映画感想を中心とした管理人の戯言です。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>




RECOMMEND
<< 【15-17】映画 ビリギャル 【上映前】舞台挨拶レポ | main | 【15-046】インターネサイン・プロジェクト 恐るべき相互殺人(ネタバレあり) ★★★☆☆ >>
【15-045】映画 ビリギャル ★★★★★
category: 2015年の映画レビュー | author: moeru-movie
楽しみにしていた映画 ビリギャルを早速鑑賞。

名古屋の女子高に通うお気楽女子高生のさやか(有村)は全く勉強せず、毎日友人たちと遊んで暮らしていた。今の状態では大学への内部進学すらままならないと案じた母は、さやかに塾に通うよう言いつける。彼女は金髪パーマにピアス、厚化粧にミニスカートのへそ出しルックで渋々入塾面接に行き、教師の坪田と出会う。

うん。素直に面白かったんじゃね?と言える作品ですよ。
やれ合格した学部は英語と論文の試験だけだの、さやかの高校はお嬢様学校なので「ビリ」と言っても言うほどバカじゃないだのと外野が色々騒いでるけど、確かにそういう事が耳に入ると興ざめしてしまって評価が落ちる事もあるでしょうよ。
でも、自分は「まあ実話って言っても脚色や付け足しは幾らでもあるのは必然。面白けりゃOK」と割り切ってたので、さほど気にならなくて楽しみましたよ。
※でも、さやか氏のバカっぷりはガチなようで、このstorys.jpの記事をちょっと読むだけでも伝わります。(学年でビリだったのも証明されてます)

実際、挫折も何度かありながらもあそこまでキチンと塾に通い、寝る間も惜しんで勉強して、第一志望じゃ無いとはいえ慶應に現役で受かったのは事実なんだからさ、重箱の隅を突き過ぎるのもナンセンスってもんです。
あ、ここまで寛大なのは、冒頭でヘソ出して胸の谷間も放り出した有村架純にやられちゃった訳ではありませんよ。

では、単に「成績の悪いギャルが一生懸命勉強して大学に合格しました」ってだけの話が面白かったのでしょうか?
もちろん面白かった要素としてさやかチャンの頑張りはありましたけど、総合的に見ると「工藤家全体のドラマ」こそが面白かった所なのですよ。
まあ、お母ちゃんは「娘を学校で寝かせろ」とか無茶苦茶な事を言ってはいるけど、まああの家族愛には涙が出ますよ。
その娘のために肉体労働までして塾費を稼いでるんですからね。
その母と対照的なのが「クソジジイ」こと父ちゃん。
3人の子のうちの唯一の男の子に自分の夢を過剰に託しちゃって結果として潰してしまう姿には一概に「ダメオヤジだな」と突き放せない人の好さも見えます。
その息子クンの方は、さやかとは対照的に「挫折」を味わっちゃうキャラ。物語的には重要なスパイスになってるね。
そしてさやかの妹ちゃんも、そんな家族だからかすごくしっかりしてて、実は家の事も一生懸命手伝ってる姿はやはり「何にでも一生懸命な家族」にピッタリです。
そんなわけで、適度に笑えて、何度か泣けて、そしてそれなりにハッピーエンド(決して100点のハッピーじゃないが)という内容なので、GWの家族鑑賞向けという事でもお勧めできます。
単なるサクセスストーリーじゃないですよ!有村架純がカワイイだけでも無いですよ!笑って泣けちゃうんだから文句言えないです。

さて、またいつものように女性キャスト短評です。
・有村架純:「ギャル」というには清楚で可愛過ぎるが、可愛いファッションからダサい服まで何を着ても何をやっても可愛らしく見えるのは仕方ない。可愛いこそ正義!
・吉田羊:ドラマ「HERO」以来、露出が急激に増えてるが、この映画の芝居も素晴らしい。助演女優賞ものです。
・奥田こころ:見せ場は少ないながらも可愛い妹っぷりは印象に残ります。
・松井愛莉/蔵下穂波/阿部菜渚美:松井氏と阿部氏は背も高くてモデル色が出過ぎなのがむしろマイナス。蔵下ちゃんは、有村氏と「あまちゃん」繋がり(直接の絡みは無かったけど)なのが感慨深いです。
・山田望叶:子供の頃のさやかを演じたもちかチャン。こんな子までチェックしてしまう自分は変態ではありません。誰もがちょっと心に引っかかると思うけど・・・。

最後にもう一言。「余計な情報に印象操作されずに、素直に画面に出てくる話を楽しもう!」

◆パンフレット:変型縦型(表紙に綴じ込みの細工あり)・42頁・720円

ビリギャル

よろしければポチっと投票お願いします。⇒
JUGEMテーマ:映画館で観た映画
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -






この記事のトラックバックURL : http://blog.moeru-movie.com/trackback/993907
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH