映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-043】ハルチカ ★★☆☆☆ | main | 【17-044】ロスト・エモーション(ネタバレあり) ★★★☆☆ >>
【17-09】ハルチカ 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2017年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
今日はハルチカの舞台挨拶です。

本来であればメイン館のTOHOシネマズ新宿を狙う所ですが、1回目の上映後の舞台挨拶が「8:40の回」というかなり早い時間でした。
2回目の上映前は10:00〜と言う事で手頃ですが、「新宿はアクセス激しそう」「やっぱり上映後舞台挨拶がいい」と言う事を鑑みて、家からの所要時間は新宿と大して変わらない海老名の舞台挨拶(1回目の上映後舞台挨拶は12:30の回)を取りました。
新宿では登壇する小出恵介が海老名では登壇しないと言う違いはあっても、個人的にはそれはどうでもいい事です。
そんな自分のお目当ては、当然Sexy Zoneであるはずもなく、かと言って橋本環奈でもありません。ズバリ「恒松祐里」です。
そんな恒松祐里がほぼすぐ前に立ってくれて良かったです♪

ちなみに、上映開始前にスクリーン前の少し広くなった所に女子たちが群がってました。
何をやっていたかと言うと、佐藤勝利の立ち位置の「バミ」を撮ってるんです・・・・。何か異様な光景でしたよ(; ̄Д ̄)

■会場:TOHOシネマズ海老名
■座席:C列(A列未開放)
■MC:伊藤さとり
■登壇者:佐藤勝利(Sexy Zone)、橋本環奈、恒松祐里、清水尋也、前田航基、市井昌秀監督

それではマスコミも入っていない上映後舞台挨拶の模様をどうぞ。

【まずはご挨拶】
・自信がある。いいモノが出来た。青春の痛みが心に深く届く作品になっています。(佐藤)
・凄く後ろの方までたくさんの方に観て頂いて嬉しいです。(橋本)
・上映後なのでお客さんが温かいです。初日から来て頂いて光栄です。(恒松)
・控室に居る時に(キャパが)630あると聞いてびっくりしています。多くの人に観て頂いて幸せです。(清水)
・早めのお昼を食べて眠い人、これから食べるので腹減ってる人、それぞれいらっしゃると思いますが、話を膨らませて行きたいです。(前田)
・公開を無事迎えられて嬉しいです。(監督)

【「このシーン使われてないな?」とか「思い出がある」と言うシーンは?】
・映画と言うのはジグソーパズルになっていて・・・・(佐藤)
 ⇒おい!今それを言うか?(清水)
 ⇒マスコミが入った舞台挨拶で尋也が言った事を気に入ったみたいでwww(前田)
 ⇒自分が言ったみたいになってる(清水)
 ⇒めざましとかのニュースを見たらびっくりしますよ。言ってるのは尋也なんだからww(前田)
・俳優さんってスゴイなとww。裏話としては、チカちゃんが教室を出て、残った生徒がぶつかり合うシーンが長回しだったんですが、最後にハルタが感情を出して言葉を言うんです。そこで寄りの画も撮ったはずなんですが無かった・・・(佐藤)
 ⇒編集で見たら鼻血が出てたんだよ・・って言うのは嘘ですけど、皆が「20人の中の1人」なので、寄りではなく長回しにしようと思いました(監督)
・割と撮った所は使ってくれてる。走るシーンが無くなったみたいだけど気が付かないです。割と走ってるので。(橋本)
 ⇒朝、バスに向かって走るシーンがあるんですが、部員が集まってからもう1回同じように走るシーンがあるんですが、そこは使っていません。環奈ちゃんは気付いていないですが(監督)
・私は凄く孤独で、皆の話が半分以上分かりません。練習にも呼ばれてなくて、暗い話なんですけど、1人でホテルでコンビニのうどんを食べたりしてました。髪が凄く短いシーンがあったの分かりましたか?分からない方はもう1回観て下さい。(恒松)
 ⇒スマホの画面の中のシーンです!(橋本)
・カットはされてないと思う。最初は芹沢(注:恒松の役名)と一緒に教室に居て、みんなが教室を出るシーンで、1人だけ少し遅れて出たんです。(以下、そのシーンの説明だったけど、発言量多くてメモれず)(清水)
・尋也と一緒のシーンで(思い出が)あります。尋也は常に追い続ける存在なんですが、初めて褒めてもらいました。界雄(注:清水の役名)を誘うために、夜「上を向いて歩こう」を演奏するシーンで、僕は映ってないけど、界雄に戻って来て欲しくて、界雄を見ながら泣いたんです。そうしたら「それが無ければ自分も泣けなかった」と言ってくれました(前田)
 ⇒あの冗談を信じてたんだ・・・(清水)
 ⇒(この後、清水&前田の褒め&ボケとか、劇中の界雄と片桐(注:前田の役名)の絆の話とかあったけど、長すぎてメモ断念)
 ※このやりとりでイジられた前田が「大丈夫。出家はしないので」とボケる⇒「あ、清水(こっちは尋也だが)だしwww」と乗せてくる下りはなかなかデンジャラスでしたwww。

【それでは最後にメッセージを】
・短い時間でしたが、楽しんで頂けたでしょうか。楽器も初挑戦で音楽にも気持ちが乗ってるし感動する所もあります。色んなキャラクターが居るので何回も観てください。(橋本)
・公式グッズでサントラCDが出てます。(佐藤)
 ⇒CDを出す清水&前田。前田は更にスマホを出せば「ケースが変わってる!」と言い、ハンカチを出せば「ハルチカのハンカチだ!」とグッズをアピール。
 ⇒さんざん(グッズ告知を)やると言ってたのに、いい話して終わっちゃうんだもん(佐藤)
 チームは仲が良かったし、役者は気持ちを込めて作りました。青春を再現したので勧めてください。大好きな作品ので、皆にも大好きになって欲しい(佐藤)
・苦しい時期もあったけど、撮影が楽しくて・・・。恒松さんとは少ないけど・・(監督)
 ⇒えっ・・・!?(恒松)
 ⇒冗談ですよww(監督)
 皆が居場所を探しながら1つ1つの音がまとまって音楽が出来る。人は1人じゃないと言うのは綺麗事だけど、2時間でそれを見せ切ったと思う。僕は音楽の素晴らしさをいつも感じてて、学校から聞こえてくる音楽って、演奏してる人は見えなくても心に入ってくる。これは今でいうSNSに近いものだと思う。「発信したものが届く」と言う事で、良かったと思ったらそれを届かして欲しいです(監督)

以上で終了です。
途中、かなりメモ取りを断念してしまいました。無念・・・ごめんなさい。
本当はもっとわちゃわちゃとやっていたんですが、わちゃわちゃし過ぎるのもメモ取り泣かせなんです。

と言う事で、スポットライトが甘く、後ろの方のお客さんからちゃんと見えてたのか心配ですが、自分はかなり前方からしっかりと恒松祐里をガン見出来ました。
回りの佐藤くんファンの女の子からも「恒松祐里ちゃんカワイイ」と評価上々だったようです(何目線で語っている事やら)

最後に、どうでもいい事を1つ。
この日のメイン登壇者の「佐藤勝利」クンですが、「さとう・しょうり」とアナウンスされる度に「佐藤詩織」に聞こえちゃう自分は重度の欅ヲタなんだなと再認識してしまいました。ホントどうでもいい話だな・・・。

それでは皆さんお疲れ様でした。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994307
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH