映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




RECOMMEND
<< 【15-103】忍者狩り ★★★☆☆ | main | 【15-104】マーシュランド ★★★☆☆ >>
【15-40】忍者狩り 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2015年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
「ギャラクシー街道」も当然外れたという事でこちらを選んで渋谷へGO!です。

■会場:ヒューマントラストシネマ渋谷
■座席:B列(A列マスコミ)
■MC:ジェントル
■登壇者:三元雅芸、黒川芽以、島津健太郎、辻本一樹、千葉誠司監督

それではまずはご挨拶から。

三元「数ある映画から選んでお越し下さってありがとうございます。どうでしたか?」
黒川「朝から・・お昼??もう夕方か!・・アクション映画を観て頂いてありがとうございます。街中で戦いたくならないように気をつけてください」
島津「土曜の昼間に数ある映画の中から・・(それ言うた!とツッコミ)短い時間ですが宜しくお願いします」
辻本「土曜の昼間から・・(コラ!と怒られる)ボクは関西生まれなんですが、監督は関西と相性がいいとの事なので凄い事になる!と言われてました」
監督「僕は(土曜の昼から・・というのは)やらないですよ。脚本を書いたのは4〜5年前でしたが、撮り終えたのは去年でやっと公開になりました。とても光栄です。色々な映画が埋もれて行く中、出して行けた台本と企画は素晴らしいです」

(アクションで大変な所やリハーサルはどのくらいやったのか?難しかった所などは)
三元「リハーサルする時間がなかったですね」
島津「トータルで4日間くらいだっけ?」
三元「島津さんなんか5時間くらいじゃないですか?」
島津「僕は皆さんより少ないから。凄い剣の達人なのに(辻本が)『こんだけか!』って言うてましたよ。辻本さんは稽古しないんです。それで30分もしないうちに『見てられん』って帰って行きました」
辻本「手数が多いんですが、アクション監督が冒険好きで、凄い手を付けてくるんです。僕もやりたかったんですよ。なので、楽しそうにやっているのを見て、腹立って帰りましたwww」
三元「刀の振り方とか足さばきややった事が無い要求でした」
島津「るろうに剣心のとかは剣はゴム製なんですが、この映画では木刀を刀にしたやつで、普通はそんなの使わない。それをガチで長回しするんですよ!もしプロフィールに『アクション』って書いてるやつが居たらオレらの前に来いと。僕と三元はもう何十年もやっているし、たくさんのアクション監督も居ます。千葉さんには呼んでくれて感謝しています。でも指の骨が曲がっちゃって9月くらいからやっと普通に曲げられるようになりました」
監督「少しは芽以ちゃんに喋らせろ!お客さんは芽以ちゃんを見に来てるんだから!www」
黒川「私は指が折れてないのでいいです・・・」
島津「芽以ちゃんと一緒のシーンではホントにセクシーでしたよ」
黒川「色気も・・・ん〜、昔の人の方が色気が多いのでは?と思って多少意識しました」
島津「もう好きになりそうになっちゃった。話が謎解きみたいになっているので、ちょっとずつ台詞も違うんです。どれが本当か?とやる方も混ざったりして難しかったです」
三元「ただ恐れてるのか、守ろうとしてるのか、殺戮を楽しんでいるのか、芝居を変えて行こうと言われました」
辻本「いいなぁ・・・アクションが出来て・・・」
監督「辻本さんとは初めて。芽以ちゃんとはホラー映画で一緒にやってて、虎牙さん・島津さん・三元さんは絶対必要でした」
島津「最後の手裏剣が目に刺さる所は洞窟の中に30時間くらい居て本当に目がおかしくなる」
監督「じっくりやりたかったんです」
島津「海外からオファーがあったら行きたいね。エイリアンVS忍者が売れたので、今回はアナログでやって世界中を驚かせたい。辻本さんには分量が無くて申し訳ない(以下、メモが追い付かず、しばし断念)」
監督「島津さんが目が開かないままクランクアップしました。メイキングではそのメイクのままやってました」
島津「みんなに挨拶するのにメイクを取ってくれないのでそのまま10分くらい喋ってました。少し薄目で見てたら何かスタッフがイライラしてましたね」

(それでは最後に三元さんと監督から一言どうぞ)
三元「今日が初日で明日からも上映があると言う事で、作品は僕らの手を離れて、これからは皆さんによります。面白かったらSNSででも宣伝してください」
監督「1回観ただけでは分からない所もあると思う。アクションは何回観ても楽しめるので、もう1回2回と観に来て頂けたら。芽以ちゃんと辻本さんらのサブストーリーもあると思うので、続編の事はいつも考えるけど、今回はゼロの話もある。島津さんがナイスガイだとかそういうストーリーでゼロも撮れたら。よろしくお願いします」

いや〜、男たちのクロストークが延々続き、我らが芽以ちゃんの出番がほとんど無かったので、途中は心が折れてメモ取りを中断すると言う事態になりました。
しかし島津さんは良く喋るね・・・・
芽以ちゃんは、今日の朝は別の映画(「かぐらめ」)の舞台挨拶をこなしてからこちらにも登壇とご苦労様でした。
密かにくノ一コスで登場を願っていたのだが・・・・(; ̄Д ̄)

◆映画ナタリーの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH