映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




RECOMMEND
<< 【16-25】人狼ゲーム プリズン・ブレイク 【上映後】舞台挨拶レポ | main | 【16-026】トイレの花子さん新章 花子VSヨースケ 【上映後】舞台挨拶レポ >>
【16-075】トイレの花子さん新章 花子VSヨースケ ★☆☆☆☆
category: 2016年の映画レビュー | author: moeru-movie
B級Jホラー好きなのに、何故か今までシリーズ作品を1回も観た事が無いトイレの花子さん新章 花子VSヨースケを早速鑑賞。

除霊師の見習いをしている雫音(志田)と師匠の美代(竹内)は、除霊の旅を続けていた。
一方、ロックバンドのメンバーであるミカ(多田)はジョー(淳士)や亜紀(横山)と一緒に、廃校に忍び込み肝試しをする。しかし悪霊に襲われ、亜紀が帰らぬ人になってしまう。
恐怖を抱いたミカたちは、雫音と美代におはらいをしてほしいと依頼し……。


え〜、一言で言うと、とっ散らかっているだけで怖くない「ダメなBホラー」でした。

「除霊師見習いと師匠」というペアと、「廃校に忍び込むロックバンドのメンバー(何じゃそりゃwww)」と、「ヨースケくん」と「花子さん」が、何だか良く分からない(誰と誰がどういう理由で相対しているのか・・??)状況で右往左往し、そのうちに怨霊側のヨースケと花子が闘い始めちゃう展開に至っては完全に「貞子vs伽椰子」の2番煎じに見えちゃう。

そもそも「ヨースケ」なる新キャラが良く分からんのよ。
チラシの裏によると「川崎市を中心に噂される都市伝説」「男子トイレの3番目の個室に潜む男の子の霊」とあるんだが、川崎が近所の自分は1ミリも聞いた事がありませんよ。
というか、完全に花子さんの設定を頂いたパチものじゃないですか。
それをいきなり対決させた所で盛り上がりませんよ。そもそもヨースケくんのキャラだって確立されていないし、全然高まりません。

出演者のほうも、主役の志田友美はかわいいんだけど、やっぱり「霊媒師」ってのがしっくり来ていない。
横山ルリカは「骨壺」なんていうホラーにも出てた経験はあるものの、この映画では見せ場は少ない感じ。
多田愛佳も「富江 アンリミテッド」「×ゲーム2」といったホラーに出てたけど、この作品では出番が少なく、存在感が出せていない。

そんな訳で、ハッキリ言ってレビューするネタも無いようなトホホな1本でしたが、アイドル映画として観ればファンの方にはまだ価値はあるかもしれません。
恐らく早々にDVDリリースされるかと思いますが、せめてファンはレンタルしてやってください。

ちなみに・・・エンドロール後に1シーンありますが、まあ良く分からん蛇足シーンなので、帰りたい人は帰っちゃっても大丈夫です。

◆パンフレット:販売無し(作品HPにてオフィシャルフォトブック税抜774円の販売あり)

トイレの花子さん新章 花子VSヨースケ

よろしければポチっと投票お願いします。⇒

JUGEMテーマ:映画館で観た映画

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994143
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH