映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>




RECOMMEND
<< 【15-077】天空の蜂 ★★★☆☆ | main | 【15-079】ディアボリカル ★☆☆☆☆ >>
【15-078】ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ★★★★★
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
楽しみにしていたミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションをやっと鑑賞。

正体不明の多国籍スパイ集団“シンジケート”をひそかに追っていたIMFエージェントのイーサン・ハント(トム・クルーズ)は、ロンドンで敵の手中に落ちてしまう。拘束された彼が意識を取り戻すと、目の前に見知らぬ女性と、3年前に亡くなったはずのエージェントがいた。拷問が開始されようとしたとき、その女性は思わぬ行動に出る。

いや〜、これは面白い!!
ここで何だかんだと御託を並べるよりも、「見て御覧なさい」とだけ書いた方がいいんじゃないかな?という内容です。

↑実はコレ、前作「ゴースト・プロトコル」のレビュー記事の書き出しです。
5つ星をつけて大満足だった前作ですが、今回も全く同じ感想で、大変楽しませてもらいましたよ。

まず冒頭。
007ばりの「掴みアクション」ですが、これが予告やポスタービジュアルにもなっている「飛行機ノースタントアクション」ですよ。
「あーあ、見所を一番最初に出しちゃって、大丈夫かよ・・・」とほんの一瞬だけ思いましたが、そんな心配は無用です。
「空」で掴んだ後は「陸」も「水」も出てきます。カーアクションもバイクアクションも出てきます。
特にオペラ劇場での長時間の緊張感あふれる「暗殺」「追跡」「格闘」のアクションは目が離せません。
あまりにも目が離せないアクションが続くので、逆にクライマックスの展開が地味に感じてしまったくらいです。

まあ、色々とご都合主義な所は散見されますよ。
いくら撃たれても決して当たらないし、高い所から落ちても大丈夫だし、猛スピードのバイクにノーヘルで乗ったまま事故っても不死身だし。
でも、それをおかしく感じさせない勢いで持って行かれます。

登場人物も割とシンプルで分かりやすい感じだけど、ポイントは格闘技もこなすイルサ役のレベッカ・ファーガソン。
敵なのか味方なのか、「オマエは峰不二子か!?」と思わせるキャラだけど、彼女のキャラのおかげでサスペンス感も少し盛り上がりました。
あとはIMFの仲間たち、特にベンジーの存在は少しコミカル要素も入って飽きませんでした。

それにしてもトム・クルーズ。恐るべき50歳オーバーですな。
容姿もそれほど劣化しているようにも見えず、体もシェイプされてる。ホントに少しは見習いたいものです。

自分の中での「スパイ映画」ジャンルでは、既に007シリーズを超えて一番のお気に入りシリーズになりました。
ぜひまた「7」を期待します!

あ、最後に・・・・「ローグ・ネイション」の意味って、皆さん分かってますか?
(自分はググるまでは全く分からず・・・・)

◆パンフレット:A4判・40頁・720円

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993958
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH