映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>




RECOMMEND
<< 【15-123】ギャラクシー街道 ☆☆☆☆☆ | main | 【15-125】母と暮せば ★★★☆☆ >>
【15-124】orange-オレンジ- ★★★☆☆
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
【フリーパス4本目】
舞台挨拶が外れたので、フリーパスを待ってorange-オレンジ-を鑑賞。

高校2年生の高宮菜穂(土屋)に、10年後の自分から手紙が届く。そこには、26歳になったときに後悔していることが数多くあること、転校生の翔(山崎)を好きになるが、彼が1年後に死んでしまうことがつづられていた。当初はイタズラだと思った菜穂だったが、手紙に書かれていることが現実に起こり始める。菜穂は後悔しないため、そして翔を救うために行動を起こす。

まず、「過去の自分から手紙が届く」ってのはどういう原理だ!?などと言うのは野暮ってもんでしょう。
そこは「そういう設定」と言う事で割り切る事はできます。

問題はその先です。
どうしてもこの手の話だと『バタフライ・エフェクト』を思い出してしまう訳です。
過去に戻って、「あの時こうしていれば」という所をちょっとやり直して現代に戻ると、事態は更に悪くなっていたり予想もしない状況になっていたりする。
その部分について、この映画では、「過去を変えても、自分が居る現在は変わらない。その代わりにパラレルワールドが出来て並行して別の時空となる」みたいな講義と言う形で説明される。
まあ、パラレルワールドについては、タイムスリップものではつきものの話だし、それも良しとしましょう。
そうなると、10年後の菜穂と須和は、何で10年前の自分に手紙を出して翔を救おうとしたかって話になるわけです。
別に過去を変えても、自分たちがいる世界に翔が復活する訳ではない。
あくまでも、別の世界が出来て、そのパラレルワールドでは翔と菜穂はよろしくやって欲しいという意味なのでしょうか?

ちょっと待て!!

10年後の世界では、菜穂はちゃっかり須和と結婚してかわいい赤ちゃんまでできているリア充夫婦じゃないか。
一方の翔は、死ぬほど苦しみ悩み、そして最終的に死を選んだ。
そんな人を死なせずに生きさせようとする。
そんな事をしても、自分たちが居る世界に翔が戻ることは無いのにだ。
特に須和に至っては、好きだった彼女と結婚して父親になって幸せいっぱいなのに、嫁が元彼と幸せになるために尽くすなんて、いい人にも程があり過ぎませんかね?

はい。ここまで書いて自分でも分かってます。そんな能書き垂れずに友情ストーリーを素直に楽しみやがれってね。
でも、例えば「ソフトボールで代打を断らずに引き受けろ」とか、そんな細かい後悔はどうでもよくねーか!?とか、お昼に渡そうと思って渡しそびれた弁当を放課後に渡してたけど、それって傷んで無いのか!?大丈夫か??とか、リレーは全然走れてないのに、なんでちゃっかり優勝してんだ?(他の走者の走り方がやる気無さ過ぎ)とか、些細な事まで気になってしまう始末です。
あ、翔がトラックに跳ねられる寸前の場面もおかしいよね?「そんな道にそんなトラック通るかいっ!!」って突っ込みたくなるような場面(それが証拠に、トラックが過ぎた後は自転車一台通らないし、道の真ん中で男女6人が泣き合っちゃってるという異常な場面になってる)だよね??

あぁ・・・ダメですね。元は少女マンガなんだから、そういう見方をするのは本当にナンセンスな事なんですけどね・・・。
でも、結果として、この映画の結末に爽快感というか、スッキリしたものが残りましたか?自分には残らなかったなぁ・・・。

配役ですが、公開前に劇場で無料配布してた試し読みの小冊子をみた限りでは、土屋太鳳以外はイメージにあってると感じました。
特に萩田役の桜田クンは相当似せてきてましたね。
あとは、この映画の唯一の「悪役キャラ」と言ってもいい上田先輩役の真野ちゃんがいいスパイスになっていて、役柄的にはオイシイと感じました。
TOHOシネマズではお馴染みの紘菜嬢がロングヘアーでイメージを変えて出てきたのはいいけど、ちょっとキャラとしては弱かったのが残念でした。

それにしても、この話がなぜ「orange-オレンジ-」というタイトルなのか、分かりづらいですね・・・・。

◆パンフレット:B5弱変型・36頁・720円

orange−オレンジ−

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH