映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>




RECOMMEND
<< 【15-126】杉原千畝 スギハラチウネ ★★★☆☆ | main | 【16-001】海難1890 ★★★★☆ >>
2015年鑑賞映画&舞台挨拶回顧
category: 映画一般 | author: moeru-movie
すみません。2016年も少し経ってから2015年回顧の記事を上げる事になってしまいました。

今年は鑑賞映画と舞台挨拶に関して、手短に1つの記事にまとめてみます。

【鑑賞映画】
鑑賞本数は126本となりました。
前5年が134・140・132・133・135だったので、1割近くの減となりました。
若干観に行くのが億劫になったのと、後述の舞台挨拶減も関係しているかもしれません。

内容の方ですが、ベストとワーストを挙げて行きましょう。

【BEST部門】
採点5点満点からベストを選びます。
5点満点は、例年に比べると少な目の以下8本でした。

 さよなら歌舞伎町
 アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48
 アメリカン・スナイパー
 映画 ビリギャル
 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
 S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE
 俺物語!!
 グリーン・インフェルノ

違った意味での「5つ星」も含んでいますが、単純に「面白かった・楽しめた・良かった!」という意味でのBESTを邦洋共に挙げて行くと・・・・・

<洋画BEST>
 ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

<邦画BEST>
 映画 ビリギャル


と言う事で決めました。自分にしては割とまともな選定だと思います・・・。
(毎年変な作品をBESTにしてるからなー)

【ワースト部門】
今年はなんと星ゼロが4本もあります!!(邦画ばかりですが)
  TM NETWORK THE MOVIE 1984 〜 30th ANNIVERSARY
  新選組オブ・ザ・デッド
  東京PRウーマン
  ギャラクシー街道

<洋画ワースト>
 洋画は星ゼロが無かったので、★1から選びました。その作品とは・・・・
 サンバです。
 この映画、2015年の1本目に観た映画だったんですが、今でも思い出すと怒りが湧いてきます。

<邦画ワースト>
 これはツッコミ所すら無いほどクソつまらなかったという事で・・・・
 ギャラクシー街道に決定です。

【底抜け部門】
 映画としてはクソなんだけど、クソはクソなりに突っ込める(憎めない)側面を持つ底抜け部門の1位は・・・
 東京PRウーマンです!
 また、特別底抜け大賞として、「デスフォレスト」シリーズも選定します。
 ⇒このシリーズは、3作全てが★1つという安定したつまらなさを誇る素晴らしい底抜け度です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【舞台挨拶】
2015年の舞台挨拶は、46本となりました。
前5年が72・66・65・61・64回なので、2015年はかなり落ち込んでおります。
この理由は簡単で、『抽選がほとんど当たらなくなった』に尽きます。
数年前までは、「非ジャニーズならほぼ当たる」という入れ食い状態だったのに、去年くらいから「ぴあの特別抽選販売が当らない」という状況が目立ち始め、2015年は普通の抽選にも外れるようになってきました。
ぴあ有料会員として年会費を払っている(普通の抽選なら、それでWチャンスになるんだが)にも関わらず、転売ヤーの圧倒的な勢力に成す術もなくなってきました。
まあ、一時期ほど舞台挨拶に執着しなくなったので、外れたらオークションにも走らずアッサリと諦める(そしてそのまま映画も観ないパターンも多い)という結果が46本と言う数字に表れたのでしょう。

◆その後、リクエストにお応えして舞台挨拶回顧の追加記事をアップしましたので、よかったら覗いてください。

そんなわけで、鑑賞映画・舞台挨拶共に本数が落ちて来ている上に、記事のアップが遅れがちですが、体が元気で書く気力があるうちは続けて行きますので、2016年も引き続き宜しくお願いします。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画
comments(2) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
明けましておめでとうございます。


集計お疲れ様でした。


自分自身はここ数年全然劇場で映画を見れてないので、こちらのサイトの映画評はいつも情報としての側面でもとても参考にしてます。

個人的に2015年の管理人さんの映画評で印象に残ったのは

『シャークトパスVSプテラクーダ』

『TM NETWORK THE MOVIE 1984 〜 30th ANNIVERSARY』

辺りでしょうか

終盤にきての『レインツリーの国』の言いたい放題感も大好きです(笑)

自分も障害者を不幸の道具的に扱う傾向の強い日本の作品のきな臭さが嫌だったので(『最強の二人』ぐらいフットワークが軽く描けないのかなといつも思います)
管理人さんの映画評を見てよく言った!と思いました。


そういえば例年上げている(と思ったんですが)舞台挨拶で印象に残ったベストは今年は上げるんでしょうか?

あれも結構、大好きです。

面倒でなければでいいので、無理でしたら全然構いません。



それでは2016年もいい映画に巡り逢えますように。
by キネマ (2016/01/04 9:05 PM)
キネマさん、こんばんは。

それでは、数日中に舞台挨拶に関する追加記事をアップするようにします。
※もうベスト/ワーストは頭の中にはあるので。

「レインツリーの国」に関しては、久々に突っ込みモード全開で書いてみました。
鑑賞中、「何だこの突っ込み所満載の映画は!」と思って急遽メモを取りながらの鑑賞となりました。
やっぱり、突っ込み所満載映画は記事にするにはもってこいです。
(但し、書くのにすごく時間がかかるけど)

ではでは。
by 管理人 (2016/01/05 9:11 PM)






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/994031
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH