映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>




RECOMMEND
<< 【15-089】ピース オブ ケイク ★★★★☆ | main | 【15-36】アンフェア the end 【上映前】舞台挨拶レポ >>
【15-35】ピース オブ ケイク 【上映後】舞台挨拶レポ
category: 2015年の舞台挨拶 | author: moeru-movie
朝9時上映開始のバルト9に行って参りました。

■会場:新宿バルト9
■座席:G列(A・B列マスコミ)
■MC:伊藤さとり
■登壇者:多部未華子、綾野剛、木村文乃、光宗薫、柄本佑、峯田和伸、田口トモロヲ監督

それではご挨拶から。

多部「こんなにたくさんの方に集まって頂いて嬉しいです。・・・・おわり!」
綾野「上映後と言う事で、良い時間になればいいなと思ってこの場に立っています」
木村「朝早くからありがとうございます。今日、皆さんに会ってから、柄本さんの京志郎化が気になってしょうがない木村です」
綾野「オレ、気付かなかったよ!」
柄本「怒られるよ!・・・自覚してっから大丈夫だよ!」
光宗「よろしくおねがいします」←アッサリすぎるミッツwww
柄本「もう挨拶した気分になっちゃってます。昨日雨だったので今日大丈夫かな?と思ったら今日は貼れたので良かったです」
峯田「十月十日の不安定な妊娠期間を経て無事今日出産を迎えられて幸せです。ピースオブケイクもオギャーオギャーと喜んでいると思います」
監督「午前中から観て頂いて、僕は午前中映画を観る習慣がないので、たくさんの方に初日を飾って頂いて幸せです。面白かったでしょうか?(拍手もらう)強制してしまったようで心苦しいですが、拍手を頂いて幸せです」

(志乃を演じてみて)
多部「はい、そうですね・・・・・??・・・」
綾野「質問聴いてた?」
多部「どうでしたかねぇ?どうでしたか?」
綾野「共感できる所が多かったって言ってたよね?」
多部「共感できる所が多かったので、とても近しい役ができて良かったです」
綾野「ちなみに、どんなとこが共感できたんですか?」
多部「次こそは失敗しないようにと思っても恋愛しちゃう所とか、付き合ってからも不安になる所とか」
綾野「ネガティブストーリーね」
多部「そういう所です」 ※このやりとり、2人で見つめ合ってボソボソとやっております。
柄本「これ、何の時間?声小さいしwww」
綾野「まだたぶん眠いんだと思う」
柄本「ちょっと寝てるでしょ!?」
多部「ボーっとはしてるけど大丈夫ww」
綾野「初日!初日!」

(綾野さんは恋愛ものは初?)
綾野「こういう王道のは初めて。そうそう呼ばれないです。今回も面倒くさくて、参考にしちゃいけない所が参考になる。自分も観たんだけど何が正解か分からないです」
(ナナコさんのキャラは似てる所とかありましたか?)
木村「私は原作を見た時に『イーーッ!』ってなったんです。でもナナコ役なのでちょうどいい。私は自分で道を決めて行こうぜ!と思ってたけど、悩んでる多部ちゃんが可愛かったです」
(どうですか?)
多部「えっ!?」
綾野「おねむなのでwww」
多部「志乃は文乃ちゃんには無い・・(メモ取れず)。私はナナコの強さが欲しいです」
(原作のファンだったとか?)
光宗「恋愛の面では面倒臭いけど、人としては共感できる所は多々ある。あかりは小説にして人に見てもらう事で気持ちを消化させてますが、私も趣味でボールペン画をやってるんですけど、そうやってワンクッション置かないと気持ちが伝えられない所が共感しました」
(女子的にグサリと来る台詞が出てきましたが正樹は?)
柄本「女子的にグサリと来る台詞を喋ってましたか?」
多部「何喋ってたっけ?」
柄本「あなた聞いてたでしょ!?」
多部「ベランダの・・・・」
柄本「あーー!何でしたっけ??」
監督「まだみんな目が覚めてない・・」
柄本「自分の事を可哀想だなんて思わないでみたいな事??そういった事はグサリと来るんですか?」
綾野「反応悪いねwww」
柄本「そういうのはぐさりと来るんですか?」
多部「ちょっと覚えて無くて・・・」
綾野「覚えてないんだね・・・」
柄本「全く何もここで生まれないと言う・・・」
多部「撮影がだいぶ前だったから・・・」

(現場では仲が良かったんですか?)
多部「私、覚えてます!」
柄本「言わなくていいからww。祐は素晴らしいと言う事をね、アパートの2階で2人で喋ってて」
多部「恋愛観とか、奥さんに対する・・・(注:奥さんは安藤サクラです)」
柄本「いいよ!言わなくて!!」
(現場はどうでしたか?)
峯田「面白かったです。普段は音楽なので、たまに映画の現場は楽しいです」

(このキャストと仕事をしてどうでしたか?)
監督「このクロストークを見て、ここまで凸凹だと認識しました。みんな個性的なので、その個性に合わせて演じていて・・・」★ずっと愚図ってた客席の乳児の泣き声がかなり高くなる。
監督「大丈夫ですかー!?一番気になるぞー!?大丈夫ですかー?」★もっと泣く
監督「みんな泣きやむような何か・・・」
綾野「そうだなぁ・・・・」
柄本「とんでもない振りが来ましたね」
監督「いないいないバー!」
柄本「そんな人じゃないでしょwww。何やってるんですか?」
綾野「赤ちゃんは泣くことで会話してますから」
(この映画では「人を好きになるってサイアク」という台詞がありますが、人を好きになるって〇〇といったら?」
多部「難しいな・・・。何だ!?」
綾野「性(さが)じゃないですか?」
多部「タイミング!」
綾野「これは共感多いんじゃないですか?」

(今日はケーキをみなさんにお渡しして、デコレーションしてもらいました。デコレーションのポイントは?)
多部「大きいのを乗せたら見栄えが良くなると思って・・・。性格が出ますね。私は雑なので、ボンボンボンって乗っけたらサマになるんじゃないかって」
綾野「俺も雑だね。苺タルトが好きなんですよ・・・何か問題あるかな?」
光宗「尋常じゃない速さで乗っけてましたよ」
綾野「迷いなくポンポン置いて・・・」
光宗「ちょっと何か乗せてるの怖かったですもん。(と、ジェスチャー)ブルーベリーは?ブルーベリーは?って」
柄本「でも綾野さんのが一番食べたいですよ」
多部「私のは??」
柄本「リボンが・・・wwww」
木村「私は食べたいですよww」
木村「私はアラザンを乗せて・・・」
綾野「アラザンっていうの!?」
木村「これを並べたらいいと思ったんですが、並べたら途方もないので打ち切りました」
光宗「私はアパートの庭っぽくしたんです。でも志乃ちゃんのスペースは無くなったのでないです」
峯田「愛の裏にある怨念とかwww」
多部「とりあえず祐さんにも聞きましょww」
柄本「みんなが使ってないやつが置いてあって、ミカンが眉毛になるなと思ったら、多部さんに『やっぱりやると思った』って・・」

と、ここでフォトセッションをはさんで最後のメッセージです。
監督「ホントに大勢集まって頂きありがとうございます。映画は観られて歓声と思っているので、最終的なものを観てもらって完成させて頂きたい」

と言う事で終了となりました。

さて、今回は舞台挨拶の内容よりも、一部の芸能記事にも載っている「泣き続ける乳児問題」です。
簡単に言えば、子供(報道で「赤ちゃん」と書いている所もあるが、実際は2歳児前後)がずっと泣き続けていたという事です。
その状況に対する登壇者の対応が記事になってますが、ハッキリ書かせてもらう。
迷惑なんだよ!バカ母!!!外に連れ出せよ、非常識女!!!
泣く子供に責任はありません。
問題は泣かせっぱなしにするバカ母・・・と言うか、そもそもそんな子供を映画館(しかもイベント付き)に連れてくる神経が理解できません。
「いやいや、グダグダ言うなよ。仕方ないじゃないか」と言う人も居るかもしれない。
しかし、イベント中のほとんどの時間、キャストが喋ってる時もずっと泣き続ける(いや、もう「泣く」じゃなく、「泣き叫ぶ」「絶叫」というレベル)状況に置かれる客の気持ちはどうなるんだ!?有料イベントなんだぞ??

自分の席からは少々離れていたが(近かったら「外に連れ出せ」と言ってたと思う)、その母子はテレビカメラとかが並んだ少し上に居たもんだから、フォトセッション後にテレビに向かって手を振って〜なんていう場面でも子供のギャー泣きが思いっきり被っちゃって、あれじゃあ素材として使えねーんじゃね?と同情しました。
ちなみに、そのバカ母は、子供が泣いている間も顔には笑みを浮かべて壇上を凝視していました(; ̄Д ̄)
他人の迷惑よりも自分の欲求が大事なんですね。そんなバカに育てられる子供がおかしな事にならない事を少しだけ願っております(震え声)

あの場に居た方がこの記事を見てたら聞きたい。「あの母親、どうよ!?」って・・・・

◆MAiDiGi TV提供の舞台挨拶動画
※こういった動画では登壇者のマイクから音を拾ってるのであまり聞こえないように思えるが、客席にいるとこの動画の数十倍の音量で泣いてる状況に晒されております・
◆ORICON STYLEの舞台挨拶記事
◆クランクイン!の舞台挨拶記事
◆cinemacafe.netの舞台挨拶記事
◆モデルプレスの舞台挨拶記事
◆ウォーカープラスの舞台挨拶記事
◆映画.comの舞台挨拶記事
◆CINEMA TOPICS ONLINEの舞台挨拶記事
◆シネマトゥデイの舞台挨拶記事

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:出演者舞台挨拶
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993973
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH