映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>




RECOMMEND
<< 【16-004】007 スペクター ★★★★☆ | main | 【16-005】カリキュレーター ★★★☆☆ >>
2015年舞台挨拶回顧(追加記事)
category: 映画一般 | author: moeru-movie
2015年鑑賞映画&舞台挨拶回顧の記事にて、舞台挨拶の所はサラっと流しましたが、リクエストがあったので、もう少し掘り下げて見ます。

先の記事の通り、2015年は舞台挨拶に行けた回数が46回と激減しました。
まあ抽選もかなり当たり辛いし、一時期ほど舞台挨拶への執着心も無くなってきている結果でしょう。

そんな舞台挨拶に「ベスト」「ワースト」という評価をするのもどうかと思いますが、個人的な満足度や不満度をもとに振り返ってみます。

【BEST部門】
BESTというのは、要するに「見て、聞いてて楽しかったもの」「予想していなかった事があって満足」といったものに集約されます。
もちろん、登壇者自信が楽しくノリノリで話している事も重要な要素です。
あらかじめ用意された綺麗なコメントだけじゃつまらないかね。
という事で、BEST3を挙げてみます。

悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46
 これは乃木ヲタだという事もあるのですが、「悲しみの忘れ方」の生披露があったのがとてもお得でした。
 人数が多かったのはいいですが、おかげで発言が目立たなかったメンバー多数というのも痛しかゆしです。

くちびるに歌を
 こちらも舞台挨拶前に合唱部の面々による生合唱の披露がありましたが、かなり上手で感動しました。
 肝心の舞台挨拶は普通だったし、合唱部も歌っただけでトークはほとんど無かったですが・・・・・

幕が上がる
 BESTはコレです。
 ももクロから夏菜子とあーりんの2人のみでしたが、まあ良く喋る喋る。
 かなりの場所を舞台挨拶で回っているにも関わらず、この人たちはトークのネタ切れという言葉は無いのでしょうか?
 しかも、ももクロ5人フルじゃなく、2人しか居ないのに、何と30分以上も盛り上がって喋り続けてました。
 ブログにレポを上げる身としては、完全にメモ取り限界突破してしまった稀有な舞台挨拶です。
 会場も、当然モノノフが多かったとは言え、とても盛り上がっていて楽しいイベントになりました。
 夏菜子とあーりん、ありがとう!!!!

【ワースト部門】 
ワーストにも色々な種類のワーストがあります。
タイプ別にワーストを列挙していきます。

●ワースト登壇者:「ブラック・フィルム」の赤塚真人
 とにかく最低な人間です。
 お金を払って観に来てくれたお客さんに感謝し、映画の見どころを伝え、更に観に来てもらえるようにアピールする場だと思うのですよ。
 ところがこのジジイはまるで酔っ払いの戯言の如く不真面目発言連発で、レポもこのジジイの発言は掲載拒否しました。
 一生懸命喋ってた新垣里沙ちゃんが可哀想ですよ。
 と、今レポを見直してもめっちゃ怒ってますねぇ・・・。

●ワースト司会者:テラーオブハウス
 お金が無いのでプロの司会者を呼べないのは仕方ないですが、こんなにポンコツガラクタな若造に司会をさせちゃダメです。
 登壇者に司会を丸投げしちゃう司会って何なんだよ・・・・。
 映画もクソなら舞台挨拶の進行もクソだったというどうしようも無い作品です。

●ワースト観客:ピース オブ ケイク
 レポを見て頂ければ分かりますが、終始幼児をギャン泣きさせ続けて退出もしなかったバカ母が最低です。
 いや〜、このレポを見ても怒ってますねぇ。

はい。そんなわけで、2015年は本数が激減した割には不満点も多い(掲載分以外にも司会が下手すぎる舞台挨拶が何本もあった)舞台挨拶でしたが、果たして2016年は更に落ち込むのか盛り返せるのか・・・・
(恐らく転売ヤーの勢い衰えず、更に厳しくなる事必至)

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画
comments(1) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
>管理人さん

リクエストにお応えいただきありがとうございました。

しかもベストの舞台挨拶がももクロとは!
ももクロもここ数年の『ももクロchan』見てるとバラエティーのやり取りが、そこいらの芸人よりも上手くなってる印象があります。

ワーストの舞台挨拶は自分も読んでいて印象に残っているものだったのでしたが、やはり『ピース・オブ・ケイク』のがスゴイですね。
たまに、こういう分別の無い輩が出てくると始末が悪いですね。

赤塚真人氏は『ごきげんよう』にゲスト出演しているのを見ていた時は、そこまで喋りが酷かった印象は無かったんですが、これは単に司会者の捌き方の上手さの賜物なのかな?
by キネマ (2016/01/09 12:04 AM)






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994036
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH