映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>




RECOMMEND
<< 【16-011】スタング ★★★☆☆ | main | 【16-012】【完成披露上映会】尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 ★★★★★ >>
【16-01】尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48 完成披露上映会舞台挨拶レポ
category: 2016年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
2016年最初の舞台挨拶はHKT48です。
この日は平日ですが、同じ日に行われたNMB48の舞台挨拶は仕事中なのでNG。
でも、その後のHKT48は夜と言う事で、仕事終わりで駆け付けられました。

■会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
■座席:E列プレミアラグジュアリーシート
■MC:伊藤さとり
■登壇者:指原莉乃監督、兒玉遥、田島芽瑠、田中美久、朝長美桜、宮脇咲良、矢吹奈子

HKTの舞台挨拶はこの1回なのですが、この前に行われていたNMB48の舞台挨拶にHKTも乱入という形で合同のマスコミ取材となった為、この回はマスコミ無しの自由トークとなっております。
が、最初に書いておきます。一応さとりサンがMCと言う事になっていますが、ほとんど壇上でわちゃわちゃとクロストークという状況だったので、メモがまるで追い付かず、メモれてたとしても、誰が喋った事かあやふやです。
恐らく実際のトークの半分も表現しきれていない事をご了承ください。

最初にOvertureに乗って登場したメンバーが一通り「宜しくお願いします」みたいな一言挨拶で流す中、最後の奈子だけは『私達は、おばけを倒す軍隊だーー!』ってやつをやったのはいいものの、変なテンションだったので、早速その真似を指原にされ、いじられております。
おっと、最初の指原の挨拶は・・・「NMB48と合同で写真も撮ってマスコミ対応も終わったので、何でもアリです!もう脱いでもいい!!。はい。"きゃんとく"の指原です」みたいな感じ。

(監督の話が来た時はどうでしたか?)
指原「秋元さんの事務所の会議室に呼ばれ、誰がいい?って聞かれたので、HKTを良く知っている人がいいって言ったら、じゃあ指原って言われてビックリしました。(それが予告編にも使われてない?)指原の秋元さんへの返しが芝居臭いから外せと言われました」
(編集もやってるんですよね?)
指原「別の方と一緒にやったんですが、切ったり貼ったりもしてました」
咲良「メンバーによって差が出てるんじゃあ?」
指原「それが大変。自分が多くなるのは嫌だったけど、切ったら『それじゃあ意味が分からん』と言われ、バランスをちゃんとしろと。割と全員映ってると思う」
(どう思いましたか?)
咲良「楽しみ!と思ったけど、ケータイ動画も回して映画にしちゃってるんです」
指原「ザキヤマ監督が・・・ザキヤマ監督って知ってます?『永遠の0』の。(注:『指原の乱』でも絡みがあった山崎貴監督ですね)ザキヤマ監督がケータイで撮った方がいいって言ってたので」
咲良「『くーるー』の方かと思ったwww」

(観た感想はどうですか?)
兒玉「映ってるの?っていう見せない姿が出てたので、反応がドキドキします。自分でも記憶に無い反省会も出てます」
指原「咲良のアピールがwwww」
咲良「キャプテンになりたくて、メイキング回ってるのも分かってアピールしてましたwww」
芽瑠「私たち2期生が知らない事も多い。あぁ・・言っちゃいそう!ダメだ!!今のHKTがあるのは1期生のおかげです」
指原「何だその当たり障りの無いコメントは!」
美桜「私はカフェで(指原と)2人で話しましたが、初めてで緊張しました」
指原「緊張ランキング1位は美桜!マジ緊張!!いや、悪い事は無いんだけど・・・」
美桜「さしこちゃんは話が上手なので・・」
指原「お!ありがとう!」
美桜「今まで話した事が無い事まで話せました」

美久「私は天神ホルモンに行きました」
指原「色々頼んでくれたんです。ちゃんと決めてるの。でも、生のタン刺を焼きだしてたww」
美久「いつもはママがやるので・・」
(福岡の食べ物が色々出てます)
指原「りこぴの餃子は美味しかった。ビールも飲ませてましたからねwww」

(緊張しましたか?)
美久「ファンの皆さん、スタッフ、家族に支えられて今があります」
指原「さっき始まる前に、みんなで『何話そうか』って言ってるのに『美久は真面目なコメント言うから』って言ってた通りwww」
(矢吹さんは自宅でしたね)
奈子「私はメンバーの前では泣かないんです。泣く姿が恥ずかしいので。さしこちゃん・・」
指原「違う!監督!!」
奈子「指原監督の前でも泣かないんですが、自宅だから泣いちゃいました」
指原「私も泣いた!お母さんか!って。咲良が一番ひょうひょうとしてて泣かないんですよ。初恋バタフライのエピソードに注目してください」

指原「色々思い出してて、『あの場面ってあるのかなー?』って思うとあるって言うパターンが多かった」
咲良「そういうのを撮ってた人にボーナスあげた方がいいんじゃないですか?」
指原「はるっぴがセンター交代になって泣くシーンで、『カメラ出していいですか?』って言われてカメラを(回したまま)置いて出て行ったので、画はずっと足が映ってた。そんではるっぴはカメラが無いと思ってて」
兒玉「何か危ない映像みたいになってて」
指原「撮った人。マジボーナスだよね。気付いてないでしょ?」
兒玉「無いと思って話してました」
(指原監督のインタビューが上手いから?)
指原「さし監としては・・・何か橋本環奈と被った!クドカンとか。 思ったより色んな事喋ったよね。秋元さんにどこが良かった?って聞いたら、尾崎さんの所と坂口おじさんの所って。どっちもおじさんwww」

指原「なるべく色んな子をフィーチャーしたいと思って。私はAKBドキュメンタリーでは白黒とかにされちゃうので(笑)、座談会形式にして全員映しました。村重のお母さんがカワイイの!あまりロシアの血が爆発してない。家族を映してもいい人!?って聞いても全員無視だったんだけど、村重だけはお父さんもダイエットしてくれた」
咲良「めんたいこー!の村重じゃなかったね」

(タイトルについて)
指原「秋元さんがいいって言ったシーンがさっきの2つともう1つあるので、そこからと言う事で尾崎のが好きってなった。ファンの方なら尾崎さんがどれだけ動いたかを知っている。メンバーも初めて(涙を)見たので印象的だったのに今日は来て無いんだよ!(映画も)まだ尾崎さんには見せてない」

指原「感想は、最後の方はざっくり書いておいてください(ネタバレになるので)。泣いたって書いてくれりゃいいでう。最後に選抜発表が入ってるけど、それはお母さんにも言っちゃダメです。センターは、嘘ついて、冨吉とか言っておいて(爆笑)」

(それでは最後にメッセージを)
指原「あと2週間ですが、見せるのは今日が初めてなので緊張します。感想はツイッターまで待ってます。(上映が)終了する時間に見てますので、5分以内に送ってください。もっとメンバーがスキになると思うので宜しくお願いします」

と言う事で終了です。
あ゛ーーっ!もどかしい!!
全然メモれてない事が情けない。
所々飛び飛びにしかメモれてなかったりするので、こうやってレポにすると繋がりがヘンな所もあるけど、そこは許してちょうだい。
だって、指原があまりにもトークを回し過ぎるので、もうダメですわ。

でも、そんな楽屋トーク状態なのが観ている方には楽しかったりします。
ただ、ちょいちょい内容に踏み込んで喋り過ぎですよ、指原きゃんとくは。

まあ、奮発してプレミアラグジュアリーシートからバッチリ観れたので良しとしましょう。

◆兒玉遥755より。オフィシャル記念写真
※舞台挨拶記事はNMBとの合同のものばかりなのでリンク貼りは省略します。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994045
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH