映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>




RECOMMEND
<< 【17-042】愛MY〜タカラモノと話せるようになった女の子の話 ★★★★☆ | main | 【17-09】ハルチカ 【上映後】舞台挨拶レポ >>
【17-043】ハルチカ ★★☆☆☆
category: 2017年の映画レビュー | author: moeru-movie
公開初日のハルチカを周りはSexy Zone佐藤勝利ファンの女の子ばっかりと言う拷問状況で鑑賞。

聡明で気持ちの優しいハルタ(佐藤)は、引っ越しにより離れ離れになっていた幼なじみのチカ(橋本)と高校の入学式で再会。
憧れていた吹奏楽部が廃部寸前と知ったチカは大好きなフルートを吹くため、ホルン経験者のハルタを巻き込み部員を集めるべく奔走する。
ワケありメンバーばかりだが、廃部を免れたチカたちはコンクール出場を目指す。


まあ、ジャニーズの可愛い男の子と橋本環奈が主役ですからね。
「ハルチカ」ってのもハルタ(佐藤)とチカ(橋本)だし、さぞかし2人のド定番の恋愛ストーリーなのかと思ってましたよ。
何でそんなのをオッサンが観るんだ!?と自分でも思いながら観たわけですが、結果から言うと、そういった「男女の恋愛話」ではなく、ごくごく普通の「部活頑張って全国大会を目指す」といった感じのベタベタな「スポ根系ストーリー」でした。

その対象になる競技は「吹奏楽部」です。
部員が居ないので勧誘して集める⇒クセのある連中が集まる⇒練習開始するも最初はグダグダ⇒かなりの腕前のキャラが登場⇒順調に上手くなっていく⇒もうすぐ大会と言う時になって、ある事件から部がバラバラになりかける⇒でも、立ち直って遂に大会当日⇒そして結果は・・・・と言うまさにテンプレート通りの展開なんですよ。

まあ、テンプレート通りは安心でハズレが無いのかもしれません。
自分もテンプレート通りで安心して観られるベタドラマは嫌いじゃありません。
でも、この映画はあまりにも定番過ぎて、全然気持ちは高まりませんでした。
思えば、吹奏楽とか合唱とかオーケストラとかって、ここ数年の邦画でも何本も同じパターンで題材になってるでしょ。
(「青空エール」とか「オケ老人」とか)
その同じ流れの映画を普通にテンプレート通りに見せてもつまらないんですよね・・・。

もちろん、この映画は明らかに「佐藤勝利×橋本環奈」がウリな訳で、そこを際立たせる為に無難なストーリーを選ぶのもリスク回避の観点からは正解なのかもしれません。
でも、その割には「佐藤勝利×橋本環奈」の方も話が全然膨らんでおらず(結局、くっつくでもなく、離れるでもなく、大きな出来事を乗り越えるでもなく・・)、中途半端な感じがします。
佐藤勝利ファンの子たちは、あれで満足できたのでしょうか?
場面場面では格好いい容姿だったりキャラが見えて満足できたかもしれませんが、ストーリーと言う面では唯一部室での意見のぶつかり合いシーンで存在感を見せた以外はキャラ立ちも弱いように思えました。

と言いつつ、その「部室での言い争い」シーンは、カットを割らずに固定カメラで長回し(感覚的にだが、かなり長い間回ってた気がする)で見せ切ったところは、若干熱が入り過ぎてわざとらしく思える所はあったものの、みんな熱演だったと思います。
もっとも、そのシーンは、橋本環奈が部室から出て行っちゃった所から始まるので、「橋本環奈不在」ってのがどうなんだか・・・と言う気持ちになりますけど。

テンプレート通りに本番の演奏を迎えますが、「見事優勝」なのか「上手く行ったけど賞は逃す」なのか「また失敗でガッカリ」なのか、そこは明かさない事にします。
自分は「上手く行ったけど賞は逃す」と予想いてたんだけど・・・。

さて、役者の方ですが、主要な何人かはキャラ立ちしてて記憶に残ります。
ただ、個人的に少し前から注目している「恒松祐里」が、とてもいいポジションに居ながらも、結局吹奏楽部には加わらない(まあ加われない理由があるので仕方ないんだけど)のが残念でした。
個人的には、橋本環奈<恒松祐里なんだけど・・・・。

その橋本環奈。
まだ他のレビューとか全然チェックしてないので他の人も指摘しているかどうか分かりませんが、めちゃくちゃ気になる所があります。
顔はカワイイんですよ。
でも、何か極端に胴回りがヤバいです。
いや、ヤバいとか抽象的な言葉は止めます。ハッキリ言って寸胴を通り越してデブです。
何なんだろ?制服が合ってないのか、スカートの穿き方が悪いのか、とにかく腰回りの太さが異様に目立つんです。
ただでさえ身長が無くてちんちくりんなのに、腰回りがどっしりしちゃうともう悲惨ですよ。
これから観る方は、ぜひ「クビレ無縁」な橋本環奈の腰回りに注目してみて下さい(酷い言いようだな・・)

で、最後にちょっとだけ駄ツッコミを・・・・・
・いくら何でもバス揺れ過ぎだろwwwほぼ危険運転レベルじゃねーかwww
・入部しようと部室に入ったら太った男女がチューしてる(なかなかおぞましい光景)のを見て、そこに近付いて「入部希望なんですけど」とか言うかよwww空気嫁www
・廃部だった吹奏楽部に勧誘するにあたって楽器を並べていたが、休部状態だった割にはどの楽器も手入れが行き届いてピカピカなのねww
・元野球部の奴は、序盤は極端に尖がり過ぎているにも関わらず吹奏楽入ったらいい奴になりすぎ。
・顧問の先生が譜面に色々と書いてたのを橋本環奈が偶然見つけるのだが、あの譜面の書き込み内容は明らかに部員向けにも関わらず、何で生徒に見せずにしまい込んでたのか意味不明。
 「橋本環奈が偶然見つける」⇒「先生の思いを感じて頑張る」と言う展開ありきの不自然場面でしかない。
・何故に橋本環奈(特に序盤)はあんなに暴力的なのだろうか?久しぶりに会った男の子にいきなりパンチキックは無いだろ。もう高校生なんだぜ?
・恒松祐里の補聴器を見つけるシーンは、あまりにも非現実的。結局、30万の補聴器は豆タンク環奈に踏みつぶされて終わりと言う解釈で良いのだろうか?
・いくら何でもあんな爺さん婆さんばかりのテキトーな放送事故連発とも言えるラジオは有り得ない。
 それを無認可の老人ホームから放送?特定地域向けのミニFMみたいなものなんだろうけど、設定が無茶過ぎないか?
・そのラジオ放送を1つのイヤホンで聞く佐藤&橋本のシーンはほっこりシーンなのに、イヤホンが絡まり気味なのが気になったぞ。ありゃNGじゃないのか!?

すみません。ちょっとだけと言いながら駄ツッコミが止まらなくなりましたのでこの辺で止めます。
個人的には、出演者のファン以外は観る事をお勧めできません。
あくまでも自己責任でどうぞ。

◆パンフレット:B5判・28頁・720円

ハルチカ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994306
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH