映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-044】ロスト・エモーション(ネタバレあり) ★★★☆☆ | main | つぶやきFES 博欅場所〜GUM ROCK FES2〜 @両国国技館 >>
【17-045】スイッチ・オフ(ネタバレあり) ★★★☆☆
category: 2017年の映画レビュー | author: moeru-movie
続く未体験ゾーンはスイッチ・オフです。

カリフォルニア北部の森の中で、父親と一緒に自然に囲まれた暮らしを送る姉妹エバとネル。
ところがある日、突如として世界中の電力が消失し、電気も電話も使用できなくなる。
生活物資も手に入らなくなり不便な生活を強いられながらも、3人は家族で力を合わせて乗り越えようとするが、今度は父親が大怪我をして命を落としてしまう。
社会と完全に切り離された森の中で2人きりになった姉妹は、自分たちの力だけを頼りに生き延びることを決意する。


突如電力が消失し、電話も何も使えない・・・・って、この間観た邦画の「サバイバル・ファミリー」と同じ話やんけ!
と思うけど、一応コメディだった「サバイバル・ファミリー」と違ってこちらはガチな予感がして楽しみにしてました。

父と娘2人が暮すのは山奥の一軒家。
都会で無いぶん、割と自給自足の要件も満たしているようで、電力が止まって何日も経っても特に脱出しようとせず、腹を括って直るのを待っている感じです。
「ダンス命」の姉は、音楽が無くてダンスができない(メトロノームの単調なリズムだけなのでストレスが溜まってる)のでかなりイライラしていますが、何とか生活しています。

ここでまず第一の見せ場として、父が森の中で使っていたチェーンソーのトラブルで自らの足をザックリ傷付けてしまい、あえなく失血死。姉妹は2人だけになってしまいます。
ここは父の遺言通り、2人で力を合わせて生きて行かなきゃいけないのに、相変わらず姉ちゃんはダンスできないストレスで些細な事に対しても拗ねたりして2人は不仲になりそうです。

そんなこんなで数週間が経った頃、第二の見せ場として、妹の彼氏が徒歩で姉妹の家にやって来ます。
「あー、こりゃあ妹が妊娠しちゃうパターンだろ」と思いながら観ていると、2人は「8カ月半かけてボストンに歩く(ボストンは電気もあって職もあると言う噂を信じてる)」と言い出し、2人で出て行ってしまいます。
しかし、幾らも経たないうちに姉が恋しくなった妹は「帰る」と言って戻ってしまいます。
ああ美しき姉妹愛。これを機に姉妹の仲はまた戻って、電気は無いけど平穏な日々がやってきます。
そうこうしてる間に、妹は無事に生理が来て、「やった!」と喜んでます。
ちなみに、妹役のエレン・ペイジは、この彼氏とのベッドシーンで美乳を披露しています。

そして既に半年くらい経っても電力は戻らず、森の一軒家は自作の家だったのか、雨漏りとかが激しくなって段々とヤバい感じになってきます。
そんなある日、スタンという男が姉妹の家を訪ねてきます。
歩いて来たと言うスタンですが、もうあまりにも怪し過ぎる(いちおう「大丈夫だよ」的な空気を出していますが、目つきが怪しいです)緊迫した空気の中、予想通りあっという間に狂犬と化したスタンは早速姉をレイプ。その後、ガソリンと車を奪ってさっさと姿を消します。
姉の悲鳴を聞いて駆け付けた妹ですが、姉はやられた後でした。

心身共に深く傷付いた姉ですが、電気が止まって既に8カ月が経ったある日、姉が激しく嘔吐します。
「食中毒かな?」と考える妹ですが、映画を観ている誰もが「レイパーの子を宿したな」と気付きます。
案の定、妊娠が判明した姉(妹じゃ無く姉かよ!と突っ込みたい所です)ですが、意外な事に「産む」と決心します。

すると映画は早くも「1年3ヶ月後」に飛び、姉は臨月状態に。
前は野草とか木の実を採って食を繋いでいましたが、もはやこの際「食糧どうしてる?」と言う事を気にするのは野暮なような気がしてきます。
※飼ってた鶏はずっと前にイノシシに食べられて全滅しちゃったしなぁ。
そのイノシシを狩って(狩猟の銃はある)姉の為に栄養を摂らせてたので、きっと野生動物を狩って食料にしてたと思い込みましょう。

しかしその頃になると、家はあちこちが壊れて崩壊寸前。
っていうか、崩壊が始まっちゃったので、臨月の姉を連れて、森の中の木陰に作った小さな小屋状の所(妹はここで彼とSEXしてた)に姉を運んで出産しようとします。
※崩壊した家を後にする時に、わざわざ大事なガソリンを使って家に火を放ってから森に逃げます。

そして可愛い赤ちゃんが生まれますが、赤ちゃんが生まれた瞬間、その赤ちゃんを抱いて何故かタンクトップをたくし上げておっぱいを露出する姉の謎行動が何を意味してるのか(産まれた瞬間の赤ちゃんにすぐに母乳をあげようとしたの?その割には吸わせてはいないし)、未だに意味が分かりません。

そんな感じで、結局電力は回復せず、家も崩壊した状態で赤ちゃんが生まれて映画は終わります。
まるで「ゾンビ」のラストのような「赤ちゃんを育てなきゃいけないのに、お先真っ暗」な状況は、決してハッピーエンドとは言えないでしょう。

「サバイバル・ファミリー」が、コメディのはずが中途半端な「家族愛」の話だったのと同様に、この映画も終わってみれば「姉妹愛」がテーマでした。
「父死亡」「妹の彼氏登場」「レイパー登場」という変化だけで100分引っ張ったのはいいんですが、自分には「姉、出産を決意」の動機がまるで理解できなかったんだよなぁ・・・。
男や家庭、赤ちゃんに興味があったとは思えず、言ってみれば「ダンス馬鹿」な姉でしたよ。それでレイパーにやられちゃってだいぶ傷付いたはずなのに、何で「産む」なんだろ。急に母性が目覚めたにしても、レイパーの子はねーだろ(しかもこんな状況でね・・・)と思っちゃう。
そこに何らかの説得力があると少しは評価が上がったのに残念でした。

う〜ん、この映画のジャンルは何になるのだろうか。。。。やっぱり「人間ドラマ」と言う括りになっちゃうのかな・・・。

◆パンフレット:販売無し

スイッチ・オフ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994309
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH