映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>




RECOMMEND
<< 【16-095】青空エール ★★★★☆ | main | 【16-33】鷹の爪8 吉田くんの×(バッテン)ファイル 【上映後】舞台挨拶レポ >>
【16-096】鷹の爪8 吉田くんの×(バッテン)ファイル ★☆☆☆☆
category: 2016年の映画レビュー | author: moeru-movie
観るつもりはなかったけど、舞台挨拶があったので鷹の爪8 吉田くんの×(バッテン)ファイルを観てみた。

「呪いのビデオ」解決の鍵を子供時代の吉田くんが握っていることを知った、世界連邦捜査局・X(エックス)捜査課のモレルダー捜査官とナスカリー捜査官。
二人は当時の島根県吉田村へタイムトラベルして、吉田くんや友人の和夫らと会う。彼らは、オーパーツやUMAなど不思議な現象に次々と遭遇し……。


鷹の爪も、生まれてから10周年。この映画が8作目だが、劇場公開は6作目です。
面倒臭いので調べてませんが、劇場版は全部(もしくはほぼ全部)観ております。
この作品が面白いかどうかは、個人的には「下らなさ」で決めると言っても過言ではありません。
大爆笑は要りません。小ネタがあちこちにあり過ぎるのがいいんです。

そんな鷹の爪。
今までの7作目までのタイトルは、全て007のタイトルから拝借しておりました。
そして2作目くらいからは露骨なタイアップ(製作費を得る為)をタイトルにも組み込んでおりました。
それがこの作品ではありません。007タイトルもタイアップもありません。
そして内容の方も、ハッキリ言って今までの鷹の爪とは全然違います。
何が違うって、話が「吉田くんの子供時代の話の回想」であり、総統もフィリップもレオナルド博士も菩薩峠くんも冒頭にちょこっとしか出て来ません。
デラックスファイターに至っては全く出で来ず、当然大家さんも出てくるはずもありません。

そんな回想は、「呪いのビデオ」(及び「祝いのビデオ」)をめぐるすったもんだなんですが、ハッキリ言って中途半端にマトモに作っているので、持ち味の「馬鹿馬鹿しさ」が薄く、退屈な感じでしたよ。
モレルダーとナスカリーってのは癖が無いし、敵役の宇宙人たちも特徴が無い。
そしてタイアップ無しのおかげか、バジェットゲージも無く、終始絵が雑なままです。
(バジェットゲージ自体は前作の7作目も無かったが、7作目は入場無料だったから仕方が無い)
真壁&本間の「本人登場」も、それほど挽回材料にはならず(コレ、一般の方は分かる人少ないよね)、特に何も感じる事無く話は終わりました。
う〜ん・・・宇宙に行ったり、この映画のように全く別の話にするよりも、内輪でバカ話を展開してくれて結構なんだけどな〜。やっぱり劇場公開だとそれなりに風呂敷広げざるを得ないのかなぁ・・。

そういうわけで、辛口ですが、入場料とのQPを加味してこの点数です。
上映後の舞台挨拶終了後、舞台挨拶回限定でコフィーちゃんのオマケ短編「葬り去れ詐欺」が上映されましたが(5分くらいだったかな?)こっちの方がクソ下らなくて面白かったです。
(「あぁぁ!中の人がぁぁぁ!!」ってのがツボwww)

この調子で9作目が出来ても、舞台挨拶にカワイイ子が出てこない限りは鑑賞ナシかな・・・。

◆パンフレット:小型ジャケットサイズ・32頁・720円

鷹の爪8

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994172
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH