映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>




RECOMMEND
<< 【15-100】先輩と彼女 ★★☆☆☆ | main | 【15-101】心が叫びたがってるんだ。 ★★★★☆ >>
【15-38】先輩と彼女 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2015年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
何となくゆるっと舞台挨拶に行って参りました。
マスコミが入ったのはバルト9の方ですが、自分はマスコミ無しの渋谷に参戦です。

■会場:渋谷TOEI1
■座席:A列 ※久々の超絶最前列
■MC:寺迫麿
■登壇者:志尊淳、芳根京子、小島梨里杏、戸塚純貴、水谷果穂、池田千尋監督

それではご挨拶から。

志尊「映画、どうでしたでしょうか?初日まで不安がありましたが、新宿とここ渋谷にもたくさんの方に来て頂いて嬉しいです」
芳根「初日を迎えて嬉しいです。感謝の気持ちでいっぱいです。キュンキュンしましたか?大丈夫でしたか?」
小島「もう観て頂いたと言う事で、この輪が広がってくれたら嬉しいです。楽しんでいきましょー!」
戸塚「壁ドンしない方です。今日は最後まで宜しくお願いします」
水谷「私の初出演の映画で思い入れのある作品です。やっと届いたと思うと嬉しいです」
監督「観てくださった皆さん、今日は楽しんで下さったかもと思って来ました。漫画の原作は初挑戦でしたが、自分が感じた事がより深く届けばいいと思って作りました。作品がもっと羽ばたく事を願っています」

(原作はコミックですが、オファーが来た時はどうですか?)
志尊「格好良くないといけないと言うハードルが正直不安が大きかったです。でも撮影中はそれを感じないでできました」
芳根「嬉しい気持ちもありましたが不安もありました。愛されている作品なのでプレッシャーと不安がありました。でもリハーサルを重ねてワクワクが増えて行きました」
小島「沖田葵はキラキラしてました。私になれるかな?という不安はありましたが、クランクインの前にリハーサルがあって、その期間でワクワクが高まりました」
戸塚「いよいよ来たか!と。壁ドンするんじゃないかと思ってました。原作の世界観を崩さずに超えて行かないといけないと言う思いで挑戦しました」
水谷「私、あつこ先生の漫画を読んでたんです。オファーをもらって南波作品だという事が嬉しかったです。原作を好きな方にも満足してもらえるように役作りをしました」

(お互いの印象は?合宿もしたとか?)
芳根「壁があり過ぎました」
監督「みんな人見知りで、2人は親友なんだから仲良くしようよ!みたいな感じでした。合宿は楽しそうだなぁと遠くから見てました」
小島「私も遠くからのポジションだったので、いいなぁと思ってました」
芳根「私たちは撮影で・・」
志尊「ずっと喋ってたよね。ドラマでも共演してまたグッと仲良くなりましたが、先輩としての壁はありました。どっちも人見知りなので、差支えなく話しかけて「好きな食べ物は?」・・」
芳根「トマトです」
志尊「へ〜・・・・・。みたいに話が進まないんです」
芳根「私は大丈夫ですよ」
水谷「初めてのリハーサルで芳根ちゃんと会った時に、写真の撮り合いで仲良くなりました」

(本当に恋をするとしたら、みの先輩・りか・葵さん・哲ちゃん先輩・木綿子の誰にする?)
志尊「一途な葵さんです。皆に気を遣えるし、包容力もある」
芳根「(自分が)男なら葵さん。大人っぽい梨里杏さんに憧れがあります。初めて会った時から、こんな先輩居たら(恋愛に勝つのは)無理だわ〜って憧れます」
戸塚「1つ前(新宿)ではボクの事がいいって言ったのに・・・」
小島「葵さん目線だとみのに行けばいいのにと思ってました。小島的には・・・どーしよう・・・。哲ちゃんにしておこうかな・・・(隣の哲ちゃん役の戸塚とヒソヒソ)・・哲ちゃんです!!」
戸塚「やっぱりりか(芳根)・・で、淡い恋をしてからの葵先輩で大人の恋をしてからの木綿子・・・からの圭吾(志尊)で見た事無い世界を。で、最後は監督でwwww」
水谷「ずっと迷ってて・・・・。さっき(新宿)はりかって答えたけど、哲ちゃん先輩がいいです」
戸塚(照れる)←「哲ちゃん先輩だから!戸塚じゃない!」と突っ込まれる。

(お気に入りの胸キュンシーンは?)
芳根「最後の部室に居た所でキュンとしました」
水谷「直球ですけど、キスシーンの時にウワ〜ッ!ってなりました。頑張れって思ってたけど、くっつかなかった2人が良かったです」
戸塚「酔っぱらって2人で帰る夜の公園にキュンとします」
(どこか再現してもらいましょうか!?)
監督「じゃあ、あごクイを再現してもらえたら」
芳根「みの先輩が哲ちゃんにやれば?www」
戸塚「(早くもその気満々で)キンチョーするぅぅぅ〜」
志尊「・・・・あごクイしたくない・・・・・」
戸塚「(背が合わないと言う事で、内股になって背を低くして迫る)」
----この後、2人による若干気持ち悪い芝居が続きます(唇はギリギリで合わせてませんwww)----
芳根「何コレ・・・・www」←自分が仕掛けたくせにwwww
志尊「空気ヤバイ・・・」
監督「胸キュンじゃなく変態シーンになったwww」

(それでは最後にメッセージを)
志尊「公開するまで不安でしたが、たくさんの声を届けてくれて嬉しいです。全力で高校ラブストーリーをやったので、感想を周りに伝えてください」

という事で終了です。
いや〜、水谷果穂ちゃんはカワイイ!
小島梨里杏ちゃんも美人のお姉さん!
芳根京子は・・・・ん??・・・何か昔の坂井真紀みたいに見える・・・ビミョー・・・・

はい。すみません。あくまでも個人的主観です。
詳しくは、以下サイトの記事と写真で判断して下さい。

それではさようなら。

◆映画ナタリーの舞台挨拶記事
◆コミックナタリーの舞台挨拶記事
◆ウォーカープラスの舞台挨拶記事
◆Smartザテレビジョンの舞台挨拶記事
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆TVfanWebの舞台挨拶記事
◆GirlsNewsの舞台挨拶記事
◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆MOVIE Collection [ムビコレ]の舞台挨拶記事


先輩と彼女サイン
これは完成報告上映会の時のサインですね。

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH