
「これがキングコングなのか!?」と言う気もしますが、いいんです。ニューヨークで射殺されるだけがコングじゃ無いですよ。
全編CGバリバリなのは最初から分かっているので、そこも気にせずに怪獣バトルを楽しみましょう!

さて、登場人物ですが、色々とキャラが立ってて面白いです。
サミュエル・L・ジャクソンは悪役ポジションなのはいいのですが、けしからんのは2人の女。
1人は前述のカメラマン女なのだが、こんな男だらけ&怪物だらけ&怪しい原住民なのに、お構いなしにタンクトップからのパイスラですよ。このカメラマン女!そのパイスラが気になって集中できないじゃないか!
そしてもう1人の女は、生物学者の中国人女。
まあ、この女は、やはり「男だらけ&怪物だらけ&怪しい原住民」の中で異様に浮いてます。
何が浮いてるって、回りの状況・風景に不釣り合いな可愛さが浮いてるんだすよ。
可愛い顔して、いちおう銃とか構えちゃってるんだけど、何やっても可愛いじゃないか。
良かったなぁ、この映画が「キングコング」で。これが「人喰族」なら、原住民からおっぱいにフックかけられる所だぞ!と訳の分からない感想を持ってしまいました。

そしてそして、あちこちで盛んに書かれているので知っている人は知っていますが、絶対に忘れてはいけない事を1つ書いておく。
この映画は絶対にエンドロール中に退席してはダメ!!と言う事です。
エンドロールが終わった後、ちょっとしたシーンが続きとして流れるんですが、これを観ないとこの映画の価値が半減します。
自分は普段から最後まで観る派(「派」って言うか、それが当たり前でしょ?)なので問題無く観られましたが、エンドロールが長かった事もあって、帰っちゃった人がたくさん居たのは残念でしたね・・・。

最後に、冒頭で書いた通り、TOHOシネマズららぽーと横浜のIMAXで観たんですが・・・・
「これでIMAXなの?」って言うのが正直な感想でした。
IMAXと言っても、今まで109シネマズ川崎のIMAXしか観た事ないんですが、それよりも断然「普通感」がありました。
同じTOHOシネマズのTCX(TOHO CINEMAS EXTRA LARGE SCREEN)と大して変わらないんじゃないか!?とも思え、全く「プラス500円」の価値を感じませんでした。
少なくとも、今後TOHOシネマズで積極的にIMAXで観る事は無いと思います・・・。

でも、繰り返しですが、映画自体は深い事考えずに、単純な巨大怪獣プロレス映画と思えば十二分に楽しめると思いますよ!

◆パンフレット:大判サイズ・36頁・820円

キングコング:髑髏島の巨神

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994319
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH